ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018 空間活用ビジネスの事例研究と動向調査

2018 空間活用ビジネスの事例研究と動向調査

アメリカで高い知名度を誇るコワーキングスペース事業者WeWorkが2017年に日本に参入するなど、近年シェアリングエコノミーの考え方を取り入れたスペースの利活用ビジネスが活発化している。こうしたシェアリングエコノミーの意識の高まりに加えて、今後日本では空き家、廃校の増加が予測されているほか、2022年には生産緑地の税制上の優遇措置が期限を迎え、農地の大量供給が行われるとの声もあり、こうしたスペースの利活用についても課題となっている。 本調査レポートでは、こうした市場の潮流を捉え、スペース利活用の効果的な事例・ビジネスモデルを考察・分析した。

資料コード C60115000
定価 140,400円
(本体130,000円、消費税10,400円)
発刊日 2018年10月31日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2018年12月31日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2019年04月30日
体裁 177頁
分類 建物・不動産
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

調査結果のポイント
<空き家>
1.市場定義
<民泊>
1.市場定義
3.市場規模
1.市場定義
4.業界特性

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.