ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018~2019年版 カーボンナノチューブ市場の現状と将来展望

2018~2019年版 カーボンナノチューブ市場の現状と将来展望

本調査レポートでは、カーボンナノチューブ(CNT)およびCNTユーザーの事業展開・研究開発動向と今後の事業施策を徹底調査するとともに、今後のCNT市場の成長性を予測した。

資料コード C60114500
定価 194,400円
(本体180,000円、消費税14,400円)
発刊日 2018年12月28日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2019年02月28日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2019年06月28日
体裁 137頁
分類 海外情報掲載
窯業・土石
その他の化学品
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面
  • この資料は 2019年02月28日 より閲覧・コピーサービスがご利用できます。(YDB会員対象)

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

2.企業動向
3.展望と課題
・決め手を欠くスペシャリティ領域の追求 コモディティ戦略こそが市場拡大の起爆剤
◆OCSiAl Group
◆日本ゼオン株式会社
◆株式会社名城ナノカーボン
◆NanoSolution Co., Ltd.
◆KH Chemicals Co., Ltd.
◆楠本化成株式会社
◆Cnano Technology Limited
◆Shenzhen SUSN Nanotech New Materials Co.,Ltd.
◆Shandong Dazhan Nano Materials Co., Ltd.
◆Chengdu Organic Chemicals Co., Ltd. / Timesnano
◆昭和電工株式会社
◆アルケマ株式会社
◆Kumho Petrochemical Co., Ltd. (錦湖石油化学株式会社)
◆大陽日酸株式会社
◆浜松カーボニクス株式会社
◆Korea Electrotechnology Research Institute (KERI)
◆トーヨーカラー株式会社
◆ニッタ株式会社
◆TPR株式会社
◆KJ特殊紙株式会社
◆日本ケミコン株式会社
◆株式会社マルアイ
◆大塚テクノ株式会社
◆ヤマハ株式会社
◆新興化成株式会社

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.