ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 レーザー照明市場の現状と展望

2018年版 レーザー照明市場の現状と展望

照明に使用される可視光半導体レーザー、アプリケーション(ヘッドライト、プロジェクター、テレビ、家庭用照明、業務用照明、HUD、HMD、その他)、周辺部材に関する組織の現在と今後の動向を調査し、レーザー照明市場の現状と将来展望を把握することを目的とする。

発刊日 2019年02月14日 体裁 106頁
資料コード C60114600 PDFサイズ 5.3MB
カテゴリ 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス
調査資料価格 162,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFレギュラー 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  324,000円   ( 本体  300,000円   消費税  24,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  356,400円   ( 本体  330,000円   消費税  26,400円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/04/14~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/04/14~ 800円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/08/14~
(スタンダード) 2020/02/14~
電話・ウェブサイト:
2019/04/14~ 1,500円/頁
2019/05/14~ 800円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

11
1.市場動向
2.レーザー照明市場関連プレイヤー動向
【ク゛ラフ】レーザー照明の市場規模推移と予測(2015~2018年,2019~2025年予測)
■レーザー照明市場の現状と展望
■アプリケーション別レーザー照明市場の現状と展望
~成長要素は特長の差別化+αの付加価値で次世代照明デバイスへ行き着く~
29
・システムユースで市場を牽引 単価の下落以上に数量を増加できるかが市場成長のカギ
32
33
40
42
46
49
52
55
57
■各要素部品市場の現状と展望
~単体ではなく双方よりそった成長で相互利益をもたらせ~
61
63
67
・「Light is OSRAM」と称され長年の自社研究製造から揺るがない実績
・品質と供給能力でタイムリーに必要な“あかり”を供給
・世界初となる半導体レーザーヘッドライト量産車へ採用
◇市光工業株式会社
71
・ヘッドライトの高機能化による大型重量化と差別化による小型軽量化の水掛け論に 半導体レーザーで幕引きを果たす
・自動車自身への認識が様変わりし、変化する様々な照明ニーズにValeoと共に応える
◇国立大学法人京都大学
76
◇シャープ株式会社
80
・約60年培ったノウハウを凝縮して得られた低出力半導体レーザー
・赤色半導体レーザーの温度特性向上と市場形成スピードUP 二つの課題を技術・用途開発で乗り越える
◇ソニービジネスソリューション株式会社
87
・世界初半導体レーザー光源モデルは従来モデル比で起動時間1/10以下、光源寿命6倍以上
◇株式会社タムラ製作所
91
・超高輝度・ハイパワー半導体レーザー照明向け蛍光体は特許に加え材料と製法にノウハウ有り
◇日本電気硝子株式会社
94
◇三菱ケミカル株式会社
96
・蛍光体トップメーカーは高評価の赤色蛍光体をかざし世界へ供給
・NIMSと共にレーザー対応可能な赤色を伸長
・可視光だけでなく非可視光まで貪欲に波長域を拡大へ
◇株式会社QDレーザ
100
・ベンチャーだからこそとれる体制 一気通貫設計&ニーズ柔軟対応
・QDのレーザー光の普及促進で60万人が求める光となる

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.