ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2009年版 コンピュータ・サプライ市場の展望と戦略

2009年版 コンピュータ・サプライ市場の展望と戦略

激変するコンピュータ・サプライ市場の経営戦略と将来展望、好調企業の戦略など徹底分析した市場調査レポート。

発刊日 2009年08月31日 体裁 399頁
資料コード C51113300 PDFサイズ
カテゴリ 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融 / マテリアル / 情報通信
調査資料価格 110,160円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  110,160円   ( 本体  102,000円   消費税  8,160円  )

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2009/10/31~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2009/10/31~ 600円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2010/02/28~
(スタンダード) 2010/08/31~
電話・ウェブサイト:
2009/10/31~ 1,200円/頁
2009/11/30~ 600円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

3
6
3. リサイクル消耗品ビジネスモデルの行く方カギ握る価格競争
8
4. ビジネスフォーム減少強まるも情報処理メールサービス拡大 新規事業に活路
10
10
6. 1兆2,900億円市場 対2005年度比3.3%増、2008年度マイナス記録メディア変動 ICカード拡大 再生トナーカートリッジ増加も
13
15
8.デジタルペン(電子ペン)の動向再び注目度高まるか
18
<Ⅱ>急成長のオフィス用品 ネット通販市場も転換期
20
21
・PB開発やオフィス通販専用ラインアップが拡充
23
24
24
・大手事業者中心に主要ユーザー囲い込みが進む
25
・商品戦略面でハード・物販からサービスへのシフトを感得
26
◆アスクル
31
◆大塚商会
36
◆カウネット/ネットコクヨ(べんりねっと)
39
◆MonotaRO
42
46
◆プラスグループ
48
51
(2)低価格パソコン市場に大手も参入
53
(3)2009年度も市場は縮小見通し
55
(1)2008年出荷台数は前年比5.8%増
57
58
(3)富士通、HDD事業を東芝に売却
60
(4)SSDとの共存共栄の道探る
62
(5)2009年は10.8%減の見通し
64
(6)HDメディア業界、再編
66
67
(2)CD-ROM装置、CD-R/RW装置終息、CD-R/RW+DVD-ROM複合装置も縮小する見通し
68
69
69
(2)生産体制の見直しと業界再編進む
71
(3)さらなる市場創出が鍵
73
(4)液晶モニターは19型ワイドタイプへ
74
75
76
77
79
80
81
82
82
83
85
85
(2)岐路に立つデジタルカメラ
87
1. CD-R国内市場大幅減少に歯止めかからず
91
2. CD/RW:DVDの普及で需要漸減
91
91
4. MO、需要減少顕著
92
5. FD、国内・世界需要ともに大幅減少
93
94
99
(2) 細幅リボン2008年度60億円9.2%減 2009年度55億円へ年率7~8%の減少続くか
101
102
(4) 勢力変動加速も残存メーカーへ生き残り戦略の行く方
104
(5) リサイクルトナーカートリッジ、リサイクルインクジェットカートリッジ等新規事業、生き残り戦略の行く方
105
(1) サーマル500億円市場8.7%減サーマルメーカー勢力変動も
108
(2) 需要分野の動向 2009年世界同時不況で13~15%減も FAX用減少、バーコード不況で減少 食料、医療分野拡大も
109
110
  ~医療分野からデジタルフォト拡大用途開発更にポイントも~
113
(1) フジコピアン
115
(2) ゼネラルホールディングス 新体制スタート
119
(3) パイロット
123
(4) ダイニック
126
(5) ユニオンケミカー
130
(6) 三菱鉛筆
133
(7) 白崎グループ
  ~再生トナーカートリッジに力、工場福井集約化インパクトリボン、ベトナム工場生産~
136
(8) エステー産業
138
(9) 日立粉末冶金
141
(10) 日本コレス
  ~細幅(布)リボンまだ健闘、リサイクルトナー減少偽造防止インクも実績~
143
147
2. 低温定着 トナーへシフト加速
148
4. 岐路に立つリサイクル事業
154
1. 純正品市場動向
156
157
(1) 大阪プラント:カラーで先行
158
(2) ゼネラルホールディングス:滋賀工場に集約
159
(3) 白崎グループ:リサイクルトナー 福井工場に集約化
160
(4) ユニオンケミカー:トナーカートリッジは価格競争の中で減少
161
(5) ケイティケイ:価格下落で売上高減少
162
(6) パイロットコーポレーション:高まるカラー比率
163
(7) 日本コレス:リサイクルトナー減少傾向に
164
(8) ダイニック:着々と拡大
164
(9) エネックス:工場新設で対応
164
(10) アイ・タッフル:山形県唯一のリサイクル企業
165
(11) アシスト:協力工場体性を構築
165
(12) エステー産業:エコリカと協調体制構築
165
171
<Ⅱ>磁気カード市場
  ~減少傾向強めるカード発行~
189
1. 技術概要
193
194
199
4. 主要参入企業の展開事業分野一覧
199
5. 現状課題・問題点
200
6. 今後の市場見通し
202
1. セキュリティニーズの変遷と内外の要因
202
2. 日本版SOX法・個人情報保護法等の法整備が市場に与えるインパクト
205
206
4. 主要ベンダーの動向
208
208
213
2. 問題点は明らかになっている、事業再構築まったなしも情報サポートから情報ソリューションビジネスへ消費者(生活者)指向にカギも
216
218
4. デザインフォーム等 付加価値分野の動向
220
5. 新規事業等生き残り戦略まったなし「提案営業力」改革の決め手に 「BPOサービス」で力発揮も
222
224
235
1. 電子帳票システム20社内外も市場(帳票パッケージ)は400億円弱前後か
243
2. 電子帳票システム参入35社以上もウィングアークテクノロジーズの動向
244
<Ⅳ> 電子チラシの動向
  ~凸版印刷先行、追う大日本印刷~
245
(1) トッパン・フォームズ
246
(2) 大日本印刷
253
(3) 小林クリエイト
257
(4) ・イセトー
  ~好調 売上200億円 収益力上昇目立つ 総合情報サービス拡大~
260
  ・日本ユニシス・サプライ
263
(5) ・光ビジネスフォーム
266
  ・カワセコンピュータサプライ
270
(6) ・共同印刷
272
  ・東洋紙業
  ~収益力回復、IPS事業拡大、積極投資へ、IPS、商業印刷と融合推進
275
(7) ・日本通信紙
277
  ・高速
279
(8) ・ビーエフ
282
  ・光村印刷
284
(9) ・内外カーボンインキ
286
  ・コーユービジネス
288
(10) ナカバヤシ
291
(11) ・昌栄印刷
  ~情報サービス横這いから拡大へ戦略見直しへ~
293
  ・福島印刷
294
(12) ・水三島紙工
296
  ・城東ビジネスフォーム
297
(13) ・日本電算機用品
  ~IPS事業好調に拡大、今期倍近い伸びも、収益上昇~
298
  ・昇寿堂
  ~カード分野等新規事業拡大へ積極経営~
300
  ・上二ビジネスフォーム
302
(14) ・三郷コンピュータ印刷
303
  ・サンコーフォームズ
305
  ・中央ビジネスフォーム
306
(1) フォーム用紙
333
【表】フォーム用紙市場
333
【表】フォーム用紙 生産・出荷・在庫高推移
334
【表】フォーム印刷会社・フォーム用紙使用量及びメーカー一覧
335
【表】フォーム用紙 メーカー生産動向(2008年)
336
【ク゛ラフ】フォーム用紙国内メーカーシェア
337
・日本製紙グループ
338
・王子製紙グループ
340
・三菱製紙
341
344
【表】ノーカーボン紙 販売数量
344
【表】ノーカーボン紙 メーカー別国内販売数量とシェア
345
【ク゛ラフ】ノーカーボン紙の国内メーカーシェア
346
・日本製紙
347
・三菱製紙
348
・大王製紙
349
・王子製紙
351
・富士フイルム
352
【表】ノーカーボン5社 生産・販売・残高
354
355
【表】感熱紙 国内需要用途別推移
356
【表】感熱紙 主要メーカー別用途別国内販売量(2008年度見込み)
356
【表】感熱紙 メーカー別販売量推移
357
【表】感熱紙 メーカー別販売量推移(2007年度上期、2008年度上期)
358
・王子製紙
360
・日本製紙
363
・三菱製紙
365
・富士フィルム
368
369
【ク゛ラフ】国内メーカー 月間出荷量推移
369
【表】インクジェット用紙 主要メーカーの月間出荷量内訳
377
・三菱製紙
378
・日本製紙
381
・王子製紙
383
・富士フイルムグループ
385
1. 8,200億円市場の攻防、2008年(1~12月)は増加も年度減少
391
2. ビジネスフォーム上位寡占化、中堅下位減少強まる
391
392
【表】ビジネスフォーム売上高占有率の推移100社調べ
393
【表】コンピュータサプライ業者利益占有率の推移
393
【表】ビジネスフォーム売上高ランキング(約90社)
394
【表】2008年コンピュータサプライ業者利益高ランキング
397

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.