ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 メディカルバイオニクス(人工臓器)市場の中期予測と参入企業の徹底分析

2018年版 メディカルバイオニクス(人工臓器)市場の中期予測と参入企業の徹底分析

本調査レポートでは、第29版としてインプラント材、体外循環関連の各分野別/製品別34項目(68製品:一部関連製品含む)によって構成され、製品別市場規模推移、マーケットシェア、今後の成長率とその要因、市場特性などの分析を行った。

発刊日 2019年03月28日 体裁 845頁
資料コード C60107500 PDFサイズ 17.6MB
カテゴリ ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器
調査資料価格 129,600円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  129,600円   ( 本体  120,000円   消費税  9,600円  )
PDFレギュラー 定価  129,600円   ( 本体  120,000円   消費税  9,600円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  259,200円   ( 本体  240,000円   消費税  19,200円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  291,600円   ( 本体  270,000円   消費税  21,600円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/05/28~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/05/28~ 700円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/09/28~
(スタンダード) 2020/03/28~
電話・ウェブサイト:
2019/05/28~ 1,200円/頁
2019/06/28~ 700円/頁

■ご案内■

こちら資料のPartⅡは WEB販売では§(セクション)単位でご提供しております。より少単位でのデータをご希望でしたらYDB閲覧室までご遠慮なくご相談お電話ください。

