ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2017年版 在宅医療市場の展望と戦略

2017年版 在宅医療市場の展望と戦略

日本の人口統計では、65歳以上の高齢者人口が過去最高の3,395.2万人(2015年10月予測値)となり、総人口に占める割合は26.8%と高齢化率はどんどん上昇している。日本における高齢化率は、世界においてトップの高齢化率であり、すでに日本は超高齢社会に突入している。国策としては「社会保障と税の一体改革」により、「施設から在宅へ」という方針を加速させ、平均在院日数を減らし、在宅医療を推進することで、医療・介護費を抑制する方向にある。在宅医療では、病院、診療所、訪問看護ステーション、リハビリ、介護等がそれぞれの役割や機能を分担し、ネットワーク化を図ることが、医療連携を推進する重要な位置づけとなっている。これら環境整備からも、自宅・高齢者住宅等での医療・介護連携が推進されるとみられる。在宅医療としては、在宅療養指導管理料に挙げられている在宅酸素療法、在宅人工呼吸療法、在宅自己腹膜灌流等があり、本調査レポートでは、関連するメーカー、サービス提供する事業者を調査し、市場動向を分析した。

発刊日 2017年01月31日 体裁 290頁
資料コード C58118000 PDFサイズ 2.7MB
カテゴリ ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器
調査資料価格 135,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  135,000円   ( 本体  125,000円   消費税  10,000円  )
PDFレギュラー 定価  135,000円   ( 本体  125,000円   消費税  10,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  167,400円   ( 本体  155,000円   消費税  12,400円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  270,000円   ( 本体  250,000円   消費税  20,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  302,400円   ( 本体  280,000円   消費税  22,400円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2017/03/31~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2017/03/31~ 700円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2017/07/31~
(スタンダード) 2018/01/31~
電話・ウェブサイト:
2017/03/31~ 1,200円/頁
2017/04/30~ 700円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

調査結果のポイント
8
13
【図】在宅医療とは
【表】在宅医療を提供する場所
【表】在宅医療で提供される医療の種類
【図】在宅医療に関連する主な市場
16
【表】本資料で取り上げている在宅医療関連市場
17
34
36
37
38
40
45
56
58
(3)訪問歯科クリニックの実施動向
62
5.在宅医療関連市場の課題・問題点
63
6.在宅医療関連市場の今後の方向性
65
69
74
77
88
90
93
96
98
101
102
110
112
115
116
121
123
126
127
131
136
138
139
148
151
153
156
161
163
165
166
168
169
170
171
173
174
176
178
180
(7)方向性
181
182
185
186
190
◆参入企業の出店戦略
193
◆帝人ファーマ(株)の事業所分布
194
◆フィリップス・レスピロニクスの事業所分布
197
◆エア・ウォーター・メディカル(株)の事業所分布
200
◆エア・ウォーターが運営支援を行う特別養護老人ホーム等の事業所分布
202
◆(株)星医療酸器の事業所分布
204
◆大陽日酸(株)の事業所分布
206
◆大陽日酸(株)のメディカル関係会社パシフィックメディコ(株)及び日本メガケア(株)の事業所分布
209
◆(株)フクダ電子の事業所分布
211
215
【表】参考:在宅血液透析を実施している医療機関(68医療機関 ※P132-P135再掲)
216
221
【表】帝人ファーマの在宅医療市場の参入状況
222
【表】フクダ電子の連結売上高と営業利益/フクダ電子の在宅医療市場の参入状況
223
【表】エア・ウォーターの売上高と営業利益/同社 医療関連事業売上高と営業利益/エア・ウォーターの在宅医療市場の参入状況
224
【表】チャート ジャパンの在宅医療市場の参入状況
225
【表】小池メディカルの在宅医療市場の参入状況
226
【表】フィリップス・レスピロニクスの在宅医療市場の参入状況
227
【表】コヴィディエン グループジャパンの在宅医療市場の参入状況
228
【表】太陽日酸の在宅医療市場の参入状況
229
【表】バクスターの在宅医療市場の参入状況
230
【表】富士システムズの在宅医療市場の参入状況
◇セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ
231
235
【ク゛ラフ】介護が必要となった主な原因
235
【図】脳卒中の分類/脳卒中発症後の対応
【表】リハビリ患者のうち脳卒中リハビリ患者の割合/【表・ク゛ラフ】リハビリ患者の内、脳卒中リハビリ患者の占める割合
237
【表】脳卒中リハビリ患者の疾患別割合
239
【表・ク゛ラフ】主な死因別死亡数の割合(2013~2015年)
240
【ク゛ラフ】脳卒中の総患者数の推移(2005,08,11,14年,15~25年予測)/【表】脳卒中患者の入院・外来患者人数の推移(2005,08,11,14年 各年10月時点)
240
【表】75歳以上の人口と脳卒中患者数の比較表(2013~2025年)
241
242
【表】脳卒中関連製品の市場規模(メーカー出荷金額ベース:2014年度)
5.脳卒中リハビリの今後の方向性
243
247
251
(3)2016(平成28)年度の改定
252
(4)訪問看護ステーションの今後
254
255
<定期巡回・随時対応型訪問介護看護の概要>/<定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業のサービス内容>
257
<定期巡回・随時対応型訪問介護看護の運用基準>
257
【表】定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業の開設主体(2013,2014年)/【ク゛ラフ】定期巡回・随時対応型訪問介護看護の利用者推移(2014年2月~2015年3月)
258
【表・ク゛ラフ】定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業・夜間対応型訪問介護サービスの利用者推移(2014年4月~2015年3月)
259
★P257文章の続き
260
262
264
264
267
272
【表】訪問リハビリに関する診療報酬・介護報酬/訪問看護ステーションにおける訪問リハビリに関する介護報酬
273
274
277
281
283
284
287

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.