ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019 UPS市場の現状と将来性

2019 UPS市場の現状と将来性

UPSを対象に、その市場規模やメーカシェア、技術開発、参入メーカの取り組み実態、課題・問題点等を把握し、将来の市場規模や展開動向等を展望する。

発刊日 2019年02月27日 体裁 129頁
資料コード C60122800 PDFサイズ 1.8MB
カテゴリ 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス / 情報通信
調査資料価格 162,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFレギュラー 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  324,000円   ( 本体  300,000円   消費税  24,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  356,400円   ( 本体  330,000円   消費税  26,400円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/04/27~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/04/27~ 800円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/08/27~
(スタンダード) 2020/02/27~
電話・ウェブサイト:
2019/04/27~ 1,500円/頁
2019/05/27~ 800円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

9
【表】市場規模推移(数量/金額:2016~2017年度、2018年度見込、2019~2021年度予測)
2.UPS市場の注目動向
3.展望と課題
15
【表】国内UPS市場における主要参入メーカ
16
17
19
21
23
25
27
29
31
33
35
37
39
41
45
【表】主なメーカのUPS製品仕様(3kVA以下帯)
45
47
【表】主要メーカに見る付加価値の付け方(100VA以上帯)
47
49
【表】主要メーカのLiB採用状況
49
51
【表】主要メーカの指摘に見る需要分野動向
51
53
【表】主要UPSメーカに見る期待需要
53
57
(3)10年先のUPS事業のあり方を模索。次の段階に移りつつあるOSSの事業展開
63
(3)明るい材料が少ないUPSの需要展望。UPSにおけるLiB普及が当面のポイント
70
(3)当面はデータセンター向け需要に依存、それ以外の需要開拓が課題
76
(3)データセンター需要に今後も期待。UPS本体以外で差別化を求め、総合力を追及
82
(3)国内展開で新たな動きは見えない。当面は、インド工場建設による海外展開に期待
88
(3)サーバルーム代替を可能とする「Sumart Cabinet」に注目。2018年より投入
94
(3)当面はデータセンター向け需要に期待。その先は新規需要創出如何にかかる
100
(3)拡大要素が見えてこない需要展望。電源システムとしての提案がカギ
106
(3)常時インバータ給電製品のみでは成長に限界。次の一手が将来を左右する
112
(2)2017年に大規模データセンターと非IT向けの需要開拓を発表するシュナイダー
119
【表】容量帯別UPSの市場変化と課題
119
121
【表】既存需要分野における需要展望
121
123
【表】UPSメーカの課題と求められる取り組み
123
125
【表】主なメーカに見る中古LiBリユースの可能性
125
127
【表・ク゛ラフ】市場規模予測(数量ベース:2019~2021年度予測)
127
【表・ク゛ラフ】市場規模予測(容量ベース:2019~2021年度予測)
128
【表・ク゛ラフ】市場規模予測(金額ベース:2019~2021年度予測)
129

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.