ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 世界キャッシュレス決済市場の実態と将来予測 ~モバイル決済・コンタクトレス決済編~

2018年版 世界キャッシュレス決済市場の実態と将来予測 ~モバイル決済・コンタクトレス決済編~

キャッシュレス業界は、キャッシュレス化への取組みを一層強化している。2020年に向けて、訪日外国人の増加が予想されており、決済における訪日外国人の利便性の向上がテーマとなっている。加えて、国策として、キャッシュレス化比率の倍増を掲げる等、日本におけるキャッシュレス化に向けた施策が本格化される見通しである。また、海外では、スマートフォンの普及により、「Apple Pay」をはじめとしたコンタクトレス決済や「Alipay」や「WeChatPay」をはじめとしたQRコード決済の利用が急速に拡大しており、日本のキャッシュレス化のマーケットに大きな影響を与えるとみている。 本調査レポートでは、国内のみならず海外も含めたキャッシュレス化の動向をモバイル決済、コンタクトレス決済を中心に調査・分析することで、2020年に向けたキャッシュレス化の推進に対する課題を分析し、決済インフラのあり方を展望した。

資料コード C60115500
定価 194,400円
(本体180,000円、消費税14,400円)
発刊日 2018年10月31日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2018年12月31日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2019年04月30日
体裁 248頁
分類 海外情報掲載
金融・保険
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

1.市場概況
3.世界キャッシュレス決済市場の動向

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.