ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 リテールソリューション市場の実態と将来展望

2018年版 リテールソリューション市場の実態と将来展望

リテールソリューション市場は大きな変革期にある。政府は2020年に向け、クレジットカードの100%IC化を目指し、対策を進めている。また、キャッシュレス化が推進される中、多様な決済手段が登場、事業者は対応に追われている。他にも、2020年の東京オリンピックやインバウンドの急増、消費税率の引上げ等、対応課題は目白押しである。 一方、中堅以下の市場では、新たにタブレットを活用したPOSシステム市場が構築されつつあるが、当該市場では従来とは異なる事業モデルを構築している無料のシステムが市場を席巻しており、競争環境は更に激しくなっている。 また、近年急速に注目を集めているのが、無人店舗への流れである。Amazon GOのようなレジなし店舗は本当に普及するのか、その際の技術課題などについても言及する。 店舗を取り巻くICT化の現状をレポートする定番資料となっている。

資料コード C60109900
定価 205,200円
(本体190,000円、消費税15,200円)
発刊日 2018年08月17日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2018年10月17日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2019年02月17日
体裁 301頁
分類 事務用・サービス用・民生用機械器具
コンピュータ・同周辺機器/用品
ソフトウェア・ソリューション・ネットワーク・その他アプリケーション
小売
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

1.外部環境
3.進む店舗のICT化の動向
4.総括
1.市場概況
2.【表・ク゛ラフ】市場規模推移(2014~2017年度、2018年度見込)
3.【ク゛ラフ】メーカーシェア(2015~2017年度:台数ベース/金額ベース)
1.市場概況
2.主な参入企業
4.ターゲットユーザー
1.画像解析による店内マーケティング
2.屋内位置情報の活用
3.セキュリティ対策
4.ロボティクス技術
5.IoTの応用
1.POSシステム関連
2.ロボット関連
3.決済関連
4.その他
■株式会社ヴィンクス
■NECプラットフォームズ株式会社
■サインポスト株式会社
■シャープマーケティングジャパン株式会社
■株式会社スマレジ
■株式会社寺岡精工
■東芝テック株式会社
■日本電気株式会社
■パナソニック スマートファクトリー ソリューションズ株式会社
■株式会社ビジコム
■富士通株式会社
■株式会社ブレイン
■株式会社USEN
■株式会社リクルートライフスタイル

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.