ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > ファッション産業の新潮流 ~ファッションテックとマスカスタマイゼーション~

ファッション産業の新潮流 ~ファッションテックとマスカスタマイゼーション~

アパレル業界は見込生産を前提としたサプライチェーン体制でモノづくりをし、見込はずれが招いた大量の不良在庫を積み上げている。これら大量の不良在庫は原料、エネルギーなどの環境負荷の増加を招き、サスティナビリティにおいて疑義を生ぜしめ、業界企業の成長を阻害する構造的な問題として顕在化している。 過剰生産は1990年初頭のバブル崩壊後、国内企業が生産コストの低い中国、東南アジアに生産拠点を移転したことに始まり、その後、「ザラ」「ユニクロ」などのグローバルSPA、「H&M」「フォーエバー21」などのファストファッションが興隆し、国内流通量と実際購入される需給ギャップがさらに拡大していく。 このようなアパレル業界の構造的な問題解決にマスカスタマイゼーションの導入が注目されている。同時にファッションテックと呼ばれるAIやテクノロジーを活用したソリューションを導入することで、需要予測やエンドユーザーの需要喚起に役立てている企業が増えている。 本調査レポートでは従来型のサプライチェーンから、生産性の向上、在庫レス、機会ロスの低減に向けた先進的な取組みを行っている事例を調査し、アパレル産業における新しいサプライチェーン構築に向けた方向性をレポート。

発刊日 2019年07月31日 体裁 218頁
資料コード C61108900 PDFサイズ 8.4MB
カテゴリ ファッション、スポーツ、美容、生活雑貨、消費財 / 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融
調査資料価格 165,000円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
PDFレギュラー 定価  165,000円   ( 本体  150,000円   消費税  15,000円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  198,000円   ( 本体  180,000円   消費税  18,000円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  330,000円   ( 本体  300,000円   消費税  30,000円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  363,000円   ( 本体  330,000円   消費税  33,000円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/09/30~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/09/30~ 800円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2020/01/31~
(スタンダード) 2020/07/31~
電話・ウェブサイト:
2019/09/30~ 1,500円/頁
2019/10/31~ 800円/頁

目次

  YDB会員ログインをしていただきますと、さらに詳しい目次をご覧いただけます。

5
【ク゛ラフ】BtoCマスカスタマイゼーション市場規模推定と予測(イメージ)
【表】アパレルメーカーの売上高推移(2014~2018年度,2019年度(連結予想))
【表】アパレル小売業の売上高推移(2014~2018年度,2019年度(連結予想))
3.課題と展望
17
18
19
(4)国内繊維・アパレル産業の現状と課題
21
22
24
31
【表】アパレルメーカーの売上高推移(2014~2018年度,2019年度(連結予想))
31
32
【表】アパレル小売業の売上高推移(2014~2018年度,2019年度(連結予想))
32
3.アパレル、小売業の財務比較分析
33
37
【表】2018年度主要アパレル、小売業の財務指標
38
【表】固有ベクトル/【図】散布図の横軸、縦軸の解釈
39
【表】主要アパレル、小売業の財務分析データの相関行列(2018年度決算データ)
40
【図】直近決算の財務分析によるグループ分類(主成分1と主成分3)
43
1.マスカスタマイゼーションの全体動向
89
92
【図】BtoCマスカスタマイゼーション市場規模推定と予測(イメージ)
93
93
(1)開発背景、経緯、事業規模
94
(2)取組の特徴
95
(3)商品戦略の特徴
96
(4)生産・調達戦略の特徴
97
(5)セールスプロモーション戦略の特徴
98
(6)課題と展望
99
117
■ファッションテック企業の分類
131
■ファッションテックの目指す方向性と企業の課題
132
■BtoBファッションテック市場の展望
134
135
(1)サービス開発の狙い
135
(2)実績、目標販売額など
138
(3)サービスの課題、問題点
139
(4)今後の開発予定、開発の方向性
140
161
【ク゛ラフ】ストレッチャブルデバイス国内市場規模予測(2016~2020,2025年)
2.スマートテキスタイル展開企業の動向
162
163
(1)製品開発の狙い
163
(2)目標販売額(事業規模)
164
(3)製品の課題、問題点
165
(4)今後の開発予定、開発の方向性
165
167
・アパレル業界におけるSCMとファッションテック導入の現状
■サプライチェーンマネジメントとファッションテックの取組みの現状と展望
181
◇アンケート結果分析(サマリー)
182
2.「ファッションテック」の認知度
189
190
198
200
202
204
11.今後の経営戦略の方向性
209

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.