ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 総合デベロッパーの戦略と市場展望

2018年版 総合デベロッパーの戦略と市場展望

本調査レポートでは不動産開発業を担う主要デベロッパーの事業展開及び方向性や建設・不動産市場のトレンドを中心とした調査・分析を実施し、様々な角度から関連業界の構造変化や中期的な展望及び各社の事業戦略等についてまとめました。

発刊日 2018年09月27日 体裁 328頁
資料コード C60111700 PDFサイズ 3.1MB
カテゴリ 建設、住宅、不動産、建材、住宅設備機器 / 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融
調査資料価格 129,600円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  129,600円   ( 本体  120,000円   消費税  9,600円  )
PDFレギュラー 定価  129,600円   ( 本体  120,000円   消費税  9,600円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  259,200円   ( 本体  240,000円   消費税  19,200円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  291,600円   ( 本体  270,000円   消費税  21,600円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2018/11/27~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2018/11/27~ 700円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/03/27~
(スタンダード) 2019/09/27~
電話・ウェブサイト:
2018/11/27~ 1,200円/頁
2018/12/27~ 700円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

12
【ク゛ラフ】不動産業の市場規模推移(2005~2017年度,2018年度見込)
【表】不動産大手5社の業績動向
3.展望と課題
17
【表】近年の主な民間都市開発プロジェクト
18
~インバウンド需要への取り組み~
19
・人口減少による不動産市場への影響
20
21
【表】事業を取り巻く環境についての側面とキーワード
22
23
~ライフスタイル・価値観の変化~
24
・総合デベロッパーの事業戦略
25
26
【表】売上高(連結:2013~2017年度,2018年度予測)/売上総利益(連結:2013~2017年度)
26
【表】営業利益(連結:2013~2017年度,2018年度予測)/経常利益(連結:2013~2017年度,2018年度予測))/当期純利益(連結:2013~2017年度,2018年度予測)
27
・不動産市場の課題
28
①オフィスビル
29
②商業施設
29
③物流施設
30
④マンション
31
・不動産業界の展望
32
1)官民一体でインフラ輸出強化
35
2)都市農地の貸借の円滑化に関する法律案が成立
36
3)改正宅地建物取引業法の施行
37
4)国・自治体の不動産情報が統合
38
5)目立つ土地の低利用・未利用化
39
40
43
8)「コンセッション」事業への参入動向
45
(1)不動産市場の動向
46
47
(3)ストック資産の更新
48
49
(1)海外の不動産需要
51
52
(3)中国での不動産関連ビジネス
54
(4)シンガポール・香港の不動産市場
55
(5)マレーシアの不動産市場
56
(6)インドネシアの不動産市場
57
(7)フィリピンの不動産市場
58
(1)建設業界の市場動向
59
60
(3)建設キャリアアップシステムの導入
62
63
(5)建設業界の課題と方向性
65
66
【表・ク゛ラフ】地価水準の推移(1986~2017年)
66
【表】用途別土地面積(全国/関東臨海/近畿:2006~2016年度)
67
【表】圏域別・用途別対前年変動率(2017,2018年)/地方別・用途別対前年変動率(2017,2018年)
68
【表】都道府県別・用途別対前年変動率(2017,2018年)
69
~全国に広がる地価上昇の波~
70
71
~住宅市場の展望~
72
75
77
80
【表】系列による不動産会社の分類
【表】主なデベロッパーの業績と見通し
81
82
89
91
(1)成長する不動産テック企業
95
(2)民泊ビジネスへの参入
96
(3)百貨店の不動産開発
97
(4)植物工場への異業種参入
98
(5)実店舗運営に力を入れるネット通販企業
99
100
(2)ゼネコンの事業戦略
102
103
105
(5)フランス最大手ゼネコン「バンシ」の事業戦略
107
108
~住宅会社にのみ込まれるゼネコン~
109
113
115
116
117
(2)大手建設・不動産会社の動向
119
122
123
124
126
127
【表】Aクラスビル(オフィスビル)の期待利回り(東京都,主な政令指定都市)/賃貸住宅1棟(ワンルームタイプ)の期待利回り(東京都,主な政令指定都市)
128
【表】海外政府系ファンドの購入状況
~活発化する外資系の不動産投資~
129
6.世界の不動産投資動向
130
7.不動産投資市場の見通し
131
(1)オフィスビルの市場動向
135
136
139
(5)注目される「WELL認証」のオフィスビル
141
142
145
(9)オフィスビル市場の方向性
149
(1)商業施設の市場動向
150
151
(3)加速する郊外型店舗の淘汰
154
(4)工場跡地における商業施設の開発
155
(5)外食店舗の出店計画
156
(6)商業施設の再生
157
158
160
162
164
(3)物流業界のAI活用
167
168
170
173
175
(8)物流施設市場の方向性
176
177
179
181
(4)オフィスビルを転用したホテル開発
182
183
184
186
(8)ホテル市場の方向性
188
189
(2)期待される木造高層マンション
192
193
196
(5)住宅REITの動向
201
202
(7)デベロッパーの事業戦略
204
(8)賃貸住宅市場の方向性
205
209
211
213
215
217
(3)コンパクトシティ構想
220
222
225
229
233
238
240
246
252
257
260
261
263
265
267
(5)住宅系デベロッパーの事業戦略
270
(6)シニア向け分譲マンションへの参入
271
272
274
(2)海外住宅事業が活発化
276
(3)台湾での商業開発
277
4.今後の方向性
278
①三井不動産株式会社
281
②三菱地所株式会社
285
③住友不動産株式会社
289
④野村不動産ホールディングス株式会社
293
⑤東急不動産ホールディングス株式会社
297
⑥ヒューリック株式会社
301
⑦東京建物株式会社
305
⑧森ビル株式会社
309
⑧森トラスト株式会社
313
⑩NTT都市開発株式会社
317
⑪新日鉄興和不動産株式会社
321
⑫平和不動産株式会社
325

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.