ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019年版 食品分析サービス・検査キットの市場実態と将来展望 ~食品表示への対応とHACCP義務化で注目される食品検査市場~

2019年版 食品分析サービス・検査キットの市場実態と将来展望 ~食品表示への対応とHACCP義務化で注目される食品検査市場~

2018年6月に食品衛生法が改正され、HACCPによる衛生管理が制度化された。また、GAP認証(第三者による確認)が東京オリンピック・パラリンピックの食材調達基準になるなど、原材料の供給から食品の製造・加工、流通、小売に至るサプライチェーン全体で食の安全・安心に向けた取り組みが強化される方向にある。食品分析・検査市場は、食品表示関連の分析・検査需要が好調で、HACCPに絡む衛生検査需要も増加傾向にある。簡便な検査キットのほか、各種セミナー・コンサルティング事業が充実している。 そこで、本調査レポートでは、複雑化、高度化する食品分析・検査市場の主要プレーヤー&ユーザーの動向を調査することにより、市場の実態と課題を明らかにするとともに、今後を展望した。

発刊日 2019年02月28日 体裁 507頁
資料コード C60121900 PDFサイズ 11.0MB
カテゴリ 食品、アグリ、バイオ / 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融
調査資料価格 432,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  432,000円   ( 本体  400,000円   消費税  32,000円  )
PDFレギュラー 定価  432,000円   ( 本体  400,000円   消費税  32,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  464,400円   ( 本体  430,000円   消費税  34,400円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  864,000円   ( 本体  800,000円   消費税  64,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  896,400円   ( 本体  830,000円   消費税  66,400円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2020/02/28~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2020/02/28~ 1,500円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2020/02/28~
(スタンダード) 2020/02/28~
電話・ウェブサイト:
2020/02/28~ 1,500円/頁
  • この資料は 2020年02月28日 より閲覧・コピーサービスがご利用できます。(YDB会員対象)

リサーチ内容

第Ⅰ章 食の安全に関する行政動向とトピックス

1.健康志向の高まりと「食」の安全意識
2.行政動向
 (1)日本の食品安全行政の概要
 (2)厚生労働省関連動向
   ①食中毒の発生状況
    ア)病因物質別食中毒発生状況(2012~2017年)
    イ)原因食品別食中毒発生状況(2012~2017年)
    ウ)原因施設別食中毒発生状況(2012~2017年)
    エ)食中毒菌汚染実態調査結果の概要
   ②輸入食品等における安全性確保の取り組み
    ア)輸入食品の届出件数・検査数・違反件数推移(2008~2017年度)
    イ)品目別検査件数構成比(2017年度)
    ウ)モニタリング検査実施状況(2017年度:食品群別検査数・違反件数)
    エ)主な検査命令対象品目及び検査実績(2017年度)
    オ)2018年度の輸入食品監視指導計画における品目別検査計画
   ③食品添加物に関する規制の概要
   ④厚生労働省における食品安全関係の重点事項
 (3)農林水産省関連動向
   ①個別危害要因への対応(有害化学物質)
    ア)カビ毒(アフラトキシン類)
    イ)調理・加工などで生成するもの:アクリルアミド
    ウ)調理・加工・流通などで生成するもの:ヒスタミン
    エ)自然毒:貝毒(麻痺性貝毒、下痢性貝毒)
   ②農林水産省における食品安全関係の重点事項
 (4)消費者庁(食品表示法)関連動向
   ①栄養成分表示の義務化
   ②アレルギー表示の変更
   ③機能性表示食品制度の創設
   ④加工食品の原料原産地表示の義務化
3.食品安全マネジメントシステムの現況と課題、方向性
 (1)HACCP
 (2)ISO22000&FSSC22000 日本発の認証スキームも
 (3)トレーサビリティ
 (4)GMP(適正製造規範)
4.食品分析サービス&検査キット市場のトピックス
 (1)遺伝子(DNA)検査
 (2)おいしさ分析

第Ⅱ章 食品分析サービス市場の動向

1.参入企業の動向
 (1)食品衛生法上の登録検査機関
 (2)食品検査・分析サービス事業の概況
 (3)食品検査・分析サービス事業者の検査項目と売上構成比
 (4)食品検査・分析サービス事業者の需要分野と売上構成比
 (5)食品検査・分析サービス事業における課題と取り組み、今後の市場見通し

