ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2010年版 小型電動モビリティ市場の現状と将来展望

2010年版 小型電動モビリティ市場の現状と将来展望

低炭素化社会の実現に向けて電気を動力とするモビリティに関心が高まる中、小型電動モビリティは自動車に過度な依存をしない地域交通の新たな担い手としての役割も期待されており、取り巻く環境が変化しつつあるなか、今後更なる需要拡大が見込まれています。本調査レポートでは、海外からの完成車・部品の流入や新たな流通経路が与える影響、モビリティ間での乗換え需要など既存市場に与える影響を踏まえ、市場動向の現状を把握し、小型電動モビリティ市場の今後の展望を行いました。

発刊日 2010年08月31日 体裁 213頁
資料コード C52108800 PDFサイズ 1.6MB
カテゴリ 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス
調査資料価格 162,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFレギュラー 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  324,000円   ( 本体  300,000円   消費税  24,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  356,400円   ( 本体  330,000円   消費税  26,400円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2010/10/31~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2010/10/31~ 800円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2011/02/28~
(スタンダード) 2011/08/31~
電話・ウェブサイト:
2010/10/31~ 1,500円/頁
2010/11/30~ 800円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

1.市場の定義(調査対象範囲)
3
4
5
2-2.法令が与える影響(電動二輪車/電動アシスト自転車/電動カート)
7
2-3.保有動向(電動二輪車/電動アシスト自転車/電動カート)
9
2-4.普及における問題点(電動二輪車/電動アシスト自転車/電動カート)
12
2-5.国・自治体における取組み(電動二輪車/電動アシスト自転車/電動カート)
14
20
2-8.採用される二次電池
27
29
◆電動二輪車の普及促進における今後の方向性
30
◆電動アシスト自転車の普及促進における今後の方向性
31
◆電動カートの普及促進における今後の方向性
32
4-2.今後の展望(電動二輪車/電動アシスト自転車/電動カート)
36
1-1.海外での市場形成と国内市場のこれまで
41
1-3.保有動向(個人/法人)
46
47
1-5.業界動向
53
54
1-7.海外展開
58
59
2-1.【表】主な参入企業一覧
66
2-2.【ク゛ラフ】メーカーシェア(2009年)
67
68
3-1.電動二輪車が果たす役割・期待される役割
82
3-2.普及促進における問題点を解決していく上での課題
85
3-3.普及促進における今後の方向性
87
91
4-2.今後の展望
92
1-1.国内市場のこれまで
95
1-4.普及促進における問題点
104
1-5.製品動向
106
1-6.海外展開
109
111
117
118
119
3-1.電動アシスト自転車が果たす役割・期待される役割
128
3-2.普及促進における問題点を解決していく上での課題
130
3-3.普及促進における今後の方向性
132
135
4-2.今後の展望
136
1-1.国内市場のこれまで
139
1-4.普及促進における問題点
148
151
1-6.海外製品の流入
155
156
2-1.【表】主な参入企業(メーカー)一覧
160
2-2.【ク゛ラフ】メーカーシェア(2009年度)
161
162
3-1.電動カートが果たす役割・期待される役割
168
3-2.普及促進における問題点を解決していく上での課題
170
3-3.普及促進における今後の方向性
171
174
4-2.今後の展望
175
1-1.電動二輪車
179
1-2.電動アシスト自転車
182
1-3.電動カート
183
2-1.二次電池の用途分類と二次電池開発技術における位置付け
184
2-2.今後の技術開発目標
187
188
191
4.今後の方向性
194
掲載内容:企業概要/販売状況/業績推移/経営戦略における小型電動モビリティ販売の位置付け/現在の取組み/今後の展開・予定等
◆株式会社あさひ
199
◆株式会社アテックス
200
◆オーシャンエナジーテクニカ株式会社
201
◆三洋電機コンシューマエレクトロニクス株式会社
202
◆SHOPRIDER JAPAN株式会社
203
◆スズキ株式会社
204
◆TERRA MOTORS株式会社
205
◆株式会社東芝
206
◆パナソニック サイクルテック株式会社
207
◆株式会社ピューズ
208
◆ブリヂストンサイクル株式会社
209
◆株式会社プロスタッフ
210
◆株式会社ホワイトハウス(ベクトリックス ジャパン)
211
◆本田技研工業株式会社
212
◆ヤマハ発動機株式会社
213

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.