ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2018年版 健康・機能性食品素材に関する消費者認知度・需要分析

2018年版 健康・機能性食品素材に関する消費者認知度・需要分析

健康・機能を訴求した食品の開発、販売が活発化する中で、一般消費者が各素材について、素材名やその期待される機能を正しく認知しているかについては、素材サプライヤーや健康・機能性食品メーカーにとって、大きな関心事である。 本調査レポートでは、30代から70代以上の健康食品を摂取する一般消費者1,000名に対し、健康・機能性食品素材として代表的な素材37素材に関して、素材名称の認知度や摂取経験、認知している機能などを調査・分析し、素材サプライヤーの営業戦略立案・遂行、健康・機能性食品メーカの商品開発・展開のための有用な情報を提供することを目的に企画した。

資料コード C60121000
定価 118,800円
(本体110,000円、消費税8,800円)
発刊日 2018年11月30日
ご利用開始日 閲覧室及びコピーサービス(来社、ダウンロード) 2019年01月30日
YDB eLibrary(登録メンバーのみ) 2019年05月30日
体裁 378頁
分類 食品・飲料
ヘルスケア・医療・保健・介護
ライフスタイル~生活者調査~
  • 資料購入
  • ログイン
  • コピーサービスの申込方法
  • 目次PDFダウンロード
  • 印刷用画面
  • この資料は 2019年01月30日 より閲覧・コピーサービスがご利用できます。(YDB会員対象)

YDB会員企業の皆様へ

  • 会員NO.とCDにてログインしていただけますと、さらに詳しい目次がご覧になれます。

YDB会員以外の企業様へ

  • 調査資料のご購入は矢野経済研究所のホームページから承ります。
    本資料のお問い合わせは営業本部カスタマーセンターまでお問い合わせください。
  • 本資料の閲覧、ページ単位のコピーサービスはYDB会員様限定のサービスです。
    詳しくはYDBサービス内容をご覧ください。

目次

Point1.健康食品の摂取状況
Point2.健康食品の素材別摂取率(上位10素材)
Point3.健康・機能性素材別の効果・効能認知度
2.1.健康食品の摂取状況
2.2.各素材別の摂取・認知状況【対象37素材把握】
2.2.1.素材の現在摂取率
2.2.2.素材の摂取中止率
2.2.3.素材の摂取経験率
2.2.4.素材の認知率
2.2.5.認知していない素材
4.1.青汁
4.2.アスタキサンチン
4.3.イチョウ葉
4.4.ウコン
4.5.アルギニン
4.6.カルニチン
4.7.シトルリン
4.8.オルニチン
4.9.キチン・キトサン
4.10.グルコサミン
4.11.コエンザイムQ10
4.12.コラーゲン
4.13.コンドロイチン硫酸
4.14.セラミド
4.15.大豆イソフラボン
4.16.DHA・EPA
4.17.難消化性デキストリン
4.18.ノコギリヤシ
4.19.ヒアルロン酸
4.20.必須アミノ酸(BCAA)
4.21.プラセンタ
4.22.ブルーベリー(ビルベリー)
4.23.プロポリス
4.24.ヘム鉄
4.25.マカ
4.26.松樹皮
4.27.ラクトフェリン
4.28.緑茶抽出物(カテキン、テアニン)
4.29.ルテイン
4.30.レスベラトロール
4.31.ローヤルゼリー
4.32.乳酸菌(サプリメント)
4.33.プロテイン
4.34.イミダゾールジペプチド
4.35.肝臓加水分解物
4.36.プロテオグリカン
4.37.エクオール

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.