ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 産業用センサー市場の現状と展望

2018年版 産業用センサー市場の現状と展望

近年、製造業においてはスマートファクトリーへの関心が追い風となって産業用ロボットや各種工作機械、その他のFA機器の高度化が一段と加速されつつある。例えば産業用ロボットの場合、センサー系と駆動系、知能・制御系の3分野が中核技術となるが、センサー系では自身の内部状態を把握するための「内界センサー」として関節角度位置センサーや姿勢制御センサーなどが組み込まれるほか、外部の状況を把握するために距離・PSD・力角などの「外界センサー」が使われている。これらセンサーの多くを1冊にまとめレポートした。

資料コード C60120200
定価 162,000円
(本体150,000円、消費税12,000円)
発刊日 2018年11月29日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2019年01月29日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2019年05月29日
体裁 299頁
分類 海外情報掲載
電子応用装置
電気・電子部品、部分品
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面
  • この資料は 2019年01月29日 より閲覧・コピーサービスがご利用できます。(YDB会員対象)

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

2.関連プレイヤーの取組み
3.注目動向(市場)

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.