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

・高齢化によって潜在患者数は増加も伸び率は鈍化、2019年は消費税率引き上げ、全品目薬価改定予定
19
20
41
市場概要
企業別動向:テルモが高シェア維持の中、泉工医科工業が2ケタ増、Maquet Cardiopulmonary製品は2019/4よりコスモテックからゲティンゲグループ・ジャパンの直販に
82
市場動向:Excimer Laser血管形成術「CVX-300」は年間10台の設置に
CABGにおけるOff-Pump市場
RF心房細動手術装置:年間推定6,200例
血管領域自動吻合器/血管縫合補助器具市場:2017年度7,430セット
89
市場概要
市場規模:トリプルを含め2017年度(企業決算ベース)は前年比2.9%アップの61,572ケ、2018年度は1.9%アップの62,765ケ見込み
企業別動向:Medtronicが40%強のシェアを確保する中、アボットメディカル ジャパン、バイオトロニックジャパンがプラス推移、2019/2よりBiotronik製品がフクダ電子ルート、2019/9よりBoston Scientific製品は日本ライフラインルートにて販売を開始
107
市場概要
市場規模:ICDの2017年度は6,690ケ、2018年度は6,830ケ見込み、CRT-Dでは2017年度は交換が伸び悩むも、新規が2桁増で2017年度3,579ケ、2018年度は3,478ケ見込みに
126
137
市場概要
市場規模:2017年度出荷量ベースで22,436ケ、2018年度は21,614ケ見込み、機械弁は2017年度4,998ケ、2018年度4,869ケ見込み、生体弁は2017年度17,438ケ、2018年度16,745ケ見込み
企業別動向:エドワーズライフサイエンスがトップシェアの中、新製品投入企業がシェアアップ
経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI、TAVR):TAVI・TAVRは2017年度で5,000セット、2018年度は6,400セット見込み、アボットバスキュラージャパンが「MitraClip NTシステム」で2018/4保険適応、2018/8には機能不全に陥った外科生体弁に対するTAVR(TAV in SAV)が保険適応に
RF心房細動手術装置:年間推定6,200例
162
市場概要
市場規模:2017年度出荷量ベースでは前年比365ケ増の14,745ケとなる中、M弁比率が59.5%に、2018年度は15,110ケ見込み
企業別動向:エドワーズライフサイエンスがトップシェアの中、日本ライフラインが続伸
170
市場概要
企業別動向:日本ライフライン、日本ゴアが続伸している中、コスモテックはハイレックスコーポレーション「HI-LEX Graft」に、2018/10よりゲティンゲ「Hemashiled」「FUSION VASCULAR GRAFT」についても販売開始
201
◆Stent Graft実施施設名
211
214
市場概要
市場動向:2017年度体外設置型補助人工心臓は198セット、2018年度197セット見込みの中、体外型補助人工心臓「MT-Mag」で参入予定、体内植込型は2017年度177セット、2018年度191セット見込みの中、2018/12に日本メドトロニックが「HVAD」の製造販売承認を取得
227
246
258
市場概要
市場規模:2017年度はヘルニア修復や組織補強材一体型自動縫合器の安定推移で、トータルでは2.4%アップの208億4百万円、2018年度は215億円37百万円見込み
286
人工関節トータル市場
市場概要
人工関節市場規模:2017年度ユニットベースで6.0%アップの231,922セット、2018年度2.1%アップの240,070セット見込み、販売額ベースでは2017年度が6.2%アップの1,078億36百万円、2018年度は2.1%アップの1,100億68百万円見込み(2018年度は矢野経済予測)
企業別動向:2017年度上位5社のユニットベースシェアは前年比0.3ポイントアップの76.1%、2018年度各社計画値では75.8%見込み、販売額シェアでは78.7%、2018年度78.1%見込み
■骨温存型人工股関節市場2017年度14.1%アップの88,485本、2018年度94,848本見込み、挿入方法では前方・前側方で39.3%
3.単純人工骨頭・ユニポーラ市場:2017年度20セット、2018年度20セット見込み
384
市場概要
391
市場概要
内固定材トータル市場規模:2017年度トータル市場規模は前年比3.1%アップの552億10百万円、2018年度は3.3%アップの570億50百万円見込み、プレート&スクリューは安定推移
企業別動向:J&Jグループ、日本ストライカー、ジンマー・バイオメットの上位3社は安定推移の中、3社合計のシェアは2017年度が59.3%、2018年度が58.7%
442
市場概要
市場規模:2017年度は微減実績の69億75百万円、2018年度は68億15百万円見込み
企業別動向:No1シェアのメディカルユーアンドエイがトップシェア維持も、2017年度は若干のシェアダウン
頭蓋骨骨弁固定製品市場:2017年度はメタル系の大幅減が影響して32,015ケ、2018年度は31,984ケ見込み
吸収性市場:2017年度21億87百万円、2018年度21億82百万円見込み
458
市場概要
市場規模:2017年度トータル市場26億40百万円、2018年度27億54百万円見込み
企業別動向:上位寡占は変わらず、各社とも堅調な推移
464
市場概要
市場規模:2017年度ユニットベースでは6.5%アップの112,140セット(推定症例ベース:70,050例)、販売額で8.6%アップの488億70百万円、2018年度は7.2%アップ120,879セット(同:74,350例)、528億53百万円見込み
企業別動向:メドトロニックソファモアダネックが30%前後のシェア維持、J&Jデピューシンセス、ニューベイシブジャパン、グローバスメディカルジャパン、その他後発参入企業が追随
頸椎市場:2017年度のユニット(Instrumentationベース)では8,330ユニット、2018年度8,450ユニット見込み
