ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 バイオプラスチックの市場動向と需要実態

2018年版 バイオプラスチックの市場動向と需要実態

国内バイオプラスチック市場は、米国シェール革命を機とする原油価格の急激な下落を要因に2014年秋以降は新規採用にブレーキが掛かるなど、勢いを欠いた状況にある。 ただ一方で、昨今の原油価格上昇に伴い、市場環境が上向いていること、また温室効果ガス削減に向けた国際機運の高まりや法規制を背景に、グローバル市場は本格的な成長期に入っていること、これらに加え、最近では海洋汚染対策(マイクロプラスチック問題)の切り札として生分解性プラスチックが再注目されていることといった市場拡大に向けたプラス要素も多く出てきている。 こうした状況を踏まえ、本調査レポートでは、特にエンドユーザーへの調査に重点を置き、利用状況やバイオプラスチックへの関心度などを把握することで、バイオプラスチックの需要実態や市場性を明らかにした。

発刊日 2018年09月27日 体裁 379頁
資料コード C60114300 PDFサイズ 6.2MB
カテゴリ マテリアル
調査資料価格 162,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFレギュラー 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  324,000円   ( 本体  300,000円   消費税  24,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  356,400円   ( 本体  330,000円   消費税  26,400円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2018/11/27~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2018/11/27~ 800円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/03/27~
(スタンダード) 2019/09/27~
電話・ウェブサイト:
2018/11/27~ 1,500円/頁
2018/12/27~ 800円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

9
【ク゛ラフ】バイオプラスチックの国内市場規模推移(2007~2017年,2018年見込み)
【表】主要樹脂別の国内市場規模推移(2009~2017年,2018年見込み)
13
13
19
21
23
・プラスチックによる海洋汚染問題に、生分解性プラスチックは貢献できるのか
28
31
34
★P34文章の続き
36
38
★P39文章の続き
41
45
55
62
71
79
86
93
97
102
106
・衣料分野に続き、自動車分野でもバイオPET繊維の採用始まる
111
117
121
・エンプラ領域へ植物原料由来の樹脂を投入、高機能で差別化目指す
125
【表】素材別グリーンプラマーク取得製品一覧
130
【表】バイオマスプラマーク取得製品一覧
136
145
147
149
151
153
■エンドユーザーの需要動向
157
160
・イオン
161
・ローソン
162
・ユニー
163
・ファミリーマート/サークルKサンクス
163
・イトーヨーカ堂
163
・セブン・イレブン
164
・オリエンタルランド
164
・全国農業協同組合連合会(JA全農)
164
・コカ・コーラ
173
・味の素
174
・J-オイルミルズ
175
・キッコーマン
175
・日清食品
175
・アシックス
179
・管公学生服
179
・ミズノ
180
・資生堂
184
・花王
185
・ちふれ化粧品
186
・コーセー
187
・第一三共ヘルスケア
187
・武田薬品工業
187
・イケア・ジャパン
188
・マツダ
204
・スズキ
206
・トヨタ自動車
207
・三菱自動車
209
・本田技研工業
210
・日産自動車
210
~高コスト、社会的関心の低さが障壁もバイオプラスチックへの関心度は2年前より高まる~
215
①バイオプラスチックの採用状況について
215
②購入価格に対する意識について
222
③採用に関しての植物度の条件について
223
④各種バイオプラスチックに対する関心度について
224
⑤東京オリンピック・パラリンピック関連製品への採用の可能性について
227
⑥2年前と比較したときのバイオプラスチックに対する関心度について
227
⑦マイクロプラスチック問題について
228
【参考】
230

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.