ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018 生命保険会社におけるInsurTech市場の実態と展望

2018 生命保険会社におけるInsurTech市場の実態と展望

米国や欧州を中心にInsurTech(Insurance Technology)が盛り上がりをみせる中、日本でも政府を中心に『保健医療2035』やデータヘルス計画の立上げなど積極的な動きが目立っている。 そうした中、健康増進型保険に留まらず、2018年7月に住友生命が発売した話題の“住友生命「Vitality」”をはじめ、幾つかの生命保険会社が保険を軸としたエコシステムの構築に加え、アクサ生命などをはじめとした疾病管理プログラムの提供にも進展がみられるなど、前回調査と比べて取組みが活発化し始めている。 また、スタートアップについても、2018年7月にjustInCaseが少額短期保険の免許を取得するなど、変革の兆しがみられるほか、名古屋大学発ベンチャーのPREVENT社が提供する「重症化予防プログラム」をアクサ生命が採用するなど、InsurTechスタートアップの動きも目立ってきている。 本調査レポートでは、前回レポートと同様にInsurTechを取り巻くプレーヤーである、生命保険会社や少額短期保険会社の取組み状況、スタートアップを含むITベンダー各社の動向に加え、今回は新たに自治体(神奈川県、長野県松本市)や周辺事業者も取材。同市場を網羅的に把握、今後の方向性を展望することを目的とした。

資料コード C60109400
定価 194,400円
(本体180,000円、消費税14,400円)
発刊日 2018年07月31日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2018年09月30日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2019年01月31日
体裁 321頁
分類 金融・保険
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

1.市場概況
2.健康増進型保険と疾病管理プログラムの動向と今後の方向性
1.生命保険会社におけるInsurTechとは

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.