ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018-2019年版 ユーザーインターフェースデバイス市場の現状と将来展望

2018-2019年版 ユーザーインターフェースデバイス市場の現状と将来展望

スマートフォンやタブレットPCなどのモバイル機器の高機能・高性能化に伴い、これらを操作するユーザーインターフェース(UI)が多様化しています。特に、直感的な入力操作が可能なUIとしてタッチパネル(TP)の搭載が標準化しているなか、TP以外に指紋・虹彩・顔・音声などの生体認識技術を用いた次世代UIデバイスの採用も進んでおり、関連UI技術や主要デバイスについて注目度が高まっています。 今回の調査では、スマートフォンなどのモバイル機器向けに注目される新しい入力UI技術とその入力方式、デバイス構成などに加え、各種センサー、モジュール品などの主要デバイスを取り上げ、開発動向及び今後の将来展望や市場規模の予測など、参入メーカーの事業戦略及び今後の展望についてまとめました。

資料コード C60113300
定価 194,400円
(本体180,000円、消費税14,400円)
発刊日 2018年10月29日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2018年12月29日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2019年04月29日
体裁 134頁
分類 海外情報掲載
半導体・IC
電気・電子部品、部分品
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

2.展望と課題

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.