2018年版 POCT市場の展望

POCTとはpoint of care testingの略で、「診療・看護などの医療現場での臨床検査」のこと。和名では『臨床現場即時検査』とされる。POCTは注目度こそ高いものの、概念的要素が強く市場実態などはあまり明確になっていない。弊社では、主要34社の関連製品の売上規模(国内向け)を個別に調査しPOCT市場規模把握の基礎とした。とくに対象を9製品群に大別、それぞれの市場規模、メーカーシェアなどを推定し、参入企業動向、今後の当該ビジネスの方向性などについて分析した。

資料コード C60114200
定価 140,400円
(本体130,000円、消費税10,400円)
発刊日 2018年09月28日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2018年11月28日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2019年03月28日
体裁 182頁
分類 医薬品・化学薬品
ヘルスケア・医療・保健・介護
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

3.展望と課題
★P14文章の続き
・2019年頃POCT遺伝子検査が立ち上がる機運
・臨床検査センターとPOCT企業との接点などに着目
【表】対象34社のPOCT事業概要
[企業調査個表]
(1)アークレイ(株)
(2)アイ・エル・ジャパン(株)
(3)アボットジャパン(株)
(4)アリーアメディカル(株)
(5)アルフレッサファーマ(株)
(6)栄研化学(株)
(7)(株)LSIメディエンス
(8)協和メデックス(株)
(9)サーモフィッシャーダイアグノスティックス(株)
(10)(株)三和化学研究所
(11)シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス(株)
(12)シスメックス(株)
(13)積水メディカル(株)
(14)(株)タウンズ
(15)DSファーマバイオメディカル(株)
(16)(株)テクノメディカ
(17)テルモ(株)
(18)デンカ生研(株)
(19)東洋紡(株)
(20)(株)ニチレイバイオサイエンス
(21)ニプロ(株)
(22)日本光電工業(株)
(23)日本ベクトン・ディッキンソン(株)
(24)ノバ・バイオメディカル(株)
(25)ビオメリュー・ジャパン(株)
(26)富士フイルムメディカル(株)
(27)富士フイルム和光純薬(株)
(28)富士レビオ(株)
(29)平和物産(株)
(30)(株)堀場製作所
(31)(株)ミズホメディー
(32)ラジオメーター(株)
(33)ロート製薬(株)
(34)ロシュ・ダイアグノスティックス(株)
【表】分野別、企業別の主要POCT機器
【表】2007年~2018年に発売された主な臨床検査関連の装置(POCT分野)
【画像】POCT製品の画像例
【表】主な検体測定室

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.