ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018 AGV市場の現状と将来性

2018 AGV市場の現状と将来性

AGV(Automated Guided Vehicle:無人搬送車)を対象に、参入企業の取り扱い製品、新規需要開拓や機能拡大の取り組み、需要展望等の事業展開を把握すると共に、それら全体を俯瞰した上でAGV市場の将来性や課題を考察した。

発刊日 2018年11月19日 体裁 124頁
資料コード C60115200 PDFサイズ 1.2MB
カテゴリ 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融 / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス
調査資料価格 162,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFレギュラー 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  324,000円   ( 本体  300,000円   消費税  24,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  356,400円   ( 本体  330,000円   消費税  26,400円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/01/19~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/01/19~ 800円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/05/19~
(スタンダード) 2019/11/19~
電話・ウェブサイト:
2019/01/19~ 1,500円/頁
2019/02/19~ 800円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

9
1.AGV参入メーカと製品
2.市場動向
3.AGVにおける注目動向
4.将来展望
15
【表】AGVの主要参入メーカとそのタイプ
16
18
【表】AGVメーカの取り扱いタイプ
19
21
【表】AGVのグレード別分類
23
25
27
30
32
【ク゛ラフ】AGVの需要分野構成(2017年度/金額ベース)
32
7.一部の日本メーカは高シェアを確保する世界市場。しかし、AGVの新提案では出遅れか
34
39
【表】主要メーカに見る採用誘導方式
41
43
【表】レーザ誘導式に見る障害物回避機能の採用
43
45
【表】採用蓄電池
46
48
【表】主要メーカに見る給電方式
48
50
【表】AGVメーカのタイプ分けと特徴
50
55
(2)産業用ロボットとAGVの融合を目指す取り組みに注目。AGVの新規用途に期待
59
(3)既存需要にはない“モバイルマニュピレータ”を提案。時間をかけて新規需要創出
65
73
(3)“脱・運搬”のキーワードで、搬送ロボットとして用途開拓。新機能がカギを握る
79
(1)「FAV」「FAC」の品揃えに変化はなく、仕様変更もない。搬送手段の一つとして提案
(3)これまでの使い方では成長はない。メーカからのAGVを活かす提案で需要開拓
85
91
(3)人による運搬作業をターゲットに、幅広い用途で用途開拓を図る取り組みに注目
97
(3)不透明なAGV事業の方向性。生産工程改善・監視サービスとの連動がポイント
103
(1)物流現場に特化し、ユーザとともにシステム開発を進めるパナソニック
113
【表】走行方式に見る特徴と可能性
113
115
【ク゛ラフ】日本の人口推移(1950~2060年)
【ク゛ラフ】人工知能(AI)が果たす役割・機能
117
【表】AGV市場における主な新規参入企業や新製品の狙い
117
119
【表】AGVの走行方式に見る応用先の違い
119
121
【表】AGVのグレード別需要展望
121
123
【ク゛ラフ・表】AGVの市場規模予測(数量ベース 2019~2021年度予測)
123
【ク゛ラフ・表】AGVの市場規模予測(金額ベース 2019~2021年度予測)
124

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.