2018年版 出版社経営総鑑

出版界、紙パルプ業界から広告代理店、印刷企業、情報メディア、ネットビジネス、電子書籍のハードメーカーまで経営指針、企画制作、営業戦略に必読資料。

発刊日 2018年07月31日 体裁 405頁
資料コード C60108600 PDFサイズ 4.6MB
カテゴリ 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融 / マテリアル
調査資料価格 162,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFレギュラー 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  324,000円   ( 本体  300,000円   消費税  24,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  356,400円   ( 本体  330,000円   消費税  26,400円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2018/09/30~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2018/09/30~ 800円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/01/31~
(スタンダード) 2019/07/31~
電話・ウェブサイト:
2018/09/30~ 1,500円/頁
2018/10/31~ 800円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

10
【ク゛ラフ】出版市場(既存の出版市場)+電子書籍市場の市場規模予測(2016,2017年度,2018~2020年度予測)
【ク゛ラフ】出版社利益率(純利益)推移(1999~2017年)
2.展望と課題
15
【ク゛ラフ】出版社(231社)利益率推移(1999~2017年)
15
【表】出版物売上高推移(1991~2017年)
16
17
【ク゛ラフ】出版市場(既存の出版市場)+電子書籍市場の市場規模予測(2016,2017年度,2018~2020年度予測)
18
【表】出版市場予測(既存の出版市場:2016~2017年度,2018~2020年度予測)/出版総市場予測(既存の出版市場)+電子書籍市場/出版総市場予測(既存の出版市場)+電子書籍市場対前年比
19
20
【ク゛ラフ】出版社利益ランク別売上占有率
21
【表】出版社利益ランク別売上高占有率/出版社利益高占有率の推移(2016,2017年度)
22
23
【ク゛ラフ】雑誌販売部数・販売金額推移(1998~2017年)
23
24
【ク゛ラフ】出版社 分野別売上シェア(2017年度)/分野別利益シェア(2017年度)
25
【表】業績状況と分野別パターン(2017年度)
26
6.デジタル化、電子書籍の時代 出版社はどう生き残るか 集英社、新規事業Eコマースは一時踊り場、Web広告伸びる KADOKAWAは「ところざわサクラタウン」を建設へ
27
29
31
32
35
36
41
44
47
50
【表】書籍 推定販売部数/販売金額/金額返品率(2015~2018年5月)※P49【表】と同じもの/書籍・推定販売部数/販売金額/金額返品率(2015~2018年5月)
52
53
【表】トーハン・日販実績(2016/3~2018/3)/売上占有率推移(2012~2017年)
57
【表】取次業績状況
58
【表】販売ルート別推定出版物販売額(2016年度)/コンビニエンスストア出版物販売額推移(2007~2016年度)
59
60
【表】書店の売場規模別にみた営業動態表
62
【表】分類別売上高構成比(10年推移:2007~2016年)
63
【表】書店(書籍小売業)売上ランキングと収益状況(2016,2017年度)
64
69
2.広告収入はネットへのシフト顕著 海外クライアントはWeb前提、雑誌は付随的役割に
71
3.10代、20代ファッション誌が後退、付録戦略で宝島社が抜け出す コミック誌の変調強まる
72
4.創刊点数69 点過去最低。広告収入も創刊減に影響
73
74
【表】雑誌販売部数推移(1990,02~2017年)
78
83
【表】主要雑誌広告収入ランキング(160誌)
89
<各雑誌分野の攻防>
15.料理・食の雑誌
109
16.ダイエット、健康雑誌 大幅減
110
119
【表】雑誌販売部数一覧
121
1.2017年度233社合計売上高6.2%増(リクルート、ベネッセ除いた数字では、3.8%増)売上高では大手健闘、厳しい名門出版社、宝島社、幻冬舎大幅増収
131
2.情報系サービス出版、ビジネス書、情報誌不振で従来出版からの脱皮へ 宝島社、雑誌ひとり勝ちで売上高も拡大
133
3.地図出版社、昭文社、ゼンリン 情報資産の活用とマネタライズで明暗分かれる
134
4.名門出版社、地道な出版活動もジリ貧状況 マガジンハウス、「君たちはどう生きるか」250万部へ
134
136
1.売上高200億円以上18社(前回調査2社増) 1人当売上高2億円以上5社(同1社減)
138
2.利益率ランキング15%以上8社(前回調査1社減) 法規出版社、20位以内に3社、復活は本物か
140
【表】出版社売上高ランキング(2017年度)
141
【表】出版社一人当売上高ランキング
145
【表】出版社一人当利益高ランキング
148
【表】出版社利益率ランキング
150
152
【表】出版社チェックアンケート調査
155
169
172
174
186
【表】2017年主要出版社別・品種別月刊紙推定使用量/主要雑誌・コミック誌・製紙メーカー・代理店一覧
188
【表】出版社別用紙品種別状況と代理店(卸商)上位5社
189
197
<音羽グループ>講談社、2017年のデジタル関連売上高45%増 光文社、好調女性誌踊り場へ、Web連携強化急ぐ
202
207
211
216
<祥伝社>
222
<白泉社>
224
227
<マガジンハウス>
232
<新潮社>
234
<文藝春秋>
238
242
247
251
254
<NHK出版>
257
<秋田書店>
262
<双葉社>
265
<芳文社>
267
<主婦の友社>
270
<ハースト婦人画報社>
274
<主婦と生活社>
276
<岩波書店>
282
<中央公論新社>
284
<筑摩書房>
285
<みすず書房>
288
・成人・贈答用など新たなニーズを開拓
290
<童心社>
291
<ブロンズ新社>
292
<他>
294
297
<医学書院>
299
<南江堂>
301
<他>
303
304
<ぎょうせい>
305
<他>
307
【ク゛ラフ】参考:2017年に発刊した法規出版各社新刊のジャンル内訳(延べ数)
309
310
【表】教科書供給対象となる児童・生徒数の推移(1983~2017年)
311
【表】参考:2017年度、教科書1点当りの平均定価/教科書の検定・採択の周期
【ク゛ラフ】学校教科書の市場規模推移(2008~2017年)
314
【表】デジタル教科書の整備状況(2017年3月1日現在)
【表・ク゛ラフ】デジタル教科書市場規模推移(2016年度実績,2017年度見込み,2018~2022年度予測)
316
<東京書籍>
317
<光村図書出版>
318
<教育出版>
319
<他>
320
【表】発行者別教科書需要数一覧(平成29年使用,平成30年
321
322
<ダイヤモンド社>
322
326
<扶桑社>
329
332
<ゼンリン>
335
<他>
336
<宝島社>
337
340
<日本経済新聞出版社>
344
◇株式会社文藝春秋
350
◇株式会社新潮社
352
◇株式会社宝島社
354
◇株式会社双葉社
356
◇株式会社マガジンハウス
358
◇株式会社朝日新聞出版
360
◇株式会社医学書院
362
◇株式会社白泉社
364
◇株式会社秋田書店
366
◇株式会社扶桑社
368
◇株式会社中央公論新社
370
◇株式会社河出書房新社
372
◇株式会社帝国書院
374
◇株式会社芳文社
376
◇日本加除出版株式会社
378
◇株式会社筑摩書房
380
◇株式会社マキノ出版
382
◇株式会社かんき出版
384
◇株式会社主婦と生活社
386
◇成美堂出版株式会社
388
◇株式会社大創出版
390
◇株式会社みすず書房
392
◇株式会社考古堂書店
394
◇株式会社財界研究所
396
◇株式会社邦楽社
398
◇株式会社玄光社
400
◇株式会社燃焼社
402
◇株式会社あさ出版
404

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.