ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019 ブロックチェーン活用サービス市場の実態と将来展望

2019 ブロックチェーン活用サービス市場の実態と将来展望

当初、ビットコインをはじめとした仮想通貨基盤としてブロックチェーンに注目が集まっていたものの、2018年ころから仮想通貨の基盤に留まらず、サプライチェーンや権利証明など、大手企業を中心に実証実験を積極的に実施、物流の透明性向上によるコスト削減や書類チェックに係る時間の短縮など、さまざまな成果を上げ始めております。こうした結果、実証実験はブロックチェーンを試すための位置づけから、実際に商用化を見据えた実証実験へと位置づけが変わってきております。 また、制度面では仮想通貨交換業者に対する不正アクセス事件やICOに係る詐欺事案などの発生を背景として、仮想通貨等に関連して2017年、2019年と資金決済法や金融商品取引法などの法改正が相次ぎ、仮想通貨取引や仮想通貨を利用した資金調達に関して環境整備が急速に進んでおります。 本調査レポートでは、ブロックチェーンを取り巻くプレーヤーである、大手IT事業者やスタートアップの取組み状況やトレンド、既存システムとの使い分けなどについて網羅的に把握することで実態を掴むと同時に、今後の方向性について展望することを目的としております。

発刊日 2019年04月26日 体裁 199頁
資料コード C60123200 PDFサイズ 6.9MB
カテゴリ 情報通信
調査資料価格 194,400円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFレギュラー 定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  226,800円   ( 本体  210,000円   消費税  16,800円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  388,800円   ( 本体  360,000円   消費税  28,800円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  421,200円   ( 本体  390,000円   消費税  31,200円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/06/26~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/06/26~ 900円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/10/26~
(スタンダード) 2020/04/26~
電話・ウェブサイト:
2019/06/26~ 1,500円/頁
2019/07/26~ 900円/頁
  • この資料は 2019年06月26日 より閲覧・コピーサービスがご利用できます。(YDB会員対象)

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

12
1.市場概況
2.ブロックチェーン活用サービスの動向と今後の方向性
3.市場規模推移と将来予測
36
48
51
52
53
(1)ブロックチェーンが持つ2つの性質
55
56
1.1.事業概況
61
2.1 事業概況
71
100
2.4 STO(Security Token Offering)の登場
102
3.1 概要
104
3.5 コミュニケーションにおける活用事例<ALIS>
113
3.6 資産管理における活用事例<積水ハウス>
113
115
3.10 コンテンツにおける活用事例<リアルワールドゲームス>
117
125
1.企業概要
2.ブロックチェーンに関する事業戦略や特徴
3.強み
4.ビジネスモデル
5.取組み概要
6.実績
7.既存システムとの使い分け、活用方法
8.今後の取組み
131
1.企業概要
2.ブロックチェーンに関する事業戦略
3.ビジネスモデル
4.取組み概要
5.実績
6.今後の取組み、課題
136
1.企業概要
2.ブロックチェーンに関する事業戦略や特徴
3.強み
4.ビジネスモデル
5.取組み概要―――Azure Blockchain as a Service(Azure BaaS)
6.実績
7.既存システムとの使い分け、活用方法
8.今後の取組み、課題
143
1.企業概要
2.ブロックチェーンに関する事業戦略
3.ビジネスモデル
4.取組み概要
5.実績
6.ブロックチェーンの適用が向いている領域/難しい領域
7.今後の取組み
147
1.企業概要
2.ブロックチェーンに関する事業戦略
3.強み
4.ビジネスモデル
5.取組み概要
6.実績
7.既存システムとの使い分けや今後導入が見込まれる領域
8.ブロックチェーンの適用が進む領域/難しい領域に関する見解
154
1.企業概要
2.ブロックチェーンに関する事業戦略や強み
3.ビジネスモデル
4.取組み概要
5.実績
6.ブロックチェーンと既存システムとの使い分け
7.今後、導入が見込まれる領域
161
1.企業概要
2.ブロックチェーンに関する事業戦略や特徴
3.ビジネスモデル
4.強み
5.取組み概要
6.既存システムとの使い分け
7.今後の取組みなど
165
1.企業概要
2.ブロックチェーンに関する事業戦略や特徴
3.ビジネスモデル
4.強み
5.取組み概要:金融プラットフォームサービス「DeCurret」
6.今後の取組み
7.課題
172
1.企業概要
2.ブロックチェーンに関する事業戦略、強み
3.ブロックチェーン事業におけるビジネスモデル
4.ブロックチェーン関連での取組み概要
5.実証実験
6.ブロックチェーンと既存システムとの使い分け
7.今後の取組み
176
1.企業概要
2.ブロックチェーンに関する事業戦略
3.ブロックチェーン関連ソリューション「miyabi」の概要
4.実績
5.ブロックチェーンと既存システムとの使い分け
6.今後の取組みおよび課題
7.bitFlyerが描くブロックチェーンの今後
182
1.企業概要
2.ブロックチェーンに関する事業戦略
3.強み
4.ビジネスモデル
5.取組み概要
6.実績
7.今後導入が見込まれる領域
8.今後の取組み
186
1.企業概要
2.ブロックチェーンに関する事業戦略
3.強み
4.ビジネスモデル
5.取組み概要:KEYVOXスマートロック
6.実績
7.課題
194
1.企業概要
2.ブロックチェーンに関する事業戦略や特徴
3.強み
4.取組み概要
5.ILPとICの違い
6.事例
7.既存システムとの使い分け
8.今後、導入が見込まれる領域

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.