ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 オーガニック食品市場の現状と将来展望

2018年版 オーガニック食品市場の現状と将来展望

消費者の健康志向と食の安全性に対する意識が高まるなか、オーガニック食品市場がにわかに脚光を浴びている。 欧米では各々、数兆円規模のマーケットが形成され、現在も右肩上がりの成長が続いているが、日本ではこれまで、一部の消費者の需要を満たすため、限られた生産者や小売業者が対応するにとどまっており、有機農業の生産面積は農業全体の1%にも満たないのが現状である。 ところが、これまで「安全・安心」と信じられてきた国産農産物や加工食品の安全性が脅かされる事件や事故が多発し、食のグローバル化が進展するなかで、有機農業や有機(オーガニック)食品に対する見方が変化しつつある。 農林水産省では、2000年から有機JAS規格を設け、認定事業者によって格付の表示(有機JASマーク)が付された有機農産物や加工食品でなければ、「有機」や「オーガニック」とは表示できなくなった。また、2017年のJAS制度改正では、JASを活用した輸出力の強化と規格の国際化を謳っており、国際取引における高付加価値農産物や加工食品の需要は、今後益々高まると予想される。 そこで、本調査レポートでは、オーガニック食品(農産物及び加工食品)の需要動向や市場特性、現状の課題等を明らかにするとともに、今後の方向性についてまとめ、市場性を展望した。

資料コード C60102400
定価 162,000円
(本体150,000円、消費税12,000円)
発刊日 2018年09月28日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2018年11月28日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2019年03月28日
体裁 183頁
分類 食品・飲料
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

4.現状の課題・問題点
5.今後の事業の方向性と市場拡大に向けた取り組み
2.オーガニック加工食品の流通業者動向
3.現状の課題・問題点

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.