ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019年版 偏光板及び部材フィルム市場 Annual Report

2019年版 偏光板及び部材フィルム市場 Annual Report

国内外の偏光板メーカー及びその部材メーカーの現在の動向と今後の事業施策を徹底調査し、さらに周辺調査を行うことで、ワールドワイドの偏光板市場における現状と今後の動向の把握を目的とする。

発刊日 2019年04月26日 体裁 265頁
資料コード C61100500 PDFサイズ 29.1MB
カテゴリ マテリアル
調査資料価格 194,400円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFレギュラー 定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  226,800円   ( 本体  210,000円   消費税  16,800円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  388,800円   ( 本体  360,000円   消費税  28,800円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  421,200円   ( 本体  390,000円   消費税  31,200円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/06/26~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/06/26~ 900円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/10/26~
(スタンダード) 2020/04/26~
電話・ウェブサイト:
2019/06/26~ 1,500円/頁
2019/07/26~ 900円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

15
【表】LCD-TFT用偏光板市場規模推移(2015~2018年度,2019年度見込み,2020年度予測)
【ク゛ラフ】材料別需要量推移と予測(PVA保護フィルム+位相差フィルム(2018~2020年度予測)
2.企業動向
3.展望と課題
76
138
141
147
◆LG Chem,Ltd
157
◆SAMSUNG SDI CO.,LTD. (サムスンSDI株式会社)
171
【表】偏光板事業の売上高推移(2013~2018年,2019年見込み)
【表】用途別売上高構成比(2014~2018年,2019年見込み)
【表】タイプ別TV向け偏光板の大きさと位相違フィルム
【表】タイプ別MNT向け偏光板の大きさと位相差フィルム
【表】タイプ別NB向け偏光板の大きさと位相差フィルム/タイプ別中小型向け偏光板の大きさと位相差フィルム
【表】主要部材サプライヤー
◆誠美材料科技股份有限公司(CMMT)(CHENG MEI MATERIALS TECHNOLOGY CORP.)
181
【表】会社概要
【表】偏光板売上高推移(2014~2018年,2019年見込み)
【表】用途別売上高構成比(2014~2018年,2019年見込み)
◆明基材料股份有限公司(BMC)(BenQ Materials Corporation)
192
【表】会社概要
【表】偏光板売上高推移(2013~2018年,2019年見込み)
【表】用途別売上高構成比(2013~2018年,2019年見込み)
【表】後加工拠点概要(2015~2018年,2019年見込み)
【表】偏光板生産能力(2012~2018年末,2019~2020年末見込み)
◆深圳市盛波光電科技有限公司(SAPO)(SHENZHEN SAPO PHOTOELECTRIC CO.,LTD.)
203
【表】偏光板売上高推移(2012~2018年度,2019年度見込み)
【表】偏光板の用途別売上構成比の推移(2013~2018年,2019年見込み)
◆力特光電科技股份有限公司 (OPTIMAX TECHNOLOGY CORPORATION)
212
【表】会社概要
【表】偏光板売上高推移(2013~2018年,2019年見込み)
【表】用途別売上高構成比(2013~2018年,2019年見込み)
【表】後加工拠点概要
【表】偏光板生産能力(2011年末~2018年末,2019年末~2020年末見込み)
【表】タイプ別TV向け偏光板の大きさと位相差フィルム/タイプ別MNT向け偏光板の大きさと位相差フィルム
【表】タイプ別中小型向け偏光板の大きさと位相差フィルム
【表】主要部材サプライヤー
◆株式会社ポラテクノ
220
【表】全社売上高推移(2012年3月期~2019年3月期見通し)
【表】事業別売上内訳の推移(連結)(2015年3月期~2019年3月期見通し)
◆富士フイルム株式会社
226
【表】ディスプレイ材料事業部売上高推移(2010~2016年度,2017年度見込み,2018年度予測)
【表】ディスプレイ材料事業部売上高構成比(2015~2018年度)
・2019年より富士フイルムのP-TAC販売量に競合他社のP-TAC生産縮小分がプラスオン
◆コニカミノルタ株式会社
237
・IPS-TV向け「Zero-TAC」の製造はOEM先のTAC Brightが担当 L-5ラインは、幅2,500mm製造対応に向け改造中
◆日本ゼオン株式会社
244
~根強いCOP需要を見込んでの決断、大型COPフィルム向け投資決断へ 最大調達量を誇る台湾陣営向けのほか、CSOT TV向け新規需要を見込む~
【表】ゼオノアフィルムのタイプと用途例ラインナップ
【表】ゼオノアフィルムの延伸生産能力(2007~2018年,2019~2021年見込み)
【表】ゼオノアフィルムと他の光学フィルムとの特性比較
・「iPhone」向けはOLEDパネルの採用により今後もCOPフィルムは出荷拡大見込めず 「Galaxy」向けでも液晶塗布型に抑えられ、COPフィルムの減少傾向が続く
◆東洋紡株式会社
253
【表】偏光板用PETフィルム「コスモシャインSRF®」の物性表
・PVA保護フィルム(Outer側)市場でシェア15%獲得、PETフィルムの人気は中国TV陣営へ 新規韓国顧客が推進するRF Pol.(PVA延伸+PETフィルム)向け出荷量も増加傾向
◆Hyosung Chemical (暁星化学株式会社)
259
◆達輝光電股份有限公司 (TAC Bright Optronics Corporation)
263
【表】TACフィルムの生産能力概要(2013~019年度見込み)

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.