ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019 RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)市場の実態と展望

2019 RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)市場の実態と展望

少子高齢化などによる労働人口の減少を背景に、国内企業の人手不足が顕在化して久しい。従来は、SSC(Shared Service Center)、BPO(Business Process Outsourcing)などを活用し業務効率化が進められてきた。そして近年では、PCで実施する定型業務をソフトウェア型のロボットで代行・自動化するRPA(Robotic Process Automation)が大きく注目を集める。国内では2016年後半に業界団体が設立され、RPAソリューションの提供を開始するIT事業者が増加し、今まさに市場成長への気運が高まっている。本調査レポートでは、ツールベンダーやSIer、ITコンサルティング会社など国内におけるRPA関連サービス事業者の動向を追うことで、現状課題と展望を明らかにし、市場の将来を予測した。

資料コード C60119200
定価 194,400円
(本体180,000円、消費税14,400円)
発刊日 2018年12月27日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2019年02月27日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2019年06月27日
体裁 337頁
分類 情報サービス・コンテンツ・その他各種サービス
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面
  • この資料は 2019年02月27日 より閲覧・コピーサービスがご利用できます。(YDB会員対象)

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

1.RPAの歴史
※4.顧客業種別 市場規模推移 本文
1.一般社団法人日本RPA協会(★第4章 ソリューションベンダーの動向(企業個票編) 7.RPAテクノロシ゛ース゛への集約の形で掲載)

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.