ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 バイオプラスチックの市場動向と需要実態

2018年版 バイオプラスチックの市場動向と需要実態

国内バイオプラスチック市場は、米国シェール革命を機とする原油価格の急激な下落を要因に2014年秋以降は新規採用にブレーキが掛かるなど、勢いを欠いた状況にある。 ただ一方で、昨今の原油価格上昇に伴い、市場環境が上向いていること、また温室効果ガス削減に向けた国際機運の高まりや法規制を背景に、グローバル市場は本格的な成長期に入っていること、これらに加え、最近では海洋汚染対策(マイクロプラスチック問題)の切り札として生分解性プラスチックが再注目されていることといった市場拡大に向けたプラス要素も多く出てきている。 こうした状況を踏まえ、本調査レポートでは、特にエンドユーザーへの調査に重点を置き、利用状況やバイオプラスチックへの関心度などを把握することで、バイオプラスチックの需要実態や市場性を明らかにした。

資料コード C60114300
定価 162,000円
(本体150,000円、消費税12,000円)
発刊日 2018年09月27日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2018年11月27日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2019年03月27日
体裁 379頁
分類 プラスチック・樹脂
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

【表】素材別グリーンプラマーク取得製品一覧
【表】バイオマスプラマーク取得製品一覧
■エンドユーザーの需要動向

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.