ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019年版 次世代住宅の実態と関連主要設備機器市場の展望

2019年版 次世代住宅の実態と関連主要設備機器市場の展望

政府は、2014年4月に閣議決定したエネルギー基本計画において「2020年に標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロエネルギー住宅)を目指す」という方針を示しており、ZEHの実用化と普及促進を目指している。これを受けて経済産業省では、目標達成に向け「ZEHロードマップ」の作成を行った。本調査レポートでは、次世代住宅(スマートハウス・ZEH)の概況と取組事例を整理するとともに、次世代住宅を構成する設備機器の展望をする。

発刊日 2019年03月29日 体裁 187頁
資料コード C60125700 PDFサイズ 5.5MB
カテゴリ 建設、住宅、不動産、建材、住宅設備機器
調査資料価格 162,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFレギュラー 定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  324,000円   ( 本体  300,000円   消費税  24,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  356,400円   ( 本体  330,000円   消費税  26,400円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/05/29~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/05/29~ 800円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/09/29~
(スタンダード) 2020/03/29~
電話・ウェブサイト:
2019/05/29~ 1,500円/頁
2019/06/29~ 800円/頁
  • この資料は 2019年05月29日 より閲覧・コピーサービスがご利用できます。(YDB会員対象)

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

調査結果のポイント
9
【ク゛ラフ】次世代住宅関連主要設備機器市場規模推移・予測(2014~2017年度,2018年度見込み,2019~2022年度予測)
2.各機器の市場動向
3.展望と課題
15
【ク゛ラフ】次世代住宅関連主要設備機器市場規模推移・予測(2014~2017年度,2018年度見込み,2019~2022年度予測)
15
【表】次世代住宅関連主要設備機器市場規模推移・予測(2014~2017年度,2018年度見込み,2019~2022年度予測)
16
【ク゛ラフ】FIT契約満了者の推移(2014~2017年度,2018年度見込み,2019~2022年度予測)
17
【図】住宅の将来像
18
21
25
30
32
39
40
46
51
145
【表】各ハウスメーカー各社における「ZEH」化の目標(2016~2020年度)
【表】ハウスメーカー各社における“スマートハウス”“ZEH”仕様の展開
146
150
【表】ハウスメーカー各社における太陽光発電システムの採用状況(新築戸建住宅のみ:2015~2017年度,2018年度見込み)
150
【表】ハウスメーカー各社におけるHEMSの採用状況(新築戸建住宅のみ:2015~2017年度,2018年度見込み)
151
【表】ハウスメーカー各社における蓄電システムの採用状況(新築戸建住宅のみ:2015~2017年度,2018年度見込み)
152
3.次世代住宅の将来イメージ
153
・旭化成ホームズ 株式会社
157
・住友林業 株式会社
161
・積水化学工業 株式会社
165
・積水ハウス 株式会社
171
・大和ハウス工業 株式会社
176
・パナソニックホームズ 株式会社
180
・ミサワホーム 株式会社
184

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.