ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 ディスプレイ業界の市場展望と事業戦略

2018年版 ディスプレイ業界の市場展望と事業戦略

社会のあらゆる場面におけるビジュアルコミュニケーションツールとしてのディスプレイの役割はきわめて高い。店舗関係の需要は、一般小売店舗市場はチェーン店を除き縮小傾向が続くが、海外の有力専門店の積極的な展開、震災による復興需要や主要都市における再開発事業など、追い風の要因もいくつかみられる。今後も数年間は、受注件数は現状を維持できると予想されるが、アマゾンや楽天などのECサイトのサービスの拡大により商業施設の出店数が減少し、市場全体では成長が鈍化するとの見方が強まっている。このような背景のもと、他業界とたがわず当業界も厳しい市場環境にあるが、本調査レポートでは大手の主要ディスプレイ企業調査を実施し、需要分野の中心である商業施設業界の分析等から市場構造及び各社の事業戦略等につき分析・整理した。

発刊日 2018年12月26日 体裁 302頁
資料コード C60117700 PDFサイズ 9.7MB
カテゴリ 建設、住宅、不動産、建材、住宅設備機器 / 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融
調査資料価格 129,600円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  129,600円   ( 本体  120,000円   消費税  9,600円  )
PDFレギュラー 定価  129,600円   ( 本体  120,000円   消費税  9,600円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  259,200円   ( 本体  240,000円   消費税  19,200円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  291,600円   ( 本体  270,000円   消費税  21,600円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/02/26~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/02/26~ 700円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/06/26~
(スタンダード) 2019/12/26~
電話・ウェブサイト:
2019/02/26~ 1,200円/頁
2019/03/26~ 700円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

11
【ク゛ラフ】ディスプレイ業界の市場規模推移(2012~2018年度見込)
【表】主要ディスプレイ企業のタイプ別分類
3.展望と課題
17
【表】ディスプレイの業態/【図】ディスプレイ業の市場領域
◆業界関連の環境変化と今後の対応策
18
◆【表】ディスプレイ企業売上高100社ランキング
19
21
【図】発注経路図
21
23
【ク゛ラフ】エリア別商業店舗の1F賃料水準
◆店舗ディスプレイの重要ポイント
24
◆店・売り場づくりの重要ポイント
25
◆商業施設業界の展望
26
◆ディスプレイ業界の方向性
27
31
33
34
(4)事業の方向性
37
38
39
40
43
(3)規制緩和による商業施設の開発
45
(4)インバウンド需要の影響
46
47
(6)ネット通販サービスの見直し
49
(7)加速する郊外型店舗の淘汰
50
51
52
55
(3)顧客動向の分析
57
58
61
68
(7)小売業界の方向性と展望
72
75
(2)イベント業の業務内容
78
79
83
84
86
91
93
(2)イベント市場の見通し
94
97
106
108
111
113
118
123
127
129
132
134
135
136
137
138
139
【表】都道府県別小売業の事業所数及び従業者数、年間商品販売額
140
143
144
(3)商業施設の再生
146
(4)商業施設のZEB化
147
(5)工場跡地における商業施設の開発
148
(6)海外への出店動向
149
150
【表】オープン予定の主な商業施設
151
155
161
(4)SCの方向性
162
163
(2)今後の市場性
165
166
169
(3)大型シネマコンプレックスの開発
170
173
176
182
【表】主要ディスプレイ企業の総売上高推移(2015~2018年度予測)
183
【表】主要ディスプレイ企業の当期純利益高推移(2015~2018年度予測)
184
185
187
189
【表】主要ディスプレイ企業の事業戦略及び営業戦略
190
191
【表】主要ディスプレイ企業の注力分野
192
193
【表】主要ディスプレイ企業の今後の課題、方向性
194
(1)建設業界の市場動向
197
198
(3)ゼネコンの事業戦略
200
201
203
205
207
209
(3)百貨店の不動産開発
210
211
212
(6)商業デベロッパーの課題
214
215
217
220
223
229
①株式会社乃村工藝社
245
②株式会社丹青社
250
③株式会社スペース
255
④株式会社船場
259
⑤ジーク株式会社
263
⑥株式会社日商インターライフ
266
⑦株式会社J.フロント建装
269
⑧株式会社三越伊勢丹プロパティ・デザイン
273
⑨高島屋スペースクリエイツ株式会社
277
⑩株式会社エイムクリエイツ
280
⑪株式会社パルコスペースシステムズ
284
⑫三井デザインテック株式会社
287
⑬株式会社ムラヤマ
291
⑭株式会社フジヤ
294
⑮株式会社ラックランド
298

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.