第Ⅲ章 食品検査キット市場の動向

1.簡易培地市場
 (1)市場及び参入企業の動向
 (2)製品概要
 (3)ユーザー動向
 (4)現状の課題と取り組み、今後の市場見通し
 (5)市場規模推移(2015~2022年度、予測を含む)
2.カビ毒検査キット市場
 (1)市場及び参入企業の動向
 (2)製品概要
 (3)ユーザー動向
 (4)現状の課題と取り組み、今後の市場見通し
 (5)市場規模推移(2015~2022年度、予測を含む)
3.食物アレルゲン検査キット市場
 (1)市場及び参入企業の動向
 (2)製品概要
 (3)ユーザー動向
 (4)現状の課題と取り組み、今後の市場見通し
 (5)市場規模推移(2015~2022年度、予測を含む)
4.残留抗菌性物質検査キット(牛乳用)市場
 (1)市場及び参入企業の動向
 (2)製品概要
 (3)ユーザー動向
 (4)現状の課題と取り組み、今後の市場見通し
 (5)市場規模推移(2015~2022年度、予測を含む)
5.ヒスタミン検査キット市場
 (1)市場及び参入企業の動向
 (2)製品概要
 (3)ユーザー動向
 (4)現状の課題と取り組み、今後の市場見通し
 (5)市場規模推移(2015~2022年度、予測を含む)
6.ATPふき取り検査市場
 (1)市場及び参入企業の動向
 (2)製品概要
 (3)ユーザー動向
 (4)現状の課題と取り組み、今後の市場見通し
 (5)市場規模推移(2015~2022年度、予測を含む)

第Ⅳ章 食の安全・安心に関する取組動向(事業者アンケート調査)

回答属性
1.食品(原料を含む)の安全性確保に向けた取り組みについて
2.食品検査の実施状況について
 (1)食品検査の実施状況
 (2)主な外部委託先
   ①微生物検査(大腸菌、大腸菌群、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、
    腸炎ビブリオ、カビ酵母、一般生菌、他)
   ②理化学検査
    ア)栄養成分分析
    イ)食物アレルゲン
    ウ)食品添加物
    エ)残留農薬
    オ)毒物(カビ毒、貝毒等)
    カ)有害物質(ダイオキシン類、アクリルアミド、ヒスタミン等)・
      残留溶媒(メタノール、エタノール等)
    キ)重金属(鉛、カドミウム、ヒ素、水銀等)
    ク)放射性物質(セシウム)
    ケ)動物用医薬品(抗生物質)
   ③その他の検査
    ア)異物混入
    イ)ふき取り検査
    ウ)遺伝子検査
    エ)水質検査
    オ)店舗・工場等の監査・衛生管理
    カ)その他
 (3)委託検査機関の選択理由
 (4)年間の外部委託検体数と委託費用(概算)
 (5)食品検査の今後の意向
3.簡易検査キット(簡易培地を含む)
 (1)簡易検査キット(簡易培地を含む)の利用状況
 (2)利用している簡易検査キット
 (3)簡易検査キットを利用する理由
 (4)簡易検査キットの不満点・改善点
 (5)簡易検査キットを利用しない理由
 (6)簡易検査キットの導入予定・意向(簡易検査キットを利用していない場合)
4.食品検査・分析における課題・要望

