ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019 ユニフォーム市場年鑑

2019 ユニフォーム市場年鑑

ユニフォーム需要は、経済環境や社会情勢で変化し、新規需要と買い替え需要の伸縮が生じやすい環境下、主要企業がどのように戦略を打ちたて、生き残りをかけているのかを探る。「ユニフォーム」を4カテゴリに分け、カテゴリ別の主要プレイヤー、市場規模を算出した。

発刊日 2019年06月27日 体裁 357頁
資料コード C61102000 PDFサイズ 7.5MB
カテゴリ ファッション、スポーツ、美容、生活雑貨、消費財
調査資料価格 129,600円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  129,600円   ( 本体  120,000円   消費税  9,600円  )
PDFレギュラー 定価  129,600円   ( 本体  120,000円   消費税  9,600円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  162,000円   ( 本体  150,000円   消費税  12,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  259,200円   ( 本体  240,000円   消費税  19,200円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  291,600円   ( 本体  270,000円   消費税  21,600円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/08/27~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/08/27~ 700円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/12/27~
(スタンダード) 2020/06/27~
電話・ウェブサイト:
2019/08/27~ 1,200円/頁
2019/09/27~ 700円/頁
  • この資料は 2019年08月27日 より閲覧・コピーサービスがご利用できます。(YDB会員対象)

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

11
【表・ク゛ラフ】ユニフォーム総市場規模の推移(カテゴリ別/2014~2018年度、2019~2021年度予測)※P20再掲
・セグメント別の市場動向
【ク゛ラフ】セグメント別企業シェア
3.展望と課題
1.ユニフォーム市場の概要
17
20
21
22
25
29
37
45
52
57
61
1.ワーキングユニフォームの市場概要と方向性
69
70
71
72
(1)市場戦略~流通・IT・販促戦略
74
(2)商品戦略
79
(3)海外生産動向
83
(4)QR体制への取組
86
(5)小口ユーザー対策
87
(6)「今後の市場」「自社の方針」
89
1.オフィスユニフォームの市場概要と方向性
97
98
【図】オフィスユニフォーム・モノの流れ、オーダーの流れ
99
100
101
102
(1)商品戦略
103
(2)流通戦略
105
(3)販売促進への取り組み
108
(4)素材や機能について
110
(5)介護(ユニバーサル)ユニフォームへの取り組み
111
(6)ユニフォームレンタルへの取り組み
112
(7)リサイクル素材・リサイクル企画への取り組み
112
(8)生産体制、QR体制
114
(9)今後の市場に対する見解、自社の方針
118
125
【表】訪日外客数(2013~2018年)
126
【図】サービスユニフォーム・モノの流れ、オーダーの流れ
128
129
(1)商品戦略
135
(2)流通戦略
142
(3)販売促進への取り組み
145
(4)素材や機能について
148
(5)介護(ユニバーサル)ユニフォームへの取り組み
150
(6)ユニフォームレンタルへの取り組み
151
(7)リサイクル素材・リサイクル企画への取り組み
152
(8)生産体制、QR体制
154
(9)今後の市場に対する見解、自社の方針
158
165
169
174
175
(1)市場戦略(流通戦略・IT戦略/スクールユニフォームへの市場戦略/学校へ対する販売促進活動)
177
(2)商品戦略(商品戦略/新機能、求められる機能/デザインの戦略とデザインの傾向/リサイクル素材・企画への取組み)
182
(3)海外生産、QR体制への取組と変化(多品種少ロット生産への対応、別注対応への取組/QR体制)
189
1.企業概要と担当部門(所在地、代表者、資本金、従業員数、設立、担当部署、支店他、事業種目)
2.業績推移(決算期、売上高、税引後利益高、企業特徴及び経営方針)
3.ユニフォーム売上高推移
4.ユニフォームにおける商品傾向と新商品企画
5.ブランド展開状況
6.仕入状況及び販売ルート別構成
7.ユニフォーム需要分野構成
8.ユニフォームの販売戦略(①商品戦略、②流通戦略・IT戦略、③販売促進への取組、④小口ユーザー対策、⑤地域別販売戦略、⑥小売業(直販)への取組)
9.ユニフォームの商品動向(①素材の傾向、②新機能の開発と要求される機能、③新商品の開発スタンス、④ユニフォームレンタルへの取組・考え方)
10.リサイクル素材・リサイクル企画への取組(エコ商品企画、リサイクル)
11.生産・販売管理体制(①少量多品種生産への対応、別注対応への取組、②海外生産への取組と見通し、③QR体制)
12.ユニフォーム市場の変化に対する貴社の方針(需要分野の変化、カジュアル化の流れなど)
13.ユニフォーム市場の見通し
◆アイトス株式会社
195
◆株式会社明石スクールユニフォームカンパニー
201
◆株式会社アシックス
208
◆株式会社アルトコーポレーション
211
◆オンワード商事株式会社
217
◆カーシーカシマ株式会社
222
◆KAZEN WLD株式会社(KAZENグループ)
228
◆菅公学生服株式会社
234
◆株式会社金原
240
◆クロダルマ株式会社
245
◆株式会社コーコス信岡
251
◆佐藤産業株式会社
256
◆株式会社サンエス
262
◆株式会社サンペックスイスト
267
◆株式会社ジーベック
273
◆株式会社自重堂
278
◆住商モンブラン株式会社
281
◆セロリー株式会社
286
◆株式会社桑和
292
◆タカヤ商事株式会社
297
◆瀧本株式会社
302
◆株式会社チクマ
309
◆株式会社ツカモトコーポレーション
314
◆株式会社トンボ
318
◆ナガイレーベン株式会社
324
◆ハネクトーン早川株式会社
330
◆株式会社ボストン商会
337
◆株式会社ボンマックス
341
◆ミズノ株式会社
348
◆ミドリ安全株式会社
352

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.