ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 クレジットカード市場の実態と展望

2018年版 クレジットカード市場の実態と展望

カード業界は、2020年に向けたキャッシュレス化への取組みを一層強化している。2020年に向けて、訪日外国人の増加が予想されており、決済における訪日外国人の利便性の向上がテーマとなっている。それに向けて、決済インフラをどのように整備していくか、がまさに議論されている。また、海外では、スマートフォンの台頭により、スマートフォンを活用した決済ソリューション「Apple Pay」をはじめとしたコンタクトレス決済やQRコード決済サービス提供事業者の台頭によるUI・UXの変化により、クレジットカード会社の役割が変化していくことが予測される。 本調査レポートでは、カード会社の取組みを網羅的に把握することで、2020年に向けたキャッシュレス化の推進に対する課題を分析し、決済インフラのあり方を展望した。

資料コード C60115600
定価 162,000円
(本体150,000円、消費税12,000円)
発刊日 2018年11月29日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2019年01月29日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2019年05月29日
体裁 380頁
分類 金融・保険
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面
  • この資料は 2019年01月29日 より閲覧・コピーサービスがご利用できます。(YDB会員対象)

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

1.1 市場概況
1 【表】営業収益(2015~2017年度,2018年度見込み)
2 【表】経常利益(2015~2017年度,2018年度見込み)
3 【表】当期純利益(2015~2017年度,2018年度見込み)
4 【表】有効会員数(2015~2017年度,2018年度見込み)
5 【表】稼動会員比率(2015~2017年度,2018年度見込み)
6 【表】カード取扱高(ショッピング・キャッシング合計:2015~2017年度,2018年度見込み)
7 【表】カード取扱高(ショッピング:2015~2017年度,2018年度見込み)
8 【表】カード取扱高(キャッシング:2015~2017年度,2018年度見込み)
9 【表】ショッピングリボ・分割払い残高(2015~2017年度,2018年度見込み)
10 【表】キャッシング残高(2015~2017年度,2018年度見込み)
11 【表】ポイント引当金残高(2015~2017年度,2018年度見込み)

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.