ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 医療機器・医療ICTの保守契約市場

2018年版 医療機器・医療ICTの保守契約市場

医療機器の保守点検が義務化されてから、医療機関では医療機器の安全性および有効性を確保する必要がある。さらに効果的に運用するため、適正な使用や保守管理が必要となっている。 一方で、医療機関における保守点検の実際は、病院規模や導入されている各種機器等により、状況は大きく異なる。中でも代替可能な小型ME機器は、大型ME機器と比較して保守契約率は低くなっている。 メーカー各社は、新たな支払方法やリモートメンテナンス、コンサルティング要素のあるサービス等の提案で保守契約率の向上を目指す。 本資料では、診断、治療、検査における医療機器/電子カルテなどの医療情報システムの現状や、各メーカーの取組みとその状況、医療機関とメーカーの保守契約内容の例、保守点検を主としたアウトソース先例等を調査し、保守契約市場の現状と今後を予測する。

発刊日 2018年09月28日 体裁 385頁
資料コード C60103400 PDFサイズ 6.2MB
カテゴリ ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器
調査資料価格 194,400円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFレギュラー 定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  226,800円   ( 本体  210,000円   消費税  16,800円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  388,800円   ( 本体  360,000円   消費税  28,800円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  421,200円   ( 本体  390,000円   消費税  31,200円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2018/11/28~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2018/11/28~ 900円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/03/28~
(スタンダード) 2019/09/28~
電話・ウェブサイト:
2018/11/28~ 1,500円/頁
2018/12/28~ 900円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

1.調査要領(※コピーサービスご利用者様には調査要綱が無料で添付されます。)
17
【表】医療機器・医療ICTの保守契約市場規模推移(2013~2016年度,2017年度見込,2018年度予測)
2.展望と課題
25
【表】医療機器の維持管理について
25
【ク゛ラフ】医療機器安全管理責任者の資格者
26
【表】医療機器の維持管理内容と主務者
28
28
【表】医療機器の修理区分
29
29
【表】医療安全管理の義務化/医療機器安全管理料
30
31
【ク゛ラフ】臨床工学士の配置/【ク゛ラフ】臨床工学技士の人数(臨床工学技士を「配置している」回答者対象)
31
【ク゛ラフ】医療機器管理(修理・メンテナンス等)業務において、現状の問題点・課題
32
【ク゛ラフ】保守費用抑制のために行っている事柄
33
34
【ク゛ラフ】保守契約がある危機の割合比較(2016,2018年度/全体)
35
【図】保守メンテナンスのサービスフロー例
36
51
【表】米国の医療機器保守(定期点検・修理)のメインプレイヤー
51
【図】米国の医療機器保守(定期点検・修理)市場の概要
52
■医療施設調査要綱(1.調査要網/2.調査趣旨/3.アンケート回収先属性)
255
◇アンケート結果概略
257
中央管理部門の設置
259
中央管理部門が設置されている部署
260
臨床工学技士の配置
261
臨床工学技士(常勤)の人数
262
医療機器安全管理責任者の資格者
263
導入している機器
264
導入台数:ベンチレータ
265
導入メーカー・販売元名:ベンチレーター(複数回答)
266
導入台数:全身麻酔器
267
導入メーカー・販売元名:全身麻酔器(複数回答)
268
導入台数:輸液ポンプ
269
導入メーカー・販売元名:輸液ポンプ(複数回答)
270
導入台数:人工透析装置
271
導入メーカー・販売元名:人工透析装置(複数回答)
272
導入台数:生体情報監視装置
273
導入メーカー・販売元名:生体情報監視装置(複数回答)
274
導入台数:内視鏡
275
導入メーカー・販売元名:内視鏡(複数回答)
276
導入台数:心電計
277
導入メーカー・販売元名:心電計(複数回答)
278
導入台数:超音波診断装置
279
導入メーカー・販売元名:超音波診断装置(複数回答)
280
導入台数:除細動器
281
導入メーカー・販売元名:除細動器(複数回答)
282
導入台数:滅菌器
283
導入メーカー・販売元名:滅菌器(複数回答)
284
導入台数:電気メス
285
導入メーカー・販売元名:電気メス(複数回答)
286
機器の導入・選択時に重視した点(品目別)
287
中央管理されている機器
290
定期点検されている機器
291
定期点検実施者
292
簡単な修理を行う割合
295
簡単な修理の実施者
296
故障時の対応
298
保守契約がある機器
300
保守契約がある機器の割合比較(2016、2018年度)
302
保守契約締結に最も影響力を持つ部署
303
保守契約先
304
保守契約内容
307
保守契約時に重視した点
309
保守契約期間
312
保守契約先の定期点検以外の年間訪問回数
313
保守契約内容への満足度
314
保守契約内容の満足な点
315
保守契約内容の不満な点
318
年間保守契約費用(施設全体)
321
保守契約以外の年間修理費用(施設全体)
322
保守費用の管理部署(施設全体)
323
保守契約を結んでいない理由
324
保守契約締結に最も影響力を持つ部署
325
保守契約について今後の方針
326
医療機器の管理方法(稼働・保守の状況など)
327
医療機器管理(修理・メンテナンス等)の問題点・課題
328
メーカーを問わず、各医療機器の保守(修理含む)一括サービス企業(マルチベンダーサービス)への関心度
329
メーカーを問わず、各医療機器の保守(修理含む)一括サービス(マルチベンダーサービス)の利用がない理由
330
保守費用抑制のために行っている事柄(複数回答)
331
今後の保守契約・メンテナンスサービスに期待する項目(複数回答)
332
営業マン訪問時の情報提供で最も有益であった・期待する情報(複数回答)
333
アイ・エム・アイ
337
アコマ医科工業
338
ウドノ医機
339
エイアンドティー
340
エダップテクノメド
341
NECフィールディング
342
エレクタ
343
沖電気カスタマアドテック
344
オリンパス
345
キヤノンメディカルシステムズ
346
京西テクノス
347
グッドマン
348
サクラ精機
349
GEヘルスケア・ジャパン
350
シーエスアイ
351
シーメンスヘルスケア
352
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティックス
353
シスメックスCNA
354
島津製作所
355
すみれ医療
356
ソフトウェア・サービス
357
東ソー
358
ドレーゲル・メディカル・ジャパン
359
ドルニエメドテックジャパン
360
日機装
361
日信電子サービス
362
日本電気
363
二プロ
364
日本アキュレイ
365
日本NCRサービス
366
日本光電工業
367
日本サード・パーティ
368
日本電子
369
バリアンメディカルシステムズ
370
PHC
371
PSP
372
日立製作所
373
フィリップス・ジャパン
374
フィリップス・レスピロニクス
375
フォトロンM&Eソリューション
376
フクダ電子
377
富士通
378
富士フイルムメディカル
379
ベックマン・コールター
380
HOYA
381
三浦工業
382
メディカルエキスパート
383
横河医療ソリューションズ
384
ラジオメーター
385

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.