ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 セルフチェック市場の現状と展望

2018年版 セルフチェック市場の現状と展望

セルフチェック市場とは、個人の生体情報を自身で確認するための装置、サービスで形成される市場を指す。確認する情報は、身長・体重や体温、活動量をはじめ、遺伝情報や染色体等幅広く存在する。 近年、先制医療、予防医療といった概念の普及や健康意識の向上により、自身の生体情報を確認する各種ニーズが高まっている。加えて、ゲノム解析技術の向上、低価格化により、自身や出産前の胎児に対して遺伝子解析を行うという遺伝子診断が普及しつつある状況となっている。

資料コード C60117300
定価 108,000円
(本体100,000円、消費税8,000円)
発刊日 2018年09月28日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2018年11月28日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2019年03月28日
体裁 117頁
分類 ヘルスケア・医療・保健・介護
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

1.市場動向

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.