ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2016年版 3Dプリンタ材料市場の現状と将来展望

2016年版 3Dプリンタ材料市場の現状と将来展望

本調査レポートでは、3Dプリンタの普及に向けた材料の開発トレンドや需要動向、普及に向けた課題、参入企業の事業戦略を分析するとともに、2020年までの市場成長性を予測した。調査対象とする3Dプリンタの方式は以下のとおりである。材料押出(Material extrusion:ME)、粉末床溶融結合(Powder bed fusion:PBF)、液槽光重合(Vat photopolymerization:VP)、材料噴射(Material jetting:MJ)。

発刊日 2017年01月17日 体裁 125頁
資料コード C58115200 PDFサイズ 4.8MB
カテゴリ マテリアル / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス
調査資料価格 162,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFレギュラー 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  324,000円   ( 本体  300,000円   消費税  24,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  356,400円   ( 本体  330,000円   消費税  26,400円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2017/03/17~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2017/03/17~ 800円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2017/07/17~
(スタンダード) 2018/01/17~
電話・ウェブサイト:
2017/03/17~ 1,500円/頁
2017/04/17~ 800円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

13
【表・ク゛ラフ】3Dプリンタ材料世界需要推移(2015年,2016年見込み,2017~2020年予測)/3Dプリンタ材料世界需要推移(2015年,2016年見込み,2017~2020年予測)
【表】3Dプリンタ材料 方式別世界市場規模推移(重量:金額/2015年,2016年見込み,2017~2020年予測)
2.展望と課題
21
【表】3Dプリンタの方式と主な材料
21
【表・ク゛ラフ】3Dプリンタ材料 世界市場規模推移(2015年,2016年見込み,2017~2020年予測)/【ク゛ラフ】3Dプリンタ材料 方式別世界市場規模(重量:金額/2016年見込み)
22
・ME法向け材料はコンシューマー分野で需要が急増 PBF法向け材料は産業分野で試作品から最終製品への流れを作る
23
25
【表】3Dプリンタ材料の方式別価格帯
25
【表・ク゛ラフ】3Dプリンタ材料 方式別世界市場規模推移(重量/2015年,2016年見込み,2017~2020年予測)
28
(図・表)3Dプリンタ材料 方式別世界市場規模推移(金額/2015年,2016年見込み,2017~2020年予測)
29
33
35
38
51
60
【表】光硬化樹脂の主な物性比較
60
61
63
・ワーキングモデル向けに耐熱性や靭性、透明性を高めたグレードの開発が進む
64
66
・デザイン・ワーキングモデル向けに加え、金型用途の需要が立ち上がる
67
71
75
78
82
・紫外線硬化樹脂「Somos®」の需要は欧州を中心に拡大傾向 2015年11月にはオランダ・フクファンホラント工場の設備拡張を発表
87
90
92
・PCフィラメントやPVBフィラメント、専用研磨機などを相次ぎリリース
95
・PLAフィラメント「テラマック®」は造形物の透明性やシャープな仕上がりに対する高い支持を獲得
・さらなる需要の取り込みを目指し、ポリエステル系やPA系フィラメントの開発に取り組む
97
・TPEフィラメント「FABRIAL®R」は優れた柔軟性や生体適合性により医療・介護などの分野で活用検討が進む
100
・2015年4月に純国産原料を用いたABSフィラメント 2016年7月には造形後に形状をカスタマイズできるSMPフィラメントを発売
・PP/CFフィラメントやノズルクリーニング用フィラメントなど独自製品のラインナップが控える
103
・PC、PC/ABSのGW強化グレードの開発に向け、2016年3月に独・コベストロと業務提携契約を締結 2016年10月には稲畑産業と合弁会社「稲葉ナノダックス株式社」設立
・造形品の高い寸法安定性や表面平滑性を実現したPP/GWフィラメントの開発に成功
107
・3Dプリンタ向けの需要拡大を受け、独・マール工場で「ベストジント」の設備増強へ
・TPAパウダーはシューズソールなどの用途で採用が進む
110
・PA12粉末はリサイクル性や造形品表面の平滑性で差別化を図る世界唯一のサプライヤーとして靱性などに優れるPA11粉末を積極的に提案
112
114
・プレナム・チャンバーに対してMMI Technyl®Designサービスを適用 材料の選択肢拡大を目指し、PA66粉末の開発にも取り組む
117
・強化グレードの開発などさらなる物性向上にも取り組む
120
・PBF法向けチタン粉末の製造技術を確立し、航空機・医療分野への展開を推進
123
・水溶性フィラメント「MELFIL™」の引き合いが国内外で増加傾向 優れた溶解性、接着性、印刷性を武器に産業分野での展開を強化

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.