ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 癌治療の現状と展望

2018年版 癌治療の現状と展望

日本人の死亡原因第1位は、1981年以降、悪性腫瘍、いわゆる「がん」となっている。年間30万人以上の人ががんで亡くなっており、そして年間70万人以上の人が新たにがんになっている状況である。さらに、今後日本は高齢化が進むにつれて、がん患者の人数はますます増えていくことが予測されている。こうした中、メディカル領域では、がんの克服を目的とした様々な研究が行われている。治療分野では、従来の化学療法に代わり、がんの増殖や転移に必要な分子を特異的に抑制する分子標的薬が中心となりつつある。またこうした薬剤の奏効性の確認や、がんの再発リスクを判断するためのがん関連遺伝子検査も普及を続けている。あわせて、関連した基礎研究も、大学や国家研究機関を中心に盛んに行われている状況である。市場も、単に治療だけではなく、QOL向上、疾患の予防といったキーワードから、疾患のトータルサポートが重要となっている。 このような状況の下、今後需要の高まる「がん治療関連市場」に焦点を当て、がん研究用試薬、がん関連遺伝子検査、がん治療薬市場について、全体、分野別それぞれの市場規模とメーカーシェア、ユーザーニーズへの対応などについて調査・分析を行った。さらに、参入企業の事業展開、今後の方向性などについて総合的、多角的に捉え、2021年の市場を展望。マーケットの可能性を提示した。

資料コード C60112600
定価 162,000円
(本体150,000円、消費税12,000円)
発刊日 2018年09月27日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2018年11月27日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2019年03月27日
体裁 162頁
分類 ヘルスケア・医療・保健・介護
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

1.市場動向
2.展望と課題
3.市場別シェアマップ

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.