ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019年版 建設8大市場の展望と戦略

2019年版 建設8大市場の展望と戦略

近年の建設業界は、東京オリンピックや都心の大規模再開発などの建設需要により、好景気が続く。オリンピック直前の2019年は、そのピークを迎えると思われる。建設業界における最大の不安は五輪後の反動である。ただ、業界内には建設投資はそれほど落ちないのではないかといった声が少なくない。その理由は、五輪により延期されていたプロジェクトが山積みで、インフラ改修や大規模再開発といった官民の建設投資が2020年以降もめじろ押しだからである。 このような背景のもと、本資料では建設分野の基幹産業となっている8大市場のトレンドを中心とした調査・分析を実施し、様々な角度から建設市場全体の構造変化や中期的な展望及び各社の事業戦略等についてまとめた。

発刊日 2019年03月26日 体裁 604頁
資料コード C60124200 PDFサイズ 6.5MB
カテゴリ 建設、住宅、不動産、建材、住宅設備機器 / レジャー・エンターテインメント、パチンコ・パチスロ / 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融
調査資料価格 129,600円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  129,600円   ( 本体  120,000円   消費税  9,600円  )
PDFレギュラー 定価  129,600円   ( 本体  120,000円   消費税  9,600円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  259,200円   ( 本体  240,000円   消費税  19,200円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  291,600円   ( 本体  270,000円   消費税  21,600円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/05/26~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/05/26~ 700円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/09/26~
(スタンダード) 2020/03/26~
電話・ウェブサイト:
2019/05/26~ 1,200円/頁
2019/06/26~ 700円/頁
  • この資料は 2019年05月26日 より閲覧・コピーサービスがご利用できます。(YDB会員対象)

