ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019年版 製薬市場の10年展望

2019年版 製薬市場の10年展望

1989年当時、わが国の製薬業界は右肩上がりの成長を持続し、景気変動に左右されない有望業界として、その存在感を高めておりました。そのため当時、将来、わが国の製薬市場が低迷することになるということを予測する人の方が、圧倒的に少数派であったといえます。  しかし、それから30年という月日が過ぎ、わが国の製薬市場は21世紀という新たな時代に入り、市場の低迷状態が鮮明になってきました。  この背景には世界の先進諸国と同様、わが国の政府も社会保障制度を持続するには医療費の伸びを大幅に抑制する必要に迫られ、さまざまな抑制策が打ち出されたからです。政府としては、国民に直接負担を強いることになれば厳しい批判にさらされ、政権を維持することが危うくなりかねません。そのため国民の批判が少ない製薬業界を狙い撃ちにし、医療費の抑制を行いました。政府は『国民皆保険制度の持続』と『イノベーションの推進』を掲げておりましたが、結果的に前者の方が優先される結果となりました。  具体的には2017年12月に中医協において『薬価制度の抜本改革』の全容が決まりました。そこでは製薬企業や医薬品卸にとって利益確保の大きな存在となってきた長期収載品の薬価を段階的に後発医薬品まで引き下げる新たなルールが導入され、新薬創出等加算も革新性の高い新薬に絞り込むことになりました。さらには効能追加に伴う市場拡大に対応するため年4回の収載機会に350億円超の品目を再算定するほか、毎年薬価改定を全ての医薬品卸から調査対象を抽出し、全品目の薬価調査を実施するなど、さまざまな改革内容が決定しました。  このような厚労省案が示された当初、国内外の製薬団体は新薬創出等加算の縮小に猛反発しました。この動きに対して厚労省は当初案を修正し、企業指標の範囲に上限を決め、類似薬効比較方式について2020年度改定までの暫定措置として改めて検討する対応案が示され、1年間に渡って議論してきた『薬価制度の抜本改革』が決着しました。製薬業界としては不本意でしたが、政府に押し切られました。  この結果、製薬企業は先行き不透明感が強まり、経営戦略や経営計画の見直しを迫られることになりました。新薬開発の難易度が急上昇し、競争が激化している製薬企業にとっては、死活問題といっても過言ではありません。  このような状況下で武田薬品はシャイアーを約6兆2,000億円で買収し、事実上、米国市場に経営の中心軸を移すことになりました。このような動きは、これまでわが国においてはみられないことでした。このことが特定の企業だけの現象なのかどうかは、今後のわが国の製薬市場の動向がどのようになるのかで変化するものと予想されます。  一方、医薬品卸も『薬価制度の抜本改革』によって製薬企業同様、多大な影響を受けることとなりました。加えて2018年1月に厚労省医政局長と保険局長の連名通知『医療用医薬品の流通改善に向けて流通関係者が遵守すべきガイドライン(流通改善GL)』が発出されました。このことも医薬品卸各社にとって経営を持続するために乗り越えなければならない課題となりました。  今後、医薬品卸の成長エンジンであった医療用医薬品事業は市場が低迷することが予想されております。そのため医薬品卸各社としては、将来に渡り自社の成長を持続させるために、コア事業の発展形、あるいはこれまでの事業の枠を大きく超えた新たな企業体へと変化する必要があります。例え今後も医療機関や薬局が主な顧客だとしても、その関係から新たな収益源を見出さなければなりません。  このように未来に対する不透明感が高まる製薬市場において、関連する企業としては独自に未来の変化を予測し、対応策を講ずることなどが必要になっております。本書では、ご利用される皆様が厚労省の新たに定めた将来目標である2040年に向かって製薬市場が今後どのように変化し、そのポイントはどのようなことなのかを見出す一助になるような内容で構成されております。

発刊日 2019年03月26日 体裁 266頁
資料コード C60125300 PDFサイズ 19.5MB
カテゴリ ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器
調査資料価格 162,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFレギュラー 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  324,000円   ( 本体  300,000円   消費税  24,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  356,400円   ( 本体  330,000円   消費税  26,400円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/05/26~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/05/26~ 800円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/09/26~
(スタンダード) 2020/03/26~
電話・ウェブサイト:
2019/05/26~ 1,500円/頁
2019/06/26~ 800円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

