2018 ギフト市場白書

近年、生活者の趣味・嗜好は多様化し、ギフトの「定番」がなくなりつつあります。贈られた人が喜ぶものであれば、全てギフトになる今、小売業は全て、「ギフト好適品」を取り扱う業種であるともいえ、ギフト市場においては、もはや競合は「同業他社」ではなく、小売市場全体となった。 フォーマルギフトのカジュアル化やプチギフトの活況などギフトオケージョンの多様化、モノだけでなくコト/体験までといったギフトアイテムの多様化、そしてSNS上で贈りあうソーシャルギフトの急成長といったギフトチャネルの多様化など、ギフト市場を取り巻く環境は大きく変化している。最近では、「自分へのギフト」といったご褒美需要に加え、「母の日」や「父の日」、「敬老の日」等において、贈った人と贈られた人が一緒に楽しむことができる「共有型ギフト」のニーズも高まっている。これまで以上に虚礼廃止傾向が強まる昨今、各社はよりパーソナルでカジュアルなギフトオケージョンに注力し、ギフト需要の創出に努めている。 本調査レポートは、ギフト業界を体系的に調査・編集し、ギフト市場を総合的に把握いただけるよう企画した。ギフトの市場規模、チャネル別、アイテム別、オケージョン別市場を算出している業界唯一のマーケティング資料。

資料コード C60106900
定価 162,000円
(本体150,000円、消費税12,000円)
発刊日 2018年09月28日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2018年11月28日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2019年03月28日
体裁 489頁
分類 小売
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

2.業態別動向
3.市場展望
4.トレンド
◇【表】ギフト市場におけるアイテム分類
【掲載項目】企業概要/業績推移/事業戦略/中心価格帯・売上構成比/商品・価格戦略/オケージョン別商品・価格戦略/店舗・販売戦略・プロモーション/オケージョン別店舗・販売戦略・プロモーション/競合について/今後の展望と課題について
※企業により掲載項目が若干異なります。

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.