ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019年版 生化学向け研究用試薬に関する市場動向調査

2019年版 生化学向け研究用試薬に関する市場動向調査

生化学研究用試薬は、生化学、免疫学、分子生物学など様々な基礎研究から、医薬品、診断薬、化学品、農水産品などの産業領域における応用研究などきわめて広い分野で使用されており、アミノ酸、ペプチド、タンパク質、糖、脂質、核酸などの生体部分そのものから免疫化学研究用、細胞生物研究用、培養研究用など様々な試薬を含んでいます。特に遺伝子、再生医療、免疫細胞研究の発展は近年著しく、新規技術に伴う新しい試薬も数多く生まれてきています。 このような状況の下、矢野経済研究所では、今後需要の高まる「生化学向け研究用試薬」に焦点をあて、市場の最新注目動向をはじめ、全体、用途別分類それぞれの市場規模とメーカーシェア、ユーザーニーズへの対応などについて総合的、多角的に捉え、2021年までの市場を展望、マーケットの可能性を提示します。

発刊日 2019年02月28日 体裁 161頁
資料コード C60126200 PDFサイズ 2.3MB
カテゴリ ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器
調査資料価格 216,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  216,000円   ( 本体  200,000円   消費税  16,000円  )
PDFレギュラー 定価  216,000円   ( 本体  200,000円   消費税  16,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  248,400円   ( 本体  230,000円   消費税  18,400円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  432,000円   ( 本体  400,000円   消費税  32,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  464,400円   ( 本体  430,000円   消費税  34,400円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/04/28~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/04/28~ 900円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/08/28~
(スタンダード) 2020/02/28~
電話・ウェブサイト:
2019/04/28~ 1,500円/頁
2019/05/28~ 900円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

13
1.主要市場動向
2.主要市場の展望と課題
【ク゛ラフ・表】市場規模推移、予測、生化学向け研究用試薬市場(2016~2018年、2019~2021年予測)
(1)生化学研究用試薬市場の現状と注目動向
19
(1)参入企業動向
25
(2)主要製品動向
26
27
28
①次世代DNAシーケンサーの利用拡大
29
②「リキッドバイオプシー」に関する研究開発活性化
30
③クリニカルシーケンス他、臨床市場に向けた研究開発
30
④難治性がんに対する研究
31
⑤細胞、組織培養に関する製品の広がり
32
5.営業・マーケティング動向
33
6.流通構造
34
35
(2)生化学研究用試薬市場の展望
36
5.営業・マーケティング動向
54
5.営業・マーケティング動向
67
5.営業・マーケティング動向
81
89
5.営業・マーケティング動向
94
5.営業・マーケティング動向
109
5.営業・マーケティング動向
122
掲載内容:企業概要、生化学研究用試薬製品の取扱状況、生化学研究用試薬の売上高推移と予測、製品動向と研究開発動向、生化学研究用試薬の課題と注目動向、営業・マーケティング動向と流通動向、今後の市場見通しと展望
◆医学生物学研究所
127
◆イルミナ
131
◆キアゲン
136
◆コスモ・バイオ
140
◆サーモフィッシャーサイエンティフィック
145
◆GEヘルスケア ジャパン
150
◆タカラバイオ
154
◆富士フイルム和光純薬
158

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.