ヤノデータバンク(YDB) > レポート一覧・検索 > 2019年版 飲料市場の現状と展望

2019年版 飲料市場の現状と展望

記録的猛暑の恩恵を受けた2018年度の飲料市場であるが、度重なる災害や猛暑による需要増に対応できずに供給が滞るケースも見られた。無糖飲料への傾注が進む中、既存ブランドを軸にした収益重視の方向性がより顕著になるなど、商品戦略、販売戦略にも変化の兆しが見えてきている。 本調査レポートでは、飲料メーカー各社のカテゴリー別、チャネル別戦略を取材する事で今後の各社の方向性、マーケットの方向性を分析した。また、注目カテゴリーや企業に特に焦点を当て飲料市場の今後を予測した。

発刊日 2019年09月12日 体裁 515頁
資料コード C61111800 PDFサイズ 4.7MB
カテゴリ 食品、アグリ、バイオ / ブランドビジネス、ライフスタイル~生活者調査~
調査資料価格 140,400円(税込)~    価格表を開く
書 籍 定価  140,400円   ( 本体  130,000円   消費税  10,400円  )
PDFレギュラー 定価  140,400円   ( 本体  130,000円   消費税  10,400円  )
セット
(書籍とPDFレギュラー)
定価  172,800円   ( 本体  160,000円   消費税  12,800円  )
PDFコーポレート
(法人内共同利用版)
定価  280,800円   ( 本体  260,000円   消費税  20,800円  )
セット
(書籍とPDFコーポレート)
定価  313,200円   ( 本体  290,000円   消費税  23,200円  )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

調査資料をご購入される際は、YDB会員(または無料で登録可能なYRI Webメンバー)ログインをお願い致します。
※書籍のみのご購入はFAXまたはメールにてご注文いただけます。

資料閲覧開始 閲覧室: 2019/11/12~ コピーサービス
開始日と料金
(価格は税抜)
閲覧室: 2019/11/12~ 700円/頁
YDB eLibrary
(YDB eLibraryプラス) 2020/03/12~
(スタンダード) 2020/09/12~
電話・ウェブサイト:
2019/11/12~ 1,200円/頁
2019/12/12~ 700円/頁
  • この資料は 2019年11月12日 より閲覧・コピーサービスがご利用できます。(YDB会員対象)

リサーチ内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章 飲料市場の動向

1.飲料市場概況
  (1)2018年度の飲料市場動向
    ①2018年度の飲料市場概況
    ②2018年~2019年度上期の主なトピックス
    ③有力企業の飲料売上高
    ◆有力企業の飲料売上高推移
  (2)大手メーカーの動向
    ①コカ・コーラシステムの動向
    ⅰ.2018年度概況
    ⅱ.主要ボトラー動向
    ⅲ.トピックス
    ②ビール系メーカーの動向
    ⅰ.2018年度概況
    ⅱ.参入企業動向
    ⅲ.トピックス
    ③乳業系メーカーの動向
    ⅰ.2018年度概況
    ⅱ.参入企業動向
    ⅲ.トピックス
    ④その他大手メーカーの動向
    ⅰ.2018年度概況
    ⅱ.参入企業動向
    ⅲ.トピックス
  (3)飲料市場の今後の見通し
    ①飲料市場の課題と問題点
    ②飲料市場の見通し
    ③市場規模予測(2019~2023年度)
2.流通チャネル別のメーカー戦略
  (1)手売りチャネル
    ・主要メーカーの手売りチャネル戦略
  (2)自販機チャネル
    ・主要メーカーの自動販チャネル戦略
  (3)その他のチャネル
    ・主要メーカーのその他のチャネル戦略
  (4)チャネル別市場規模
3.飲料容器の動向
  (1)2018年飲料容器動向
    ◆清涼飲料の容器別生産量とシェア(2018年)
  (2)容器別飲料市場の動向
    ①PETボトル
    ・市場概況
    ・PETコーヒーの需要が拡大
    ・中国の廃プラ輸入規制で国内再資源化量拡大に待ったなし
    ・リサイクルの出口を拡大するB to B、F to Pの採用が拡大
    ②缶容器
    ・市場概況
    ・アルミ缶の市場動向
    ・ボトル缶の市場動向
    ・スチール缶の市場動向
    ③紙容器
    ・市場概況
    ・一部茶系飲料で需要が拡大、ドリンクヨーグルトはブームが沈静化へ
    ・紙容器メーカーは強い危機感を持ちながら「脱プラ」製ストローの実現を希求
    ④チルドカップ
    ・市場概況
    ・リッドレスにストローレス、チルドカップはどう変化?
  (3)メーカー別容器戦略の動向
    ・主要メーカー容器戦略・動向
4.注目すべき市場環境
  (1)健康・機能性訴求に関する飲料市場の動向(トクホ飲料、機能性表示食品)
    ・主要メーカーの健康・機能性に関する取り組み
  (2)炭酸水の動向
    ①市場概況
    ②チャネル別動向
    ③今後の課題と展望
  (3)自販機チャネルを取り巻く市場環境
    ①飲料自販機の市場動向
    ②ネットワーク対応自販機の動向
    ③自販機専用商品の開発とフェイシングの進化
    ④インバウンド需要獲得に向けた取り組み
    ⑤自販機コンビニの動向
    ⑥自販機の新たな可能性
    ⑦その他のトピックス
  (4)通販チャネルの動向
    ・主要メーカーの通販チャネルに関する取り組み
  (5)宅配水市場の動向
    ①宅配水の市場概況
    ②宅配水の市場規模推移(2011~2018年度見込み)
    ③宅配水のメーカーシェア(2016年度/2017年度)
    ④宅配水市場の見通し

