ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 植物工場の市場実態と将来展望

2018年版 植物工場の市場実態と将来展望

高齢化・後継者不足による農業人口の減少は、国内農業の喫緊の課題のひとつである。従来の保護政策を中心とした農政から、農地法の改正をはじめとした参入規制緩和、減反政策の廃止など、強い農業・儲かる魅力ある農業への転換が推し進められている。こうした攻めの農林水産業を実現するため、大規模経営での省力・低コスト生産体系の確立、民間の技術力やICT・ロボット・センサー技術、IOTなどの先端技術の活用により、従来の限界を打破する生産体系へ変わりつつある。 こうした中、完全人工光型植物工場のプラントメーカーでは、施設の気温・湿度・CO2濃度、光合成速度・養分吸収速度などを可視化・制御する複合環境制御システムが提供され、植物の健全な成長と収量予測により収益性が高められている。また、自動化システムにより、大幅に労力を軽減する取組みがみられる。 かつて、多くの農業ベンチャーが参入したが、採算に合うビジネスモデルが構築できずに倒産が相次いだ。しかし、現在は、省エネルギーを実現するLED の低価格化が進み採算が改善した。また、異常気象により露地野菜の調達相場が乱高下していることも植物工場野菜の需要増に影響しているとみられ、あらためて世の中の注目を集めていると考えられる。 本調査レポートでは、有力植物工場事業者・プラントメーカー・関連企業の状況を調査分析することで、市場機会や競合環境を明らかにし、今後の市場性を展望することを目的とする。

発刊日 2018年09月07日 体裁 249頁
資料コード C60110800 PDFサイズ 9.3MB
カテゴリ 食品、アグリ、バイオ
調査資料価格 205,200円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  205,200円   ( 本体  190,000円   消費税  15,200円  )
PDFレギュラー 定価  205,200円   ( 本体  190,000円   消費税  15,200円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  237,600円   ( 本体  220,000円   消費税  17,600円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  410,400円   ( 本体  380,000円   消費税  30,400円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  442,800円   ( 本体  410,000円   消費税  32,800円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2018/11/07~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2018/11/07~ 900円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/03/07~
(スタンダード) 2019/09/07~
電話・ウェブサイト:
2018/11/07~ 1,500円/頁
2018/12/07~ 900円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

1.植物工場の社会的ニーズの深耕
11
2.食糧問題を解決する日本の技術・植物工場事業化の方向性
11
37
(1)植物工場事業者の主な海外展開動向
38
(2)植物工場関連資材メーカーの主な海外展開動向
38
40
1.植物工場運営事業への参入経緯
47
2.栽培概要
52
3.栽培施設
57
4.各種助成制度の利用状況
67
5.省エネ・省コスト化へ向けた取組み
68
6.流通・販売体制
72
7.課題・問題点
78
8.需要分野
82
9.事業戦略
85
89
【表】完全人工光型植物工場
90
1.主要取扱商品
97
2.商品政策/開発の方向性
110
3.販売動向
114
4.需要分野
118
5.流通フロー・販売ルート
120
6.関連資材の標準化動向
122
7.課題・問題点
123
8.事業戦略
126
9.市場見通し
130
10.その他、参入事業者事例
133
134
<植物工場運営事業者>
※企業によって掲載内容が異なります
□アグリト~美野菜の探求、美浜から全国へ高品質野菜の安定供給体制を構築~
147
□伊東電機~搬送で培った技術を活かし、全自動地下植物工場を事業化~
151
□伊東屋~自らが管理し育てた安全安心な新鮮野菜が働く人の健康をサポート~
157
□MGCファーミックス~野菜生産を軸にさらなる医・食分野の事業展開へ~
164
□木田屋商店~生産効率とコストパフォーマンスを追求した完全人工光型植物工場による安心で安全な野菜の安定供給~
167
□近鉄不動産~近鉄ふぁーむ花吉野での植物工場による事業領域の拡大と鉄道沿線地域の活性化~
173
□スプレッド(トレードグループ)~営業・デザイナーによる売場の活性化、植物工場野菜の売上拡大へ~
178
□日本アドバンストアグリ~植物工場による機能性作物と天然機能性素材生産というライフサイエンス事業への進化~
183
□バイテックベジタブルファクトリー~東京オリンピックに向け世界標準を満たす安全野菜を安定供給~
188
□菱熱工業(ビタミンファーム)~食品の安全担保は前提条件、消費者の不快感・風評までを考慮した安心が必須に~
193
□両備ホールディングス~水耕栽培育ちの高品質な植物工場産野菜新ブランド「オルトラーノ」の立ち上げと普及推進~
199
<プラントメーカー・関連企業>
※企業によって掲載内容が異なります
□アグリウエーブ~安全・安心な食材のため、先進的植物工場の開発に取り組む~
205
□朝日工業社~人工光型植物工場のプラントメーカーとして業界をリード~
210
□ウシオ電機~グローバル展開がメインも、国内ニーズが高まる機運も~
216
□昭和電工~高速栽培法「SHIGYO法(S法)」は普及期に入り、将来的には100~150億円の事業規模に~
219
□シンフォニアテクノロジー~最適制御で安定した栽培可能、季節、天候に左右されない植物工場システムの推進~
222
□大気社~不可能とされた結球レタスの安定量産や業務用市場にも対応~
227
□大成建設~クライアントの黒字化を実現するため、システムの高効率・低コスト化を追求~
233
□デルフィージャパン~政府・有力企業による技術集約、新たな輸出商材の足掛かりに~
238
□東洋紡エンジニアリング~企画・設計・施工のみならず、販売先までのサポートを含めたワンストップでの植物工場構築を提案~
240
□パナソニック~人工光型植物工場の世界的普及への足がかり~
244
□三菱ケミカル~国内は中食や外食需要が高まる、海外は中国に普及拡大の兆し~
247

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.