ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年度版 商用車テレマティクス/コネクテッドカー市場予測

2018年度版 商用車テレマティクス/コネクテッドカー市場予測

本調査レポートでは、商用車テレマティクス/コネクテッドカーと題して、デジタルタコグラフ、ドライブレコーダーなどの車載器の実態と、GPS等を活用した運行動態管理システムによって業界の効率化を支援することがビジネスチャンスととらえるベンダー等に対して調査を実施した。

発刊日 2018年10月15日 体裁 112頁
資料コード C60109000 PDFサイズ 2.2MB
カテゴリ 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス / 情報通信
調査資料価格 162,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFレギュラー 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  324,000円   ( 本体  300,000円   消費税  24,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  356,400円   ( 本体  330,000円   消費税  26,400円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2018/12/15~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2018/12/15~ 800円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/04/15~
(スタンダード) 2019/10/15~
電話・ウェブサイト:
2018/12/15~ 1,500円/頁
2019/01/15~ 800円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

11
【表・ク゛ラフ】商用車テレマティクス/コネクテッド全体市場予測(2014~2017年度、2018年度見込み、2019~2023年度予測)
2.企業動向
3.展望と課題
17
【図】自動車のテレマティクス・コネクテッドサービス
19
【図】Connected Car社会への期待
20
【表】車載機の品目
20
22
【表】商用車向け新製品・サービス
1.5.トラックにおける車両情報の利用状況
24
26
【表】国土交通省デジタルタコグラフ認定機器一覧
26
【表】国土交通省ドライブレコーダー認定機器一覧
28
【表】国土交通省デジタコ+ドラレコ認定機器一覧
30
32
【ク゛ラフ】モード別交通事故数の推移(2012~2016年)
32
【ク゛ラフ】モード別交通事故死者数の推移(2012~2016年)/事業の種類別の重大事故発生件数(2016年)
33
【ク゛ラフ】事業の種類別の死者数(2016年)
34
36
【表】貨物自動車保有車両数推移(2012~2016年度)
36
【ク゛ラフ】営業用トラック(緑ナンバー)車両数の推移(2012~2016年度)/自家用トラック(白ナンバー)車両数の推移(2012~2016年度)
37
【表】事業用バスの車両数、輸送人員及び走行キロ(2000~2016年度)
39
【ク゛ラフ】事業用バスの車両数推移(2012~2016年度)
40
【表】タクシーの車両数、事業者数(2012~2016年度)/【ク゛ラフ】タクシーの車両数推移(2012~2016年度)
41
1.9.車載機の商用車(緑ナンバー)向けと乗用車(白ナンバー)向けとの違い
43
47
【表】商用車の運行に関わる情報
49
【表】デジタコによって取得される情報
51
【表】欧州FMSスタンダード3.0において取得できる車両情報
52
【表】欧州rFMSスタンダードにおいて取得できる車両情報取得項目
55
59
【ク゛ラフ】宅配貨物の取扱個数推移(2007~2016年)
3.2.タコグラフ装着義務
61
3.3.ドライブレコーダー装着義務化に対する動き
61
3.4.貨客混載への動き
61
62
(1)政府主導の法的要因
(2)安全運転への関心の高まり
(3)IoT、ビッグデータ、クラウド
(4)宅配・小口配送の増加
(5)労務管理の厳格化、適正化
(6)ドライバーにとってもメリットとなるシステム
64
(1)荷主の要請による情報活用
(2)新たな宅配サービス
(3)商用車ドライバーのスマホ利用
(4)白ナンバー車両における運行動態管理の需要
(5)車載器の新たな役割
(6)自動運転時代の車載器
(7)自動運転トラックでのドライバーの役割
4.3.ハードウェアからソリューションに変貌しつつあるビジネスモデル
67
4.4.トラックに標準搭載されるテレマティクス機器
67
5.1.タコグラフ搭載義務化拡大
68
68
【表】次世代運行記録計の概念
70
【表・ク゛ラフ】軽自動車の保有台数推移(2012~2017年度)
71
【表・ク゛ラフ】貨物軽自動車運送事業者数、車両数推移(2013~2016年度)
72
75
【表・ク゛ラフ】デジタコ市場規模推移メーカー別出荷台数(2014~2018年度)
75
【ク゛ラフ】デジタコメーカーシェア(2017年度)
76
77
【表・ク゛ラフ】ドライブレコーダーのメーカー別出荷台数推移(2014~2018年度)
77
【ク゛ラフ】ドライブレコーダーのシェア(2017年度)
78
79
【表】運行動態管理の企業別導入台数(2016~2018年)
81
【表・ク゛ラフ】商用車テレマティクス/コネクテッド全体市場予測(2014~2017年度、2018年度見込み、2019~2023年度予測)
83
1.会社概要
2.運行動態管理/デジタコ/ドラレコ
3.製品・サービスの概要
4.商用車テレマティクス・コネクテッドシステムの市場動向
5.ターゲット顧客・販売戦略
6.商用車向けテレマティクス/コネクテッドの将来展望
8.1.株式会社Hacobu
87
8.2.UDトラックス株式会社
90
8.3.いすゞ自動車株式会社
92
8.4.株式会社データ・テック
95
8.5.株式会社トランストロン
98
8.6.株式会社ナビタイムジャパン
101
8.7.株式会社パスコ
104
8.8.三菱ふそうトラック・バス株式会社
107
8.9.矢崎総業株式会社
110

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.