ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019年版 惣菜(中食)市場の実態と将来展望

2019年版 惣菜(中食)市場の実態と将来展望

女性の社会進出や晩婚・未婚化・離別件数の増加等により、単身・共働き世帯が増加しつつあることで個食やおかずの追加需要は拡大している。 こうした需要の高まりから、ドラッグストアをはじめ衣服・生活雑貨の専門小売店など様々な業界からの参入で競争環境は激化している。企業間では商品開発ほか、販売・調達・設備投資等、様々な方面において差別化を図るための戦略が検討されている。 2019年度は、消費税率10%への引上げを前に外食企業や惣菜専門店などでは税率が8%に据え置かれるテイクアウト商品の需要増が見込まれており、需要獲得に向けたテイクアウト店舗の拡大や品揃えなどの対応強化が急がれている。 本調査レポートでは、惣菜専門店・惣菜メーカー・ドラッグストアなど関連企業の状況を調査分析することで、市場機会や競合環境を明らかにし、今後の市場性を展望することを目的とする。

発刊日 2019年06月28日 体裁 261頁
資料コード C61103000 PDFサイズ 8.7MB
カテゴリ 食品、アグリ、バイオ / ブランドビジネス、ライフスタイル~生活者調査~
調査資料価格 140,400円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  140,400円   ( 本体  130,000円   消費税  10,400円  )
PDFレギュラー 定価  140,400円   ( 本体  130,000円   消費税  10,400円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  172,800円   ( 本体  160,000円   消費税  12,800円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  280,800円   ( 本体  260,000円   消費税  20,800円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  313,200円   ( 本体  290,000円   消費税  23,200円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/08/28~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/08/28~ 700円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2019/12/28~
(スタンダード) 2020/06/28~
電話・ウェブサイト:
2019/08/28~ 1,200円/頁
2019/09/28~ 700円/頁
  • この資料は 2019年08月28日 より閲覧・コピーサービスがご利用できます。(YDB会員対象)

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

11
13
(3)【ク゛ラフ・表】惣菜の地域別市場構成比(2018年度 末端市場)
15
16
(2)ドラッグストア業界、食品カテゴリーの戦略的活用・惣菜の売場投入が本格化。
18
(3)軽減税率の開始を追い風に、外食企業がテイクアウトを強化。
20
21
(1)商品市場概要
23
(1)販売チャネル概要
25
27
(3)惣菜の市場拡大要因と阻害要因分析
29
(4)惣菜市場の2023年展望
30
(1)異業態小売業との競争が本格化
33
34
2.中食の売場投入が本格化
36
3.主要ドラッグチェーンの食品売り場強化事例
37
43
47
51
54
59
65
69
72
75
78
81
84
87
1.事業展開動向
93
2.全国・地域展開動向
94
3.自社商品のメインコンセプトと主力商品
95
4.新商品開発動向
97
5.生産動向、安全・衛生対策
99
6.物流対策
100
7.販売ルート・チャネルの動向
101
8.事業展開上の課題点
103
9.今後の事業戦略
105
109
(1)回答状況
(2)回答者の男女比
(1)惣菜・中食の主な利用目的
110
(2)惣菜・中食の1回あたりの購入金額
111
(3)惣菜購入先の主な選択理由
112
(4)惣菜・中食の情報源
113
(5)惣菜・中食商品についての要望・不満点
114
116
(7)今後、惣菜・中食の購入時に重視する内容
119
(8)今後、惣菜・中食を購入する際に魅力的と感じるサービス
120
掲載内容:企業概要/業績推移/事業展開動向/全国・地域展開動向/取扱中食関連商品の概要/新商品開発動向/生産動向/物流対策/販売ルート・チャネル/事業展開上の課題点/今後の事業戦略
◆壱番屋~カレーチェーンの店舗数でギネス世界一に認定 海外展開も加速~
125
◆今里食品~味と香りを追求して、家庭に本物のおいしさを提供する~
132
◆岩田食品~館により大きく異なる客層、店舗毎のデータ分析を商品展開に活かす~
139
◆オリジン東秀~日本の食のインフラを目指し、その意義を高める~
144
◆恩地食品~大阪らしさをアピールしていく~
150
◆柿安本店~フードコート業態の出店拡大、肉を訴求した商品提案力の向上
156
◆Genky DrugStores~幼稚園に通う子育て世代のシングルマザーをペルソナに、ショートタイム・ショッピングに貢献するため中型店舗出店を加速~
161
◆Showcase Gig(ショーケース・ギグ)~テイクアウト需要の増加、消費者の時短・店舗運営の効率化ニーズ高まる~
165
◆シノブフーズ~商品開発力の強化、ドラッグストアチャネルが躍進~
168
◆玉子屋~注文、生産、配送のシステム化でロス率は0.1%以下に~
175
◆知久~「安全でおいしい惣菜づくり」を目指し、生産から加工、販売までの一貫体制の取組み~
181
◆デリカスイト~高付加価値化に向けたブランディング戦略・販売チャネル開拓~
185
◆フジッコ~消費者インサイトによる商品力強化、デリカ・パウチ惣菜が共に好調~
192
◆プレナス~コスト管理を強化、SPAを参考に製造の内製比率高める~
198
◆まつおか~昔ながらの家庭の味と「お母さんのぬくもり」をコンセプトとした和惣菜店の展開~
204
◆明治~スープ惣菜で野菜が手軽にしっかり摂れる潜在的需要にリーチ~
212
◆ヤマザキ~アレンジレシピで販促強化・ファミリータイプが好調、ドラッグチェーンが存在感を高める~
216
◆ロック・フィールド~デパ地下の高級・特別感に相応しい付加価値化・ギフトニーズも取込む~
223
◆わらべや日洋ホールディングス~ドラッグストアの躍進、異なるコンビニエンスストアの商品戦略~
232
243
掲載内容:企業名/郵便番号/所在地/電話番号

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.