ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 国内クラウドファンディングの市場動向

2018年版 国内クラウドファンディングの市場動向

我が国におけるクラウドファンディングは、専業者のプレイヤーに加え地方自治体での活用も広がり、大手メディア、運輸、製造、物販業、インターネット銀行等々からの新規参入が続き市場規模が拡大しています。更に、サイト運営事業者と金融機関との事業連携も進み資金調達の新たな門戸も定着しつつあります。 現在では多くのサービス提供企業が存在し、「寄付型」、「購入型」、「貸付型」、「株式型」、「ファンド型」のクラウドファンディングが存在します。 しかし、その参入企業数や、参入企業の経営実態、展開サービス等を体系的に捉えた資料やデータが存在せず、業界動向を把握することが非常に難しい状況にあります。 そのため、本資料では、各企業の事業戦略を把握し、成長市場を支える有力企業を通して市場の動向、マーケットサイズ、将来展望も踏まえてまとめました。 また、実際にクラウドファンディングを利用した事業者からもヒアリングを行ない、利用の有益性や利用を検討している事業者等への参考情報も盛り込みました。

発刊日 2018年11月06日 体裁 287頁
資料コード C60116100 PDFサイズ 8.4MB
カテゴリ 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融 / 情報通信
調査資料価格 129,600円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  129,600円   ( 本体  120,000円   消費税  9,600円  )
PDFレギュラー 定価  129,600円   ( 本体  120,000円   消費税  9,600円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  259,200円   ( 本体  240,000円   消費税  19,200円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  291,600円   ( 本体  270,000円   消費税  21,600円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/01/06~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/01/06~ 700円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/05/06~
(スタンダード) 2019/11/06~
電話・ウェブサイト:
2019/01/06~ 1,200円/頁
2019/02/06~ 700円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

11
【図】市場動向
【ク゛ラフ】市場規模(全体・類型別/2014~2018年度見込)
【ク゛ラフ】サクセスした年間プロジェクト件数と支援者数(全体・購入型/2014~2018年度見込)
【ク゛ラフ】サイトの類型別構成
5.将来展望と課題
17
20
22
23
26
33
35
36
39
42
45
47
48
【表】業界展望、市場の見方
50
55
【表】業界の課題と自社の対策
58
67
73
76
81
【表】各社の強み
81
85
89
91
93
95
98
100
101
104
105
107
109
111
113
115
117
121
123
127
132
134
135
138
140
143
146
148
151
152
155
159
【表】レギュレーションコストへの対応
159
(1)ヒアリング協力企業
161
(2)満足度
162
(3)利用の効果
163
11.クラウドファンディング利用の経緯
164
12.利用サイトとサイト選定理由
165
13.調達金額、調達期間、用途
166
167
【表】サイト利用者のメリット、デメリット
167
168
【表】サイトへの要望、改善点、利用の留意点
169
170
【表】サイトの今後の利用意向
<サイト運営企業>
掲載内容:企業概要/業界の展望、市場の成長性をどう見ているか、その理由/業界における課題と対策(法規制、行政からの指導等を含む)、今後課題となりそうな事柄/業界内における当社の強み/経営戦略及び事業戦略/収益性、業績推移、見通し、収入源の拡大策、多様化策/事業実績/プロジェクト政策(営業・販促面、情報発信・提供ツール、他)/支援者・投資者政策(営業・販促面、情報発信・提供、ツール、他)/支援・投資の促進策/サイト認知度アップ策
1.【Makuake】(株)マクアケ
173
2.【Motion Gallery】(株)Motion Gallery
182
3.【GREEN FUNDING】(株)ワンモア
190
4.【A-port】(株)朝日新聞社
198
5.【BOOSTER】(株)パルコ
204
6.【COUNTDOWN】アレックス(株)
210
7.【EMERADA EQUITY】エメラダ(株)
217
8.【Sony Bank GATE】ソニー銀行(株)
226
9.【Crowd Realty】(株)クラウドリアルティ
234
240
11.【maneo】maneo(株)
246
12.【Crowd Bank】日本クラウド証券(株)
254
13.【LC LENDING】(株)LCレンディング
261
14.【クラウドクレジット】クラウドクレジット(株)
268
15.【J.LENDING】(株)ジャルコ
276
<プロジェクト企業>
掲載内容:企業概要/クラウドファンディング利用の経緯/達成金額、調達期間、用途/クラウドファンディング利用の効果/クラウドファンディング利用の満足度と理由/金融機関利用とサイト利用の比較におけるメリット、デメリット/サイト利用後に感じるサイトへの要望、改善点、クラウドファンディング利用の留意点/今後もクラウドファンディングを利用したいか、どのように利用したいか
1.自然動物公園 東筑波ユートピア【復活をかけた「イノシシ牧場」】
284

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.