ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019年版 製造業向けプラントO&Mサービスの現状と将来展望

2019年版 製造業向けプラントO&Mサービスの現状と将来展望

国内の工場では、高度経済成長期に建設され、令和の時代に入った現在でも現役で稼働しているプラントが数多く存在する。プラントの稼働年数が長くなるに従い、老朽化に伴うトラブルや事故のリスクが高まることから、安定操業を実現する上で定期点検やメンテナンスなどの保全業務が欠かせない。一方で、保全業務の現場では、「匠」と呼ばれる熟練技術者・技能者の高齢化や労働人口の減少などによる人手不足が懸念されている。人手不足対策として、新しい技術(IoT、ドローン、VR/AR、AIなど)を活用することにより、次世代を担う人材への技術・技能の継承・指導や人海戦術に依存しない保全業務体制を目指す動きが活発化している。 本調査レポートでは、製造業のプラントのメンテナンスやオペレーションを実施もしくは支援する事業(O&Mサービス事業、プラントメンテナンス事業など)の国内市場の動向及び代表的な参入プレイヤーの事業内容・戦略について調査・分析を行った。

発刊日 2019年08月06日 体裁 243頁
資料コード C61106900 PDFサイズ 12.3MB
カテゴリ マテリアル / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス
調査資料価格 165,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
PDFレギュラー 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  198,000円   ( 本体  180,000円   消費税  18,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  330,000円   ( 本体  300,000円   消費税  30,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  363,000円   ( 本体  330,000円   消費税  33,000円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/10/06~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/10/06~ 800円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2020/02/06~
(スタンダード) 2020/08/06~
電話・ウェブサイト:
2019/10/06~ 1,500円/頁
2019/11/06~ 800円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

9
【表・ク゛ラフ】製造業向けプラントO&Mサービス市場規模推移(金額ベース:2018年度、2019年度見込、2020~2021年度予測)
2.企業動向
3.展望と課題
17
【表】プラントO&Mサービスの主な内容
17
【表・ク゛ラフ】プラントO&Mサービス市場規模推移(金額ベース:2017~2018年度、2019年度見込、2020~2022年度予測)
18
【表】プラントO&Mサービス市場規模(分野別構成比)(金額ベース:2017~2018年度、2019年度見込、2020~2022年度予測)
18
【表】主な保全のタイミングと方法
20
23
【表】主なエンジニアリング会社・プラントメンテナンス会社
23
【表】直近の主な再編の動き(2018年9月~2020年7月予定)
25
【表】主なエンジニアリング会社・プラントメンテナンス会社の共通の課題
26
3.将来展望
28
30
【表】エンジニアリング会社・プラントメンテナンス会社の成長シナリオ
31
(1)主な動き
35
(1)主な動き
42
(1)主な動き
47
(1)主な動き
50
(1)主な動き
53
(1)主な動き
61
69
69
73
74
83
【表・ク゛ラフ】プラントO&Mサービスの市場規模推移(金額ベース:2017~2018年度、2019年度見込、2020~2022年度予測)※P18再掲
83
【表】プラントメンテナンスサービス種類別売上構成
84
【表】設備診断業務のメニューの例(東レエンジニアリング)
86
【表】コンサルティングメニュー例(横河ソリューションサービス)
86
【表】オペレーション業務例(日鉄テックスエンジの製鉄プラント操業支援)
87
87
【表】プラントメンテナンスサービスの設備種類別売上構成
87
88
90
91
93
94
1.日揮株式会社
97
2.事業概要
100
3.事業動向・戦略
104
2.千代田工商株式会社
107
2.事業概要
110
3.事業動向・戦略
112
3.株式会社高田工業所
115
2.事業概要
119
3.事業動向・戦略
124
4.日鉄テックスエンジ株式会社
127
2.事業概要
131
3.事業動向・戦略
139
5.旭化成エンジニアリング株式会社
142
2.事業概要
144
3.事業動向・戦略
147
6.東レエンジニアリング株式会社
150
2.事業概要(プラントエンジニアリング事業)
155
3.事業動向・戦略
159
7.日本製紙ユニテック株式会社
162
2.事業概要
164
3.事業動向・戦略
170
8.株式会社中部プラントサービス
173
2.事業概要
175
3.事業動向・戦略
178
9.味の素エンジニアリング株式会社
181
2.事業概要
184
3.事業動向・戦略
188
10.ジェイティ エンジニアリング株式会社
189
2.事業概要
191
3.事業動向・戦略
195
11.株式会社日立プラントサービス
197
2.事業概要
201
3.事業動向・戦略
204
12.大成建設株式会社
207
2.事業概要
209
3.事業動向・戦略
214
13.横河ソリューションサービス株式会社
217
2.事業概要
220
3.事業動向・戦略
224
14.富士電機株式会社
226
2.事業概要
229
3.事業動向・戦略
232
15.株式会社明電舎
234
2.事業概要
236
3.事業動向・戦略
241

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.