2018 食品ギフト市場白書

近年、生活者の趣味・嗜好は多様化し、ギフトの「定番」がなくなりつつある。贈られた人が喜ぶものであれば、全てギフトになる今、小売業は全て、「ギフト好適品」を取り扱う業種であるともいえ、ギフト市場においては、もはや競合は「同業他社」ではなく、小売市場全体となった。その中でも、特にギフトとして選ばれる事が多いのが食品である。様々なオケージョンにおいて、様々なチャネルで購入され、定番ギフトから趣向を凝らしたパーソナルなギフトまで幅広いオプションがある。また、近年では「自分へのギフト」といったご褒美として食品を購入するということも一つのトレンドとなっている。このようにギフトのカジュアル化、親しい相手のことを想いこだわりギフトを贈る人の増加、ギフトオケージョンの多様化など、ギフト市場を取り巻く環境が大きく変化しており、特に人々のライフスタイルに大きく関係のある食品のギフトにおいては様々な動きがみられる。 本調査レポートは、食品ギフト業界を体系的に調査・編集し、食品ギフト市場を総合的に把握いただけるよう企画し、食品ギフトの市場規模、アイテム別市場を算出した。

資料コード C59110300
定価 162,000円
(本体150,000円、消費税12,000円)
発刊日 2018年02月28日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2018年04月28日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2018年08月28日
体裁 288頁
分類 食品・飲料
小売
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

2.アイテム別動向
3.市場展望
4.トレンド

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.