椎体スペーサー・椎体間スペーサー市場:推定症例数はセラミックスを含めて2017年度49,053セット、2018年度51,604セット見込み、TiCoatingは2017年度23.8%、2018年度24.3%見込みに
市場動向:経皮的椎体形成術2017年度で4,300例(セメント売上:38百万円)、2018年度5,350例(同:49百万円)見込み、日本エム・ディ・エム、帝人ナカシマメディカルも販売開始
488
市場概要
人工靭帯市場動向:販売額ではマイナス実績も、数量ベースでは2017年度が4.0%アップの39,040本、2018年度6.1%アップの41,420本見込み、S&Nスポーツメディスン事業部が高シェア
ACLスクリュー・ステープル(靱帯固定用製品)市場動向:2017年度41,700本(ACLスクリュー・ボタン:23,600本)、2018年度42,040本(同:23,790本)見込み
501
市場概要
市場規模:2017年度は前年比1.9%アップの86億30百万円、2018年度は1.7%アップの87億74百万円見込み、吸収置換型2区分は6.5%アップの32億76百万円、2018年度は34億18百万円見込み、分野別では整形外科分野が3.4%アップの63億30百万円(2018年度:64億70百万円見込み)
企業別動向:HOYAが50%強のシェア維持、市場流通はインプラント展開企業へのOEM供給や販売提携、移管、解消等によって変化
頭蓋骨特注品市場:年間1,540ケ、2018年度1,605ケ見込み、うちセラミックスタイプは650個、2018年度600個見込み(矢野経済推計)
521
市場概要
市場規模:2017年度皮膚欠損用創傷被覆材は2.4%ダウンの65億円、2018年度は2.7%ダウンの63億27百万円見込みと市場縮小、真皮欠損用グラフトは2017年度10.9%アップの7億65百万円、2018年度はマイナス推移の7億45百万円見込み
褥瘡・糖尿病性潰瘍市場:2017年度40億89百万円、2018年度39億79百万円見込み
企業別動向:上位2社の伸び悩みが続くが、メンリッケヘルスケアは25%アップと好調
局所陰圧閉鎖処置療法(難治性創傷治療機器):2017年度38,600人、2018年度40,750人見込み、うちカートリッジタイプが9,650人、2018年度:9,500人見込み
参考:J-TEC再生医療製品2017年度13億87百万円、2018年度13億57百万円見込み
551
市場概要
市場動向:一般用は2製品で年間1,445セット、乳房用は2017年度6,310セット、2018年度6,650セット見込みと右上がりトレンド続く
557
市場概要
市場規模:HME+HMEFトータルで932.9万ケ・42億10.3百万円、HMEFが数量ベース42.9%、2018年度は975.9万ケ・43億57.3百万円見込み
564
市場概要
市場動向:コラーゲンインプラント承認品市場は、2017年度75百万円、2018年度75百万円見込み
569
市場概要
市場規模:2017年度20,462本、2018年度は21,490本見込み、経内視鏡タイプ安定した推移に
企業別動向:販売元移管や新製品上市がある中、センチュリーメディカルはNO.1シェアを維持、ゼオンメディカル新製品上市で、2018年度大幅増見込み
578
587
市場動向:2製品で市場形成の中、コスモテックが「気管用スパイラルZステント」で保険適用
592
市場概要
市場動向:音声回復用人工補装具・呼気弁付、電気式人工喉頭:電気式発声補助器具トータルで、2017年度2億94.1百万円、2018年度3億2.4百万円見込み
600
市場概要
市場動向:コロプラスト「MemoKath」も2017/3で販売中止、2018年度は市場実績がなくなる
参考資料:前立腺肥大治療装置市場について
616
市場概要
患者数:2017年末の慢性透析患者4,896人増(1.5%アップ)の334,505人、導入患者数は前年比4.1%アップの40,959人、死亡患者数は2.3%アップの32,532人
653
市場概要
市場規模:2017年度は0.8%増の170億93百万円、2018年度は微減の170億78百万円、うち人工肛門はワンピース比率のアップで138億96百万円(2018年度:138億44百万円見込み)と厳しい推移、人工膀胱は31億97百万円(同:32億34百万円見込み)
企業別動向:上位企業もワンピース比率アップの中、柔らかい装着面や体型変化に合わせた凸面製品の販促と、アクセサリーの充実に注力
672
市場概要
市場動向:2017年度1,270システム、2018年度1,365システム見込みと年率7%の伸び率、日本コクレアNo1シェア維持も、メドエルジャパンがシェア拡大
新生児聴覚障害検査(スクリーニング)装置:2017年度324台、2018年度334台見込みにとどまる
685
市場概要
市場規模:2017年度9.3%ダウンの49,000ケ(推定:16,760例、18,700箇所)、2018年度は5.1%アップの51,500ケも微減推移の可能性、塞栓コイル症例は2017年度14,250例、2018年度:14,975例見込み
企業別動向:実質2社の参入でマイナストレンドが続く中、若干のマーケットシェア変動
694
市場概要
市場規模:2017年度16,460ユニット、2018年度16,450ユニット見込み、圧可変式は14,610ユニット(2018年度:14,710ユニット見込み)、iNPH症例数は2018年度で9,000例(矢野経済推計)
企業別動向:ビー・ブラウンがシェアアップの中、No1シェアのIntegra Japanが、抗菌剤含浸シャントカテーテルで先行
707
市場概要
市場規模:2017年度は前年度のマイナス実績から1.0%アップの101,870ケ/セット、うち静脈用は1.4%アップの90,296ケ/セット、2018年度は105,295ケ/セット見込み
企業別動向:メディコン高シェア維持も、住友ベークライト、テルモが2ケタアップヒューバー針について:2017年度はSafetyタイプが56.5%
716
市場概要(止血・接着材:剤)
市場動向:2017年度は微繊維性コラーゲン、外科系接着剤、居所止血材のアップで前年比1.9%アップの197億50百万円、2018年度は前年比2.7%ダウンの192億41百万円
※掲載企業についてはYDB閲覧室までお問い合わせ下さい。

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.