ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019年版 ポイントサービス・ポイントカード市場の動向と展望

2019年版 ポイントサービス・ポイントカード市場の動向と展望

共通ポイント市場では、流通業者を中心に加盟店が拡大している。最近、複数の共通ポイントを導入する事業者が増加し、共通ポイントとハウスポイント双方を発行する取組みが広まる等、マルチポイント化が進展している。また、スマートフォンの普及により、各社はカードレス化への対応を進めている。加えてAI等の先端技術を用いて、ポイントを通じて蓄積したデータを分析する取組みもみられる。 そこで本調査レポートでは、共通ポイント、ポイント交換サービス、マイレージ、ポイントサイト、ポイントソリューション、POSデータと連動したマーケティングソリューション等の事業を展開している企業を取材し、ポイントサービス市場を調査した。多面的にポイントサービスの市場動向、規模、戦略を分析し、今後のあり方を考察した。

発刊日 2019年06月28日 体裁 230頁
資料コード C61102400 PDFサイズ 2.8MB
カテゴリ 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融 / 情報通信
調査資料価格 194,400円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFレギュラー 定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  226,800円   ( 本体  210,000円   消費税  16,800円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  388,800円   ( 本体  360,000円   消費税  28,800円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  421,200円   ( 本体  390,000円   消費税  31,200円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/08/28~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/08/28~ 900円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/12/28~
(スタンダード) 2020/06/28~
電話・ウェブサイト:
2019/08/28~ 1,500円/頁
2019/09/28~ 900円/頁
  • この資料は 2019年08月28日 より閲覧・コピーサービスがご利用できます。(YDB会員対象)

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

13
1.1.共通ポイントの動向
1.2.マイレージの動向
1.3.ポイントサイトの動向
1.4.ポイント交換サービスの動向
1.5.ポイントソリューションの動向
2.1.【ク゛ラフ】国内ポイント発行額推移(2016~2018年度、2019~2023年度予測)
3.1.ポイントサービスの将来展望
27
28
28
29
30
31
3.ポイントカードの歴史(参考資料)
33
35
【表】カード媒体の種類と概要
37
【表】リアル店舗における顧客情報の収集方法とそれぞれのメリット/デメリット
【図】パレートの法則とFSPの概念
41
6.2.ポイントサービスの将来展望
42
1.【表】共通ポイントサービス/ポイント交換サービスの分類
45
48
56
67
68
70
72
100
101
102
105
107
108
109
123
128
144
157
157
159
164
4.1.ポイントプログラムの動向
176
191
194
6.1.FinTech企業との提携を通じたポイントの機能強化
6.2.ポイントを資産運用に活用
6.3.キャッシュレスアプリへポイントをチャージ
6.4.ポイントによるクラウドファンディングの支援
6.5.FinTechと連携したポイントの今後の可能性
196
197
201
207
213
214
216

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.