ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019年版 金属粉末射出成形市場の現状と将来展望

2019年版 金属粉末射出成形市場の現状と将来展望

日本のMIM技術は欧米と共にこれまで世界需要の大半を担っていたが、近年は中国や東南アジア地域での発展も進んでいる。このため、これら動きに呼応するように日本市場の活発化への期待も高まっている。具体的には産業機器や情報端末、自動車、医療部品など幅広い産業分野への適用拡大で、特に微細化・高機能化がターゲットになる。他製法との比較においては「寸法精度」が生命線で、これがMIMの部品としての最大価値になる。金属粉末原料技術やバインダー技術、混練技術、焼結技術のそれぞれが必要になり、日本では「精密加工技術」としてこれらの高次元制御が行われている。このMIM(金属粉末射出成形)について国内市場を中心にまとめレポートする。

発刊日 2019年03月19日 体裁 162頁
資料コード C60120300 PDFサイズ 5.4MB
カテゴリ 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス
調査資料価格 162,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFレギュラー 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  324,000円   ( 本体  300,000円   消費税  24,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  356,400円   ( 本体  330,000円   消費税  26,400円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/05/19~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/05/19~ 800円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/09/19~
(スタンダード) 2020/03/19~
電話・ウェブサイト:
2019/05/19~ 1,500円/頁
2019/06/19~ 800円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

9
【ク゛ラフ】金属粉末射出成形(MIM)市場規模推移と予測(2015,18,21,25年度)
2.企業動向
3.展望と課題
15
(1)製法
15
15
17
18
(5)MIMの応用事例
19
21
【ク゛ラフ】MIM市場規模推移(2011~2017年度)
21
【ク゛ラフ】MIM市場の需要分野別構成比(2017年度)/MIM製品の材質別構成比(2017年度)
22
23
(1)JUKI会津
(2)岩機ダイカスト工業
(3)大西ライト工業所
(4)大阪冶金興業
(5)エプソンアトミックス
(6)オリエンタルチエン工業
(7)ガウス
(8)キャステム
(9)九州精密機器
(10)太盛工業
(11)テイボー
(12)トーノ精密
(13)ファインシンター
(14)ポーライト
(15)日本ピストンリング
29
(1)JUKI会津
(2)岩機ダイカスト工業
(3)大西ライト工業所
(4)大阪冶金興業
(5)エプソンアトミックス
(6)オリエンタルチエン工業
(7)ガウス
(8)キャステム
(9)九州精密機器
(10)太盛工業
(11)テイボー
(12)トーノ精密
(13)ファインシンター
(14)ポーライト
(15)日本ピストンリング
2.事業売上展望
31
32
<情報通信機器分野>/<産業機械・危機分野>
32
<医療機器分野>
34
<自動車・二輪車部品分野>
34
<ミシン部品分野>
35
<時計部品分野>
36
<その他>
36
1.市場概観
41
43
・オリエンタルチエン工業
・テイボー
・キャステム
・JUKI会津
・日本ピストンリング
・九州精密機器
・トーノ精密
・ファインシンター
・岩機ダイカスト工業
・大阪冶金興業
45
【ク゛ラフ】MIM市場規模推移と予測(2015~2022年度、2025年度/金額・対前年度比)
45
【表】MIM市場規模推移と予測/メーカー別(2015~2022年度、2025年度)
46
【ク゛ラフ】MIM市場メーカーシェア(2015年度、2018年度、2025年度/上位3社+その他)
47
48
(1)MIM専業メーカー
(2)ダイカスト事業がメインでMIMを展開
(3)プラスチック成形事業がメインでMIMを展開
(4)ロストワックス(精密鋳造)がメインでMIMを展開
(5)チエン製造がメインでMIMを展開
(6)金属熱処理がメインでMIMを展開
(7)オイルレスベアリング(含油軸受)がメインでMIMを展開
(8)自動車部品がメインでMIMを展開
(9)その他
5.今後のポイント
49
49
◆SIPとは:「戦略的イノベーション想像プログラム」
56
<MIMメーカー事例研究(主な項目)>
・会社概要/・会社概況&事業概況/・MIM事業参入のきっかけ/・メタモールド(METAMOLD®)の特長/・MIM事業の現状/・MIM業績/・2019年度/2020年度/2022年度展望/・他工法からMIM化への事例/・MIMの需要分野/・MIMの需要分野と売上比率(%)/・MIM事業の特長/・使用MIM材料用途/・MIM製品の利点/・MIMの実用化材料別特徴・用途/・μ-MIM®の適応化事例/・他工法からMIMへの転換事例/・MIM事業部門人員/・今後のMIM売上計画/・今後のMIM事業展望/・設備投資計画/・MIM製品開発事例/・MIMの方向性、新分野等/・2019年以降の展望/・2020年以降の売上計画/・MIM技術の認知度を高める取り組み/・使用粉末材料(MIM)・用途例、生産比率/・材料特性と用途/・使用金属粉末&粉末調達/・原材料調達/・材料調達/・生産寸法/・MIM使用金属粉末材料/・MIM事業のスタンス/・MIMの期待される新分野/・MIMの期待される新分野、方向性/・MIM製造フローチャート/・MIM生産フローチャート/・MIM及び金属粉末製造フローチャート/・メタモールドプロセス/・MIM成形フロー&製造のポイント/・MIMの新分野・方向性/・MIM事業の今後の取組み/・MIM事業の強みと特長/・中期計画以降のMIM売上展望/・産学連携、共同開発/・応用分野と適用材料/・新製品開発/・その他  ※企業ごとに実際の掲載項目は異なります
1.JUKI会津
61
2.岩機ダイカスト工業
66
3.大西ライト工業所
73
4.大阪冶金興業
77
5.エプソンアトミックス
83
6.オリエンタルチエン工業
89
7.ガウス
94
8.キャステム
98
9.九州精密機器
105
10.太盛工業
111
11.テイボー
117
12.トーノ精密
123
13.ファインシンター
128
14.ポーライト
133
15.日本ピストンリング
138
◆MIMの方向性
151
◆(特別寄稿)「MIMの現状とこれから」
153

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.