ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018~2019年版 調剤薬局の実態と展望

2018~2019年版 調剤薬局の実態と展望

医薬分業推進の波に乗り好調に業績を拡大してきた調剤薬局であるが、近年は処方箋枚数の伸び悩みに加え、調剤報酬改定や薬価改定の影響を受け業績が伸び悩む企業が目立ってきた。新規出店案件の減少に伴い、大手企業を中心に自力出店と合わせM&Aに注力する企業が増加している。一方、中堅・中小企業は後継者問題や薬剤師獲得競争の激化に加え、先行き不透明な調剤報酬改定を憂慮、事業継続への不安感から事業譲渡を検討する企業が増加すると見込まれる。こうした市場状況のもと、調剤薬局の市場動向や将来性を明らかにするとともに、主要調剤薬局チェーンの戦略、レセコンベンダーなど調剤薬局支援ビジネスを展開する企業の戦略を解説した。

発刊日 2018年12月26日 体裁 466頁
資料コード C60117100 PDFサイズ 4.0MB
カテゴリ ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器
調査資料価格 129,600円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  129,600円   ( 本体  120,000円   消費税  9,600円  )
PDFレギュラー 定価  129,600円   ( 本体  120,000円   消費税  9,600円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  259,200円   ( 本体  240,000円   消費税  19,200円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  291,600円   ( 本体  270,000円   消費税  21,600円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/02/26~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/02/26~ 700円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/06/26~
(スタンダード) 2019/12/26~
電話・ウェブサイト:
2019/02/26~ 1,200円/頁
2019/03/26~ 700円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

17
【表・ク゛ラフ】処方箋枚数/調剤点数の推移(2010~2017年度)
2.主要企業動向
3.展望と課題
調剤薬局の実態と展望
23
26
(1)アインホールディングス
27
(2)日本調剤
27
29
30
32
(6)アイセイ薬局
33
(7)ファーマライズホールディングス
34
(8)たんぽぽ薬局
34
(9)ファーコス
36
(10)薬樹
36
・日本調剤、たんぽぽ薬局は、引き続き出店の主体を門前薬局に置く
38
・アインホールディングスは、新規出店の重点を門前薬局から敷地内薬局に移行する方針
39
・総合メディカルホールディングスは、医療モール開発を医療の観点からの街づくりと捉え、全国各地で積極的支援。2021年3月期末までに300件を目指す
40
・日本調剤は面対応薬局とMC型薬局の2要素を併せ持つハイブリッド型店舗の出店を強化
41
・クオールホールディングスは、異業種との連携による多様な新業態店舗の展開による面分業体制の構築を目指す
41
・薬ヒグチ&ファーマライズは、構造改革の継続により2019年5月期に黒字転換を計画
42
43
・企業基盤の強化を目的に、各社とも調剤事業以外の展開が活発化
45
・クオールホールディングスのBPO事業は、売上高比率は7.2%も、営業利益では全社の13.4%を占める
47
・調剤以外の事業展開では高齢者向け住宅への参入が増加。医療モールや調剤薬局なども含めた複合型施設が主流に
47
50
・低成長時代に突入した調剤薬局業界、収益確保はさらに厳しさを増す
51
・分業率の上限を90%と仮定すると、潜在需要は処方箋枚数1億8,960万枚、調剤金額1兆7,200億円
52
・多様な出店展開への対応が成長持続の鍵。かかりつけ機能を強化し、既存店売上高の伸長による地域シェア拡大の重要性高まる
52
53
56
58
・2017年度末の薬局数は前年度比0.9%増の59,138軒。都市部を中心に薬局数は増加傾向も、全国的には上限に近づく
61
・2018年度の調剤報酬改定の影響大きく、後継者問題と薬剤師不足に加え、事業継続への不安感を背景に、再びM&Aの活発化を予測
61
・厳しさを増す調剤報酬改定を引き金に、本格的な業界再編の可能性
62
63
95
104
120
127
140
146
164
174
180
197
203
208
224
232
243
257
262
268
275
292
・製販一体体制の構築と関係会社とのシナジーを活かし「Smart Pharmacy」の取り組みをさらに強化

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.