13
1.市場動向
【ク゛ラフ】医療用医薬品の総数と輸入品の年次推移(2007~2016年)※P248再掲
【ク゛ラフ】医療用医薬品生産高予測(2017年,2018~2026年予測)※P250再掲
・増加を続ける社会保障費
29
32
【図】2040年を展望した社会保障改革についての国民的な議論の必要性(出典:厚生労働省)
34
・2025年から2040年へ
35
【図】社会保障の給付規模の推移と国際比較(出典:厚生労働省)
36
38
40
42
・2018年度診療・介護報酬本体プラス改定
45
・アウトカム評価の拡大‐成果評価と費用の効率化
46
・超高齢社会に対応したかかりつけ医機能の強化
50
★P51文章の続き
53
53
・診療報酬・介護報酬の同時改定で強化される連携
60
61
・未来の在宅医療の姿
68
・地域医療構想下での医療圏のあり方
70
・増収減益傾向が続く病院
71
・当事者側からの改革
72
・フォーミュラリーの普及は後発医薬品市場拡大の切り札となるのか
73
・未来のシナリオを正しく描けているのか
74
・国民共通の財産である皆保険制度を維持するために医療機関がなすべきこと
75
・誰のための医薬分業なのか
76
77
79
・ICTを活用し医療費抑制に貢献
82
■(参考)消費税引上げに伴う薬価改定の骨子
84
■(参考)2018年6月30日時点における先進医療Bに係る費用/2018年度実績報告(2017年7月1日~2018年6月30日)
87
93
・現行の納入価交渉は進化しているといえるのか
95
・消費税増税に伴う薬価引き下げ
97
・薬価制度の抜本改革への対応
98
・流通改善ガイドラインへの対応で課題解決の糸口を見出せるのか
102
・気になる物流企業の動き
106
・サブスクリプション事業を拡大する
108
・ICTを活用した事業開発ができるのか
110
・さらに踏み込んだ営業のあり方を示すことができるのか
111
・拡大を続ける1社流通
112
【図】安定供給の確保を最優先に検討した結果
116
・配送形態見直しの可能性
117
・新たな業界再編の動き
119
【図】医薬品流通を取り巻く環境変化
120
【図】主要医薬品卸(4社)の動向
122
123
128
134
139
■(参考)1 流通改善ガイドラインへの対応について
147
■(参考)2 流通改善ガイドラインの各項目への対応について
148
・取り残されるのか日本市場
153
・過大な期待が望めない製薬業界
155
・製薬企業の大きな収入源が消える
158
・後発医薬品企業も独自の成長エンジンが必要な時代に
160
162
・武田薬品がついにシャイアーを買収し、世界トップ10入り
165
・スペシャリティ医薬品が増加する中で、低分子医薬品はどうなるのか
169
・進化するがん治療と治療薬分野
170
・これまで以上に積極化する製薬企業によるベンチャー企業の買収・提携
174
・武田薬品によるシャイアー買収は業界再編の口火となるのか
175
・したたかな製薬企業が強みを発揮する時代に
177
・製薬企業各社の人員削減は加速する
178
・医薬営業のあり方は大きく変化する
179
・プラットフォームビジネスの台頭
182
・ついに始まった卸選別の動き
183
【武田薬品工業】
186
【アステラス製薬】
196
【大日本住友製薬】
206
【第一三共】
211
【塩野義製薬】
222
【田辺三菱製薬】
227
・医薬品費の伸びを政府がコントロール
235
・イノベーションの評価は限定的
237
・中期経営計画は目標値のズレが拡大
238
・プレシジョン・メディシンの進展などにより活況を呈する抗がん剤開発
239
241
・動き出したAI創薬
244
・競争ではなく共創ができるのか
245
・IoTの活用で医薬品開発は進化するのか
246
248
【ク゛ラフ】医療用医薬品の総数と輸入品の年次推移(2007~2016年)
248
【ク゛ラフ】医療用医薬品生産高予測(2018年~2026年)
250
【表】医療用医薬品生産薬効別将来予測(2018年~2026年)
252
・抗生物質製剤
254
・循環器官用薬
255
・中枢神経用薬
256
・消化器官用薬
257
・その他の代謝性医薬品
258
・外皮用薬
259
・ビタミン剤
260
・呼吸器官用薬
261
・感覚器官用薬
262
・血液及び体液用薬
263
・腫瘍用薬
264
・アレルギー用薬
265
・その他
266

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.