ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 スマート農業の現状と将来展望 ~省力化・高品質生産を実現する農業IoT・精密農業・農業ロボットの方向性~

2018年版 スマート農業の現状と将来展望 ~省力化・高品質生産を実現する農業IoT・精密農業・農業ロボットの方向性~

国内の農業の課題は、農業従事者の減少と高齢化が挙げられる。農林水産省によれば、1995年から2017年までの間に、農業就業人口は414万人から181万人に減少し、平均年齢は59.1歳から66.7歳に上昇している。国内農業の活性化を図るために、ICTの活用による農作物の栽培条件の最適化や、高い生産技術を持つ篤農家の技術・ノウハウをデータ化し、活用可能とする技術の確立による生産性向上、生産から消費までの情報連携による消費者のニーズに対応した農作物の生産や付加価値の向上が期待されている。農業分野でのICT利用は、これまでは経営面、税務申告などの初歩的利用にとどまっていた。ここ数年は、生産工程、流通・販売行程を支援するソリューションとして広がりつつある。本調査レポートでは、現在普及し始めている農業IoT(農業クラウド(栽培支援・販売支援・経営支援)、精密農業、農業用ドローン、農業ロボットなど)の参入メーカーの現状の取組みと方向性と、農業生産法人のICT利用意向を調査することで、拡大が期待されるスマート農業市場を明らかにしました。

資料コード C60107700
定価 205,200円
(本体190,000円、消費税15,200円)
発刊日 2018年09月28日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2018年11月28日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2019年03月28日
体裁 545頁
分類 農林水産業
特定産業用機械、装置
ソフトウェア・ソリューション・ネットワーク・その他アプリケーション
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

1.【ク゛ラフ・表】回答属性
4.【表・ク゛ラフ】農業生産現場、農業経営におけるICTの普及が遅れている理由
5.【表・ク゛ラフ】農業分野においてICT普及のために必要な条件
11.【表】今後利用したい農業ICT製品
12.【表】農業ICT・精密農業についての自由意見
<農業生産法人(100法人) 個別調査票)>

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.