2019 PLM市場の実態と展望

製造業においては、IoTやビッグデータアナリティクスを応用した設計・解析など、新しいエンジニアリングの手法が確実に成果をあげつつある。PLM(Product Lifecycle Management、製品ライフサイクル管理)は、従来型のCAD/CAM/CAE、PDMだけでなく、新しい領域を取り入れ発展が見込まれる。変化しつつあるPLMは、注目すべき市場となっている。

発刊日 2019年05月31日 体裁 242頁
資料コード C61102600 PDFサイズ 2.4MB
カテゴリ 情報通信
調査資料価格 194,400円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
PDFレギュラー 定価  194,400円   ( 本体  180,000円   消費税  14,400円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  226,800円   ( 本体  210,000円   消費税  16,800円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  388,800円   ( 本体  360,000円   消費税  28,800円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  421,200円   ( 本体  390,000円   消費税  31,200円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/07/31~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/07/31~ 900円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/11/30~
(スタンダード) 2020/05/31~
電話・ウェブサイト:
2019/07/31~ 1,500円/頁
2019/08/31~ 900円/頁
  • この資料は 2019年07月31日 より閲覧・コピーサービスがご利用できます。(YDB会員対象)

リサーチ内容

調査結果のポイント

Ⅰ.総論

1.PLM市場概況
 1.1.2018年の全世界PLM市場は大きく回復
 1.2.日本国内のPLM市場も復調
 1.3.2019年以降は減速を予測
 1.4.民間企業設備の回復が大きく影響
 1.5.米中貿易摩擦により電機・電子部品メーカーが打撃
 1.6.システム設計への展開が課題に
 1.7.VR、ARの普及によりDMUは高成長が期待
 1.8.ものづくりプラットフォームとPLM
2.PLM市場中期予測
 2-1.PLM関連売上高予測(全世界/2016-2022予測)
 2-2.地域別売上高予測(全世界/2016-2022予測)
 2-3.アプリケーション別売上高予測(全世界/2016-2022予測)
 2-4.PLM関連売上高予測(日本国内/2016-2022予測)
 2-5.アプリケーション別売上高予測(日本国内/2016-2022予測)
  2-5-1.CAD/CAM/CAE売上高予測(日本国内/2016-2022予測)
  2-5-2.PDM売上高予測(日本国内/2016-2022予測)
  2-5-3.デジタルファクトリー売上高予測(日本国内/2016-2022予測)
  2-5-4.ビューワ/DMU売上高予測(日本国内/2016-2022予測)
 2-6.業種別売上高予測(日本国内/2016-2022予測)
  2-6-1.電気・電子機械業界に対する売上高予測(日本国内/2016-2022予測)
  2-6-2.精密機械業界に対する売上高予測(日本国内/2016-2022予測)
  2-6-3.産業機械業界に対する売上高予測(日本国内/2016-2022予測)
  2-6-4.自動車・輸送機械業界に対する売上高予測(日本国内/2016-2022予測)
  2-6-5.エネルギー・プロセス業界に対する売上高予測(日本国内/2016-2022予測)
  2-6-6.その他業界に対する売上高予測(日本国内/2016-2022予測)
 2-7.年商別売上高予測(日本国内/2016-2022予測)
  2-7-1.大手企業に対する売上高予測 (日本国内/2016-2022予測)
  2-7-2.中小・中堅企業に対する売上高予測(日本国内/2016-2022予測)
 2-8.ライセンス、サービス別売上高予測(日本国内/2016-2022予測)
  2-8-1.ライセンス売上高予測(日本国内/2016-2022予測)
  2-8-2.サポート・保守・サービス売上高予測(日本国内/2016-2022予測)

Ⅱ.データ編

1.PLMの出荷状況(全世界)
 1-1.PLM売上高推移(全世界)
 1-2.PLM売上高シェア(全世界)
 1-3.地域別売上高の推移(全世界)
 1-4.アプリケーション別売上高の推移(全世界)
  1-4-1.CAD/CAM/CAE売上高の推移(全世界)
  1-4-2.CAD/CAM/CAE売上高シェア(全世界)
  1-4-3.PDM売上高推移(全世界)
  1-4-4.PDM売上高シェア(全世界)
  1-4-5.デジタルファクトリー売上高の推移(全世界)
  1-4-6.デジタルファクトリー売上高シェア(全世界)
  1-4-7.ビューワ/DMU売上高の推移(全世界)
  1-4-8.ビューワ/DMU売上高シェア(全世界)
2.PLMの出荷状況(日本国内)
 2-1.PLM売上高推移(日本国内)
 2-2.PLM売上高シェア(日本国内)
 2-3.アプリケーション別売上高推移(日本国内)
  2-3-1.CAD/CAM/CAE売上高の推移(日本国内)
  2-3-2.CAD/CAM/CAE売上高シェア(日本国内)
  2-3-3.PDM売上高の推移(日本国内)
  2-3-4.PDM売上高シェア(日本国内)
  2-3-5.デジタルファクトリー売上高の推移(日本国内)
  2-3-6.デジタルファクトリー売上高シェア(日本国内)
  2-3-7.ビューワ/DMU売上高の推移(日本国内)
  2-3-8.ビューワ/DMU売上高シェア(日本国内)
 2-4.業種別売上高の推移(日本国内)
  2-4-1.電気・電子機械業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
  2-4-2.電気・電子機械業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
  2-4-3.精密機械業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
  2-4-4.精密機械業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
  2-4-5.産業機械業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
  2-4-6.産業機械業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
  2-4-7.自動車・輸送機械業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
  2-4-8.自動車・輸送機械業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
  2-4-9.エネルギー・プロセス産業業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
  2-4-10.エネルギー・プロセス産業業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
  2-4-11.その他業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
  2-4-12.その他業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
 2-5.顧客企業年商別売上高の推移(日本国内)
  2-5-1.中小・中堅企業(年商500億円以下)に対するPLM売上高の推移(日本国内)
  2-5-2.中堅・中小企業(年商500億円以下)に対するPLM売上高シェア(日本国内)
  2-5-3.大企業(年商501億円以上)に対するPLM売上高の推移(日本国内)
  2-5-4.大企業(年商501億円以上)に対するPLM売上高シェア(日本国内)
 2-6.ライセンス、サービス別売上高の推移(日本国内)
  2-6-1.ライセンス売上高の推移(日本国内)
  2-6-2.ライセンス売上高シェア(日本国内)
  2-6-3.サポート・保守・サービス売上高の推移(日本国内)
  2-6-4.サポート・保守・サービス売上高シェア(日本国内)

Ⅲ.主要ベンダーの戦略展望

アラスジャパン
  PLMの領域を拡大
オートデスク
 サブスクリプションへの移行が完了
シーメンスPLMソフトウェア
 シーメンスと一体となりIndustry4.0を実現
図研
 世界のものづくり企業の成功を支援
ダッソー・システムズ
 3DEXPERIENCEプラットフォーム活用のさらなる進化をめざす
PTCジャパン
 アンシス、ロックウェルなどと戦略的パートナーシップを強化
富士通
 日本発ものづくりICTを実現
ラティス・テクノロジー
 XVLによる業務効率化製品群&ソリューションを提唱

Ⅳ.個別企業編

アンシス
NTTデータエンジニアリングシステムズ
MSCソフトウェア
オートデスク
シーメンスPLMソフトウェア
C&Gシステムズ
図研
ダッソー・システムズ
ESIグループ
NEC(日本電気)
日本ユニシス
PTC
富士通
ラティス・テクノロジー

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.