ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2010年版 高機能透明樹脂市場の展望と戦略

2010年版 高機能透明樹脂市場の展望と戦略

LED-TVの普及に伴う導光板需要の拡大を受け、MMA含めPMMAの需給バランスが逼迫する傾向にあります。PCは拡散板需要が低迷したものの、自動車や家電ハウジング向けでの動きが活発化、今後はLED照明用途での採用拡大も期待されています。COP・COCはレンズ用途で携帯電話向けカメラモジュールに加えデジタルカメラ向けでの採用も進む傾向にあり、耐熱透明樹脂は各製品の特徴を活かした市場を維持・拡大させながら、それぞれ新規市場の開拓に向けた取組みも進んでいます。  矢野経済研究所では2002年、2005年、2008年と発刊してまいりました「高機能透明樹脂の展望と戦略」において、LCD部材やフィルム、光ディスク、レンズ、LED封止材などのアプリケーション動向も踏まえながら、各透明樹脂における需要状況や参入メーカーの動向をまとめて参りました。今回の改訂版(2010年版)では、新たにLCDパネルと前面板の間に充填される光学弾性透明樹脂についても取り上げることで、高機能透明樹脂市場の現状と今後の展望を考察いたしました。

発刊日 2010年08月20日 体裁 271頁
資料コード C52107400 PDFサイズ 3.3MB
カテゴリ マテリアル
調査資料価格 162,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFレギュラー 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  324,000円   ( 本体  300,000円   消費税  24,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  356,400円   ( 本体  330,000円   消費税  26,400円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2010/10/20~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2010/10/20~ 800円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2011/02/20~
(スタンダード) 2011/08/20~
電話・ウェブサイト:
2010/10/20~ 1,500円/頁
2010/11/20~ 800円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

~透明樹脂メーカーは今こそ「素材メーカーからの脱却」を!~
○2010年以降の透明樹脂市場は順調な拡大推移が予想 導光板、ハウジング、LED関連で需要が急増
3
○ユーザーとの真のパートナーシップを構築し「コンソーシアム型」のフレームワークのなかで新たなアプリ開発につなぐ
4
~足元の対応こそ最重要テーマ、しかし真の課題はその先にある~
9
17
19
21
26
●【表】PMMA輸出推移<相手国別>(2006~2009年/出所:財務省貿易統計)
32
●【表】PMMA輸入推移<相手国別>(2006~2009年/出所:財務省貿易統計)
36
~最先端分野への食い込みで次のメシの種につなぐ~
38
40
○現状の延長線上でも安定的な事業拡大は不可能ではない しかし、それ以上の成長に向けたタネまきも大きなテーマ
45
46
47
48
50
○LED電球向けでの戦いが過熱、グローブ向けは帝人化成がリード 2次レンズやヒートシンク等の大型案件に向けた動きも加速
54
●ポリカーボネート輸出推移<相手国別>(2006~2009年/出所:財務省貿易統計)
61
●ポリカーボネート輸入推移<相手国別>(2006~2009年/出所:財務省貿易統計)
65
~ハイエンドな領域への継続的な展開が重要性を増す~
67
71
73
76
77
●【表】COP・COCメーカー別(需要分野別)販売量推移(2007~2011年予測)
79
~「耐熱光学用途」を見据えた基礎研究およびマーケティング活動も重要~
80
○LED関連向けの販売や開発も徐々に本格化
85
~大型アプリケーションへの採用で市場規模は大幅成長の見込み~
○光学透明充填剤
89
90
91
○前面板モデルのポジションを「デザイン性」から もう1段高める機能性の付与が今後のカギに
94
(弊社資料:C52103900 2010年版プラスチックシート市場の展望と戦略より一部抜粋)
99
(弊社資料:C52105700 2010年版 高機能フィルム市場の展望と戦略より一部抜粋/C51119700 2010年版 タッチパネル部材市場の展望と戦略より一部抜粋)
110
112
113
(弊社資料:C52103900 2010年版プラスチックシート市場の展望と戦略より一部抜粋)
117
118
○ウエハーレベルレンズはVGAクラスを中心に海外端末メーカーでの採用が始まる
120
○デジタルカメラでは画素数8~10Mクラスでプラレンズ化が進展
121
○DVD用ピックアップレンズでは「アペル」がトップシェアを維持 Blu-Ray向けでは日本ゼオンが「ゼオネックス350R」を新たに上市
122
124
○急増する世界のデジタル情報量、次世代アーカイブメディアの確立が急務に 多層記録方式が既存技術の延長による堅実な実現方法として注目される
129
131
○一般照明分野をはじめとするLEDのさらなる普及を見据え 新たなパッケージ構造の開発を促すソリューションの提供が不可欠に
133
○フェニル系ではガス透過性の改善、メチル系では黄変耐熱性の向上が進展
134
135
○エポキシ樹脂ベースのハイブリッド品の開発が進むも、需要は未だ限定的
137
246
250
256
261
265
269

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.