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

17
【表】各分野のフローとストック
2.企業動向
【表】2020年以降の大型プロジェクト
23
【ク゛ラフ】建設投資の推移(1987~2019年度)
23
【図】建設投資の構造(2017年度)/【ク゛ラフ】建設投資の地域別構成比(2013~2018年度)
24
【表】地域別建設投資(名目値)の推移(2010~2015年度、2016~2018年度見込み)
25
26
【表】各分野のフローとストック
27
【ク゛ラフ】分野別構成比(全体)/分野別構成比(民間)/分野別構成比(公共)
【表】主な建設分野の市場規模(2017年度 建設工事費出来高ベース)
28
【ク゛ラフ】使途別着工床面積の推移(90年=100 1990~2017年度)/使途別着工床面積の構成比(2008~2017年度)
28
【ク゛ラフ・表】使途別建築物の推移(1990~2017年度)
29
【ク゛ラフ・表】使途別床面積の推移(1990~2017年度)
30
【ク゛ラフ・表】事務所の着工床面積、工事費予定額、建築施工単価の推移(90年=100 1990~2017年度)/店舗の着工床面積、工事費予定額、建築施工単価の推移(90年=100 1990~2017年度)
31
【ク゛ラフ】工場・作業場の着工床面積、工事費予定額、建築施工単価の推移(90年=100 1990~2017年度)/倉庫の着工床面積、工事費予定額、建築施工単価の推移(90年=100 1990~2017年度)
32
【ク゛ラフ】学校の着工床面積、工事費予定額、建築施工単価の推移(90年=100 1990~2017年度)/病院の着工床面積、工事費予定額、建築施工単価の推移(90年=100 1990~2017年度)
33
34
【ク゛ラフ】建築物ストック量の推移(2012~2018年)/【表】用途別建築物ストック量の推計(2018年)
35
【表】工事種類別建設工事出来高(2016、2017年度)/建設工事出来高の地域別構成比(2016、2017年度)
35
36
41
42
43
【表】大手ゼネコン4社の業績動向
43
【表】中堅ゼネコン11社の業績動向
44
【表】建築分野
45
【表】主要建設会社の建築売上高等(2017年度)
46
【表】土木分野
47
【表】主要建設会社の土木売上高等(2017年度)
48
49
【表】基準地価の推移(住宅地/商業地 2014~2018年)
49
【表】都道府県別の変動率と地点数(住宅地/商業地/工業地 2017、2018年)
50
51
~ゼネコンの課題~
52
53
【表】2020年以降の大型プロジェクト
53
【表】建設8大分野の中期展望と今後の課題
54
(1)住宅取得支援策の概要
59
60
61
(4)生産緑地の「2022年問題」
63
64
67
76
(3)デザイナーズ注文住宅
81
82
85
87
(7)各国で住宅価格が頭打ち
89
90
93
(3)ミレニアル世代の住宅需要
94
(4)需要が高まる駅近の戸建て住宅
95
96
(6)住宅のシェアリングサービス
97
98
100
101
103
106
109
111
(4)シニア向け分譲マンションへの参入
112
113
115
118
121
126
128
(7)賃貸住宅市場の方向性
130
131
133
137
139
(6)リバースモーゲージの動向
142
(7)中古住宅市場の見通し
143
144
~住宅市場の見通し~
145
(1)商業施設の市場動向
149
(2)規制緩和による商業施設の開発
150
151
153
155
(6)中国の小売市場
158
(7)東南アジア進出への課題
159
160
161
(3)商業施設の再生
165
(4)商業施設のZEB化
166
167
169
(7)商業施設の方向性
171
172
178
184
186
188
190
★P190文章の続き
192
193
195
(2)インバウンド需要の影響
197
198
199
(5)日本のカジノのゆくえ
200
201
【表】店舗の建築統計(1991~2017年度)/伸び率(1991~2017年度)
202
【ク゛ラフ】店舗の床面積推移(1991~2017年度)/店舗の1棟当り面積推移(1991~2017年度)
203
【ク゛ラフ】店舗の棟数推移(1991~2017年度)/店舗の工事費予定額推移(1991~2017年度)
204
【ク゛ラフ】店舗の㎡当り工事費予定額推移(1991~2017年度)/店舗の1棟当り工事費予定額推移(1991~2017年度)
205
206
208
209
211
213
(4)商業デベロッパーの課題
215
8.今後の課題と市場展望
216
(1)オフィスビルの大量供給
219
(2)職住近接へ規制緩和
220
(3)注目される「WELL認証」のオフィスビル
221
(4)「テレワーク」の普及
222
(5)空きスペースのシェアサービス
223
(7)オフィスビル市場の方向性
226
227
230
231
(5)需要が高まるシェアオフィス
233
234
237
242
243
245
247
(5)データセンターの需要拡大
253
254
(3)今後のオフィス賃料見通し
260
261
263
265
(4)大手企業のスタートアップ投資
266
267
269
270
271
272
(6)新興国で導入相次ぐREIT
273
274
~オフィス市場の見通し~
275
279
282
284
(4)2025年大阪万博開催の影響
286
287
288
290
293
(3)オフィスビルを転用したホテル開発
303
304
306
(6)ハウスメーカーによる自社開発
309
(7)ソウルで相次ぐ日系ホテルの開業
310
311
317
(3)個人旅行が主流になってきたホテル業界
319
320
322
324
325
333
334
336
337
338
339
340
344
345
346
347
(4)ホテル婚礼のトレンド
348
349
8.今後の課題と市場展望
351
(1)工場の市場動向
355
356
(3)投資を見合わせる工場自動化関連企業
358
359
361
363
364
365
366
367
368
369
370
371
373
378
379
380
381
382
383
385
387
389
390
391
7.今後の課題と市場展望
392
(1)物流施設の市場動向
395
(2)物流業界の変化
396
(3)物流業界のAI活用
397
(4)荷主と事業者との直接取引を支援
398
(5)従量課金で提供するシェアリングモデル
399
(6)規制に対応する「ハラル認証」の取得
400
(7)中国の大手EC企業の物流戦略
401
402
406
(4)物流倉庫の自動化
408
(5)物流不動産ビジネスの動向
409
(6)東南アジアのコールドチェーン構築
410
411
413
414
416
417
(5)ドラッグストアのネット通販が拡大
420
421
423
424
429
432
436
440
442
444
446
448
450
452
453
454
455
456
~物流施設の方向性~
457
461
(4)学習指導要領の改訂による影響
465
466
(6)大学入試制度改革の動向
468
469
470
475
481
482
(6)進化した学校建築
483
487
488
490
492
(6)教育と転職支援を組み合わせるサービス
494
(7)海外における教育ビジネス需要
495
496
【表】学校の建築統計(1991~2017年度)/伸び率(1991~2017年度)
497
【表】学校の床面積推移(1991~2017年度)/学校の1棟当り面積推移(1991~2017年度)
498
【表】学校の棟数推移(1991~2017年度)/学校の工事費予定額推移(1991~2017年度)
499
【表】学校の㎡当り工事費予定額推移(1991~2017年度)/学校の1棟当り工事費予定額推移(1991~2017年度)
500
501
503
505
507
509
529
530
531
(4)参入事業者の動向
532
8.今後の課題と市場展望
535
539
542
544
(4)オンライン診療の保険適用
545
(5)セルフメディケーション税制の普及拡大
546
(6)地域包括ケアシステムの構築
547
(7)世界で急拡大している「医療ツーリズム」
548
549
551
553
554
555
557
(7)医療を軸とした新たな街づくり
559
560
(2)開設者別にみた施設数
568
568
572
【表】病院の建築統計(1991~2017年度)/伸び率(1991~2017年度)
573
【ク゛ラフ】病院の床面積推移(1991~2017年度)/病院の1棟当り面積推移(1991~2017年度)
574
【ク゛ラフ】病院の棟数推移(1991~2017年度)/病院の工事費予定額推移(1991~2017年度)
575
【ク゛ラフ】病院の㎡当り工事費予定額推移(1991~2017年度)/病院の1棟当り工事費予定額推移(1991~2017年度)
576
577
578
580
581
581
582
582
(8)一般病院における100床当たり職員数
582
583
584
585
587
590
596
599
602
603
~病院の課題~
604

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.