ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018~2019年版 カーボンナノチューブ市場の現状と将来展望

2018~2019年版 カーボンナノチューブ市場の現状と将来展望

本調査レポートでは、カーボンナノチューブ(CNT)およびCNTユーザーの事業展開・研究開発動向と今後の事業施策を徹底調査するとともに、今後のCNT市場の成長性を予測した。

発刊日 2018年12月28日 体裁 137頁
資料コード C60114500 PDFサイズ 8.5MB
カテゴリ マテリアル
調査資料価格 194,400円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFレギュラー 定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  226,800円   ( 本体  210,000円   消費税  16,800円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  388,800円   ( 本体  360,000円   消費税  28,800円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  421,200円   ( 本体  390,000円   消費税  31,200円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/02/28~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/02/28~ 900円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/06/28~
(スタンダード) 2019/12/28~
電話・ウェブサイト:
2019/02/28~ 1,500円/頁
2019/03/28~ 900円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

13
【表】CNT世界市場規模推移(重量/金額:2017年,2018年見込み,2019~2023年予測)
【表】多層CNT用途別世界市場規模推移(重量:2016,2017年,2018年見込み,2019年予想)
2.企業動向
3.展望と課題
19
【表・ク゛ラフ】CNT世界市場規模推移(重量:2017年,2018年見込み,2019~2023年予測)
20
【表・ク゛ラフ】CNT世界市場規模推移(金額:2017年,2018年見込み,2019~2023年予測)
21
・決め手を欠くスペシャリティ領域の追求 コモディティ戦略こそが市場拡大の起爆剤
22
27
29
・非イオン性分散剤を用いたELF法など、単層CNTの分離技術が進歩する
34
①透明電極
36
②電気二重層キャパシタ電極
36
④LiB導電助剤
39
⑤不揮発メモリ
39
⑥電界効果トランジスタ
40
43
45
48
51
【表・ク゛ラフ】多層CNT 用途別世界市場規模推移(重量:2016,2017年,2018年見込み,2019年予想)
51
【表・ク゛ラフ】多層CNT 用途別世界市場規模推移(金額:2016,2017年,2018年見込み,2019年予想)
52
52
60
◆OCSiAl Group
65
・塗料・コーティング分野ではESD床材向けの需要が好調
67
・レーシングカーや農機・建機のタイヤ向けに実績化が進む
68
・ガラス瓶、コンクリートなどCNTの新規用途開発にも積極的に取り組む
70
◆日本ゼオン株式会社
・単層CNTの生産コスト削減に向け新合成方法・プラントの開発を進める
71
・開発したシート系熱界面材料(TIM)をパワー半導体向けに展開 簡易電源など身近な家電から、人工筋肉などの高度技術まで多様な出口を探る
72
◆株式会社名城ナノカーボン
74
76
◆NanoSolution Co., Ltd.
78
・独自のCNT分散技術で機能性コート剤をカスタム制作
79
◆KH Chemicals Co., Ltd.
81
・帯電防止用途は順調に販売拡大、海外を中心にバッテリー向けも開発を進行中
82
◆楠本化成株式会社
84
◆Cnano Technology Limited
87
88
◆Shenzhen SUSN Nanotech New Materials Co.,Ltd.
89
90
◆Shandong Dazhan Nano Materials Co., Ltd.
91
92
◆Chengdu Organic Chemicals Co., Ltd. / Timesnano
93
◆昭和電工株式会社
・車載用LiB向けの旺盛な需要を受け、2018年に「VGCF®-H」の生産能力を増強 中国では100%出資の販売会社を設立
95
・正極向けの需要が順調に拡大し、出荷量の50%を超える 負極向けはシリコン系のポテンシャルに注目
96
◆アルケマ株式会社
98
◆Kumho Petrochemical Co., Ltd. (錦湖石油化学株式会社)
101
◆大陽日酸株式会社
104
106
◆浜松カーボニクス株式会社
108
◆Korea Electrotechnology Research Institute (KERI)
110
◆トーヨーカラー株式会社
113
・導電特性を活かしたコンパウンド、インキ・分散体に加え、LiB用CB/CNT分散液の提案を強化
115
◆ニッタ株式会社
・独自のCNT分散技術・CNT/CF複合化技術「Namd」を展開 スポーツ分野を中心に製品への採用が拡大傾向
116
◆TPR株式会社
・2018年5月からパイロットプラントを稼動、既存事業との融合による事業化を目指す
119
・ゴム・樹脂との複合化技術の開発により、高機能材料としての可能性を探る
120
◆KJ特殊紙株式会社
121
・無機繊維紙「コーセラン®」+CNTの面状発熱体で高温耐熱のニーズに対応
122
◆日本ケミコン株式会社
・長尺CNTを用いたハイスペックな電極の生産技術を確立
124
・小型EDLC向けに加え生体電極など新たな用途展開を探る
125
◆株式会社マルアイ
127
◆大塚テクノ株式会社
・HDDヘッド搬送トレーの需要は底堅いも、CNTの使用量は減少傾向
130
◆ヤマハ株式会社
・無線/有線の評価キットを揃え、共同開発の間口を広げる
132
・クレッセント社と共同開発したデータグローブは着実に販売実績を伸ばす
133
◆新興化成株式会社
135

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.