第Ⅱ章 飲料カテゴリー別市場動向

1.炭酸飲料
  (1)コーラ飲料
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②コーラ飲料市場のメーカーシェア
  (2)その他炭酸飲料
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②その他炭酸飲料市場のメーカーシェア
2.果汁・野菜飲料
  (1)天然果汁(100%果汁)飲料
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②天然果汁(100%果汁)飲料市場のメーカーシェア
  (2)果汁入り(果汁100%未満)飲料
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②果汁入り(果汁100%未満)飲料市場のメーカーシェア
  (3)野菜飲料
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②野菜飲料市場のメーカーシェア
3.コーヒー飲料
  (1)コーヒー飲料
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②コーヒー飲料市場のメーカーシェア
4.茶系飲料
  (1)紅茶飲料
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②紅茶飲料市場のメーカーシェア
  (2)日本茶飲料
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②日本茶飲料市場のメーカーシェア
  (3)ウーロン茶
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②ウーロン茶市場のメーカーシェア
5.ミネラルウォーター
  (1)ミネラルウォーター
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②ミネラルウォーター市場のメーカーシェア
6.健康系飲料
  (1)スポーツ・機能性飲料
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②スポーツ・機能性飲料市場のメーカーシェア
  (2)栄養飲料
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②栄養飲料市場のメーカーシェア
7.乳系飲料
  (1)飲用牛乳類
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②飲用牛乳類市場のメーカーシェア
  (2)色物乳飲料
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②色物乳飲料市場のメーカーシェア
  (3)乳酸菌飲料
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②乳酸菌飲料市場のメーカーシェア
  (4)ドリンクヨーグルト
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②ドリンクヨーグルト市場のメーカーシェア
  (5)豆乳
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②豆乳市場のメーカーシェア
8.嗜好飲料
  (1)レギュラーコーヒー
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②レギュラーコーヒー市場のメーカーシェア
  (2)インスタントコーヒー
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②インスタントコーヒー市場のメーカーシェア
  (3)手入れ紅茶
    ①市場概況
    ≪参入企業動向≫
    ②手入れ紅茶市場のメーカーシェア

第Ⅲ章 消費者動向分析

1.特定保健用食品、機能性表示食品に関する消費者の使用実態
  ・調査概要
    (1)身体状態で気にしている点や改善したい症状について
    (2)健康維持・増進や美容のために行っていること、心がけていること
    (3)特定保健用食品の摂取状況
    (4)摂取経験のある特定保健用食品の種類
    (5)特定保健用食品を摂取する健康目的
    (6)特定保健用食品制度の認知している点
    (7)『機能性表示食品』の認知状況
    (8)『機能性表示食品』制度について認知している点
    (9)『機能性表示食品』を摂取する際に期待される機能のうち、関心のあるもの
    (10)『機能性表示食品』の摂取意向
    (11)『機能性表示食品』を摂取したいと考える理由
    (12)『機能性表示食品』を摂取したいと考えない理由

第Ⅳ章 有力飲料メーカーの動向

【企業研究編】
アサヒ飲料(株)
味の素AGF(株)
(株)伊藤園
江崎グリコ(株)
(株)えひめ飲料
大塚食品(株)
大塚製薬(株)
オハヨー乳業(株)
カゴメ(株)
キーコーヒー(株)
協同乳業(株)
キリンビバレッジ(株)
コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス(株)
サントリーフーズ(株)
ダイドードリンコ(株)
タカナシ乳業(株)
日本ルナ(株)
ネスレ日本(株)
ハウス食品グループ本社(株)(ハウスウェルネスフーズ(株))
北海道コカ・コーラボトリング(株)
ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)
三井農林(株)
(株)明治
森永乳業(株)
(株)ヤクルト本社
UCC上島珈琲(株)
雪印メグミルク(株)
ユニリ-バ・ジャパン・カスタマーマ-ケティング(株)

ページTOP ↑

Copyright© 1995- Yano Research Institute Ltd.All rights reserved.