アンケート回答事業者
<食品(飲料)製造業者>
  ヱスビー食品(株)
  カネハツ食品(株)
  くみあい食品工業(株)
  合同酒精(株)
  (株)ジャンボンフーズ
  東海漬物(株)
  日東ベスト(株)
  ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)
  マルカン酢(株)
  (株)マルハチ
  (株)マルハ物産
  焼津水産化学工業(株)
  六甲バター(株) 稲美工場
  A社
  B社
  C社
<食品輸入業者(商社)>
  (株)鈴商
  (株)吉田号
  D社
<農産・畜産・水産加工業者>
  あきた北農業協同組合
  石井食品(株) 京丹波工場
  (株)イシワリフーズ
  いび川農業協同組合
  岩手缶詰(株) 大船渡工場
  (株)牛津蒲鉾
  永平寺町農業協同組合
  越後さんとう農業協同組合
  大阪北部農業協同組合
  沖縄ハム総合食品(株)
  越智今治農業協同組合
  (株)カネソ22
  ケイエス冷凍食品(株)
  サヌキ畜産フーズ(株)
  サンマルコ食品(株) 恵庭工場
  (株)JA香川県フードサービス
  (株)JA食肉かごしま 南薩工場
  鹿追町農業協同組合
  志布志畜産(株)
  春雪さぶーる(株)
  (株)白老フーズ
  西南開発(株)
  (有)谷口海産 ちりめん工場
  (株)津田商店
  土佐食(株)
  鳥取県畜産農業協同組合
  日本罐詰(株)
  (株)萩原商店
  八戸協和水産(株)
  羽茂農業協同組合
  林田食品産業(株)
  びえいフーズ(株)
  (株)宝幸
  北海道水産物加工協同組合連合会
  舞鶴蒲鉾協同組合
  丸市食品(株)
  (株)丸う田代 静岡工場
  (株)マルヒロ 巽工場
  (株)丸ホ堀切商店
  水戸農業協同組合
  (株)ミヤチク
  E社
  F社
  G社
  H社
<食品流通・小売業者>
  エフコープ生活協同組合
  こうち生活協同組合
  生活協同組合コープあいづ
  生活協同組合コープあきた
  生活協同組合コープおおいた
  生活協同組合コープさっぽろ
  生活協同組合コープみえ
  生活協同組合コープみやざき
  生活協同組合しまね
  生活協同組合とくしま生協
  生活協同組合ララコープ
  生活協同組合連合会東海コープ事業連合
  生活クラブ生活協同組合北海道
  マックスバリュ東海(株)
  (株)ヨークベニマル
  I社
  J社
<外食・中食(惣菜)・給食業者>
  アイワイフーズ(株)
  石田フード(株)
  (株)出雲みらいフーズ
  一冨士フードサービス(株)
  (株)魚国総本社
  (株)エフベーカリーコーポレーション 広島事業所
  (株)MHフーズ
  遠忠食品(株)  越谷工場
  (株)柿安本店
  (株)関東ダイエットエッグ 日高工場
  (株)きぬがわや
  (株)神戸屋レストラン
  (株)三晃
  山和食品(株)
  静岡ライスセンター(株)
  シノブフーズ(株)
  シノブフーズ(株) 四国工場
  (株)シャノアール
  (株)ジャパンフレッシュ 上尾工場
  (株)庄屋フードシステム
  (株)昭和食品 花巻工場
  チタカ・インターナショナル・フーズ(株)
  デリカウイング(株) 岩国工場
  (株)なだ万
  (株)にしき食品
  日本一フード北海道(株)
  日本糧食(株)
  八洋食品(株) 関東工場
  フジフーズ(株) 横浜工場
  プライムデイリーフーズ(株)
  プリムイソベン(株)
  (株)ベジミール
  (株)ホットランド
  三桃食品(株) 東北工場
  (株)ライフフーズ
  (株)若菜 岐阜工場
  K社
  L社
  M社

第Ⅴ章 参入企業・団体の個別実態

<食品検査・分析サービス事業者>
イカリ消毒
~異物検査とクレーム対応指導に強み、設備・拠点の増強を推進~

LSIメディエンス
~高度な分析技術で食に加えグループで水、環境まで安全をサポート~

くらし科学研究所
~東京オリンピックや大阪万博など、イベントによる新規需要の獲得を目指す~

食品分析開発センターSUNATEC
~栄養成分分析を中心とした品質管理業務のアウトソーシングニーズ拡大に期待~

つくば食品評価センター
~2019年はプリマハムと連携した取り組みに注力、きめ細やかな対応で需要に弾み~

日本食品検査
~高度な検査・分析需要に応える食品の総合検査機関~

日本食品分析センター
~高度な分析技術・コンサルティングで顧客のビジネスをサポートする~

ハウス食品分析テクノサービス
~食品メーカーとして長年蓄積したノウハウを活用し、幅広い分野の分析を提供~

BMLフード・サイエンス
~総合コンサルティング企業として、検査から仕組み作りまでサポート~

ビジョンバイオ
~独自性のある食品遺伝子検査に強み 自社開発の検査キットも好評~

ユーロフィン・フードアンドプロダクト・テスティング
~ユーロフィングループのリソースを活用して、高度な分析にも対応~

<食品検査キットメーカー・販売業者>
アヅマックス
~グローバルに通用する検査キットで食のサプライチェーンを支える~

キッコーマンバイオケミファ
~ATPふき取り検査&ヒスタミン量測定のオンリーワン技術で世界を目指す~

JNC
~海外販売網を構築、2019年は世界展開へ注力。2020年には5倍の売上アップへ~

スリーエム ジャパン
~食品分析・検査の内製化の流れにより「3M™ペトリフィルム™培地」の売上が拡大~

ニッタ
~TPP発効を契機とした国際取引の増加が市場拡大の追い風に~

日本ハム
~食物アレルゲン検査キットが好調を維持、市場の裾野の広がりを実感~

フォス・ジャパン
~乳・乳製品や穀物分野を柱に新規需要を開拓、2020年には売上20億円へ~

プリマハム
~商品競争力を活かし、食物アレルゲン検査キットの更なる拡販を目指す~

森永生科学研究所
~食物アレルゲン検査キットのパイオニア 今後は海外需要獲